湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

40代でインプラントをするのは早過ぎる?

40代のインプラントが早すぎるということはありません


40代という年齢は、インプラントの施術を受けるのに早すぎるということはありません。

顎の骨がきちんと発達していれば、インプラントはどなたでも施術が可能になります。
現代では若い人の間でも歯周病が増えていると言われており、40代を迎える前にインプラントにする方もいらっしゃいます。
40代という年齢にこだわらずに、自分の歯について不安を抱えているのであれば、インプラントを検討してみましょう。

インプラントにすると普段の生活が変わります

インプラントと聞くと敷居が高いイメージを持たれるかもしれませんが、インプラントにすることで毎日の生活が大きく変わります。

自分の歯に自信が持てなかったり、不安を抱えていたりしても、すべての人がインプラントの施術を受けようと決意できるわけではありません。

しかし思い切ってインプラントにすることにより、数多くのメリットを得られます。

シワやたるみが改善される

40代になると顔のシワやたるみが気になってきますが、インプラントでシワやたるみの改善が期待できます。

インプラントにすると食べ物を良く噛めるようになるため、顔の筋肉が発達してシワやたるみといった年齢的な症状が解消されることがあります。

免疫力が上がる

40代は更年期障害との向き合い方を考え始める年齢でもあります。
更年期障害になると、唾液の分泌が減少してしまうことがあり、口の渇きから口内に雑菌が繁殖しやすくなります。

インプラントにすると歯の噛み合わせが改善されるため、咀嚼がしやすくなって唾液の分泌が増えます。
唾液の分泌が増えると、虫歯・歯周病・消化不良などの予防となり、結果として免疫力の向上につながります。

体力がつく

40代になると体力の衰えを感じることがありますが、インプラントで体力が向上する可能性があります。
インプラントにすると歯の噛み合わせが良くなることから、体力がつきやすくなると言われています。

40代で歯を失いやすくなる原因があります


40代になって歯を失ってしまうケースは、珍しくないと言われています。

毎日歯磨きを欠かさず、自分では手入れをしているつもりでも、気づかないうちに重篤な症状を招きます。
たとえば虫歯予防や歯のホワイトニングには関心が高くても、歯周病ケアへの意識が薄い場合があります。

40代は健康への意識が高まる年齢ですが、歯周病についても気をつけていきたいところです。
厚生労働省の調査では、歯を失う原因の第1位は、歯周病となっています。
また40代になると、2人に1人が歯を失っているという調査結果も公表されています。

とくに女性の場合は40代から女性ホルモンが減少し始め、ドライマウスとなって虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
女性ホルモンのエストロゲンには歯周病の炎症を抑える働きがあるため、さらに歯周病のリスクが高まると考えられます。

40代になると、約4割の人に4mm以上の歯周ポケットが出現すると言われています。
歯周病の症状がある場合は、できる限り早めに医師に相談しましょう。

高齢になるとインプラントを受けられない可能性が高くなります

40代は歯周病のリスクが高まる年齢でもあるため、40代からのインプラントは決して早すぎるとは言えません。

むしろ高齢になってからの方が、インプラントの施術を受けられなくなる可能性があります。
高齢になってからインプラントが受けられなくなる理由は、ほとんどが健康上の理由によるものです。

インプラントは基本的に、顎の骨が成長して健康に問題がなければ、施術を受けることができます。
しかし高齢者の場合は既往歴や現病歴によっては、インプラントの施術が受けられないと診断されることがあります。

重度の骨粗しょう症・糖尿病・心疾患・血小板減少症などは、インプラントが難しいと考えられています。
40代だからといって躊躇せずに、必要があれば医師にインプラントの相談をしましょう。

(まとめ)40代でインプラントをするのは早すぎる?

1.40代のインプラントが早すぎるということはありません

40代でのインプラントは年齢的に早すぎるということはありません。

若い人の歯周病が増えている影響もあり、40代を迎える前にインプラントの施術を受けるケースもあります。
顎の骨が発達していれば、インプラントにすることは可能です。

2.インプラントにすると普段の生活が変わります

インプラントは敷居が高いイメージを持たれることがありますが、インプラントによって普段の生活を大きく変えられます。

歯の噛み合わせが良くなるため、シワやたるみが改善されたり、免疫力が上がったりすることがあります。
体力の向上も期待できます。

3.40代で歯を失いやすくなる原因があります

歯を失う原因でもっとも多いのが歯周病ですが、40代になると2人に1人が歯を失っているという調査結果があります。

とくに女性は40代になると女性ホルモンの減少が影響して、歯周病になりやすいと考えられています。

4.高齢になるとインプラントを受けられない可能性が高くなります

40代は歯周病のリスクが高まる年齢であるため、40代からのインプラントは決して早すぎるとは言えません。

高齢になると健康上の理由から、インプラントの施術を受けられなくなる可能性もあるため、早めに医師に相談しましょう。

253
Return Top