インプラントの周りには炎症が起きやすい?

インプラントを入れた後に特別炎症が起きやすくなるということはないといえます


インプラントの周りの歯茎に炎症ができている症状をインプラント周囲炎といいます。

インプラント周囲炎が進行するとひどい場合にはインプラントが抜ける可能性もあります。
インプラント周囲炎は、歯茎とインプラントの間にできる歯周ポケットに細菌が溜まって増殖することにより炎症が生じる病気です。
ただインプラントに限らず天然歯の場合にも、歯周ポケットに細菌が増殖して歯周病になることがあり、ひどくなると歯が抜ける場合があります。

インプラント周囲炎が進行すると歯槽骨まで破壊されることがあります

インプラント周囲炎は歯磨きが不十分で磨き残しがあった時などに、口の中に細菌が残ることで生じる病気です。

歯周ポケットや歯の隙間などには細菌が溜まりやすく、溜まった細菌は歯垢となり、さらに口内に長く残っていると唾液の影響で固い歯石に変化します。
歯垢や歯石にはたくさんの細菌が集まっているので、口内に歯垢や歯石が溜まったまま気がつかないでいると、 細菌により歯茎の腫れ・出血・歯茎の下がりなどの症状が見られるようになります。

さらに進行した場合には歯茎が下がり、露出した歯槽骨が溶かされていくことでインプラントを支える力が弱くなってインプラントの動揺が始まる場合もあります。
かなり進行が進んだ場合、インプラントを撤去する必要性が出てくるため注意が必要です。

インプラント歯周炎は痛みがなく自覚症状が少ないので自分ではなかなか気づくことができないといえます。
またインプラントを入れていない人の場合でも、成人男性の8割が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病も痛みなどの自覚症状がほとんどありません。
歯茎の下がりや歯の揺れなど、歯周病の症状に気づいた時には進行が進んでいて、歯を抜かなければならない場合もあります。
インプラントを入れている時に限らず、口内のケアは十分に行う必要があります。

インプラント周囲炎の有無は検査をして調べます


インプラントは毎回外して洗浄する必要などがなく、両隣の歯に引っかけて使用する入れ歯やブリッジのように周りの歯に負担をかけることがありません。
そのため周りの歯の寿命を長く持たせることができるといえます。

このように非常に便利なインプラントではありますが、インプラント周囲炎にかかって進行が進むとインプラントを摘出しなければならない場合もあります。
インプラント周囲炎は、かかっていても自覚症状が少なく、周囲炎になかなか気づくことができずにいるとどんどん進行を進めてしまう可能性があるため注意が必要です。

インプラントの周囲が炎症を起こしているかどうか確認するためには病院で検査を受ける必要があります。
インプラント周囲炎になると細菌によって歯茎が溶かされ歯周ポケットがどんどん深くなっていきます。

検査では歯周ポケットの深さや歯茎からの出血を調べます 。
見た目では異常がないように見えていても、歯茎からの出血があるなどの症状がある時にはインプラント周囲炎にかかっている可能性があります。
インプラント周囲に違和感を覚えた時には早めに医師の診察を受けましょう。

インプラント周囲炎の予防には定期健診と毎日の正しいケアが必要です

インプラント周囲炎にかかった場合、放っておいて自然に治るということはありません。

インプラント周囲炎ではプラークや歯石の除去と、炎症を起こしている部位の消毒や洗浄を行います。
インプラントの周りの歯茎が炎症を起こしている段階では歯周ポケットの洗浄を行い、歯科衛生士や医師によるPMTCで歯と歯の隙間の隅々まできれいに口内をクリーニングします。

毎日自分で行う歯磨きなどの口腔ケアも重要なため、口腔衛生指導も行われます。
進行が進んでいる場合には抗生物質の注入やうがい薬の使用で、口内を清潔に保ち細菌を減少させることでインプラント周囲炎の改善が期待できます。

インプラント周囲炎が進行すると、周囲の歯茎や骨が下がりインプラントの歯根部分が露出している場合もあります。
ところがインプラントが目で見えるほどに進行が進んでいても、痛みがなく歯茎の腫れが出にくいなどの理由からインプラント周囲炎に気づかない人もいます。

歯周病よりも進行が早いため、かかっていることに気がつかないとあっという間に進行が進むともいわれます。
予防のために医師に言われた通り定期検診を受けて、自分でも丁寧に歯を磨く習慣を身につけるとよいでしょう。

(まとめ)インプラントの周りには炎症が起きやすい?

1.インプラントを入れた後に特別炎症が起きやすくなるということはないといえます

インプラントの周囲の歯茎に炎症ができる症状をインプラント周囲炎といいます。

インプラント周囲炎はインプラントの周りの歯周ポケットに細菌が増殖したときに生じます。
インプラントではなくても歯周ポケットに細菌が増殖すると歯周病になる場合があります。

2.インプラント周囲炎が進行すると歯槽骨まで破壊されることがあります

インプラント歯周炎は痛みがなく自覚症状が少ないため、気づくことが遅れると、インプラントの撤去が必要になるときがあります。

インプラントがなくても同じように自覚症状がほとんどない歯周病にかかると、歯を抜かなければならない場合もあります。

3.インプラント周囲炎の有無は検査をして調べます

インプラント周囲炎はかかっていても自覚症状が少ないため、気づくことが遅れて進行が進む可能性があります。

見た目では異常がないように見えても、歯周ポケットなどに歯垢や歯石が溜まっていることがあるので違和感を覚えた時には早めに医師の診察を受けましょう。

4.インプラント周囲炎の予防には定期健診と毎日の正しいケアが必要です

インプラント周囲炎は進行が進むとインプラントの撤去が必要になりますが、痛みなどがないため気づくことが遅れやすいので注意が必要です。

定期検診をきちんと受けて丁寧に歯を磨く習慣を身につけるといいでしょう。

548
Return Top