湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントとマウスピース、歯並びを良くするなら?

インプラントとマウスピースは特徴が異なるため、自身に合った施術を選びましょう


歯並びを良くする方法にはさまざまな施術方法がありますが、インプラントとマウスピースによる施術はやり方から用いられる器具・施術期間なども異なります。

インプラントかマウスピースによる施術か悩んだら、まずはそれぞれの特徴を知った上で、どちらが自身にとって合っている方法なのかを選択するようにしましょう。
またこの時自分1人だけで悩まず、専門医に相談することでより自分に合った方法を見つけることができます。

インプラントは人工の歯を入れて歯並びを良く見せる方法です

インプラントは、歯が欠けたりなくなったりしてしまったことで歯並びが悪く見えてしまう場合、人工の歯根を埋めてその上から人工歯を被せることで、本物の歯のような見た目にすることができる施術を言います。

差し歯とは異なり顎の骨に埋め込んでいるため、天然の歯とほとんど変わらない機能性や見た目を取り戻すことができます。
また差し歯の場合は歯の土台が残っていないと利用することも難しかったのですが、人工の歯根があるので歯の土台がなくても施術は可能です。

歯並びが悪くなってしまう原因の1つに、歯が失われたことで噛み合わせが変化してくることが挙げられます。
歯並びに空白ができてしまうと、その部分を補おうとして正常な歯が空白を埋めようと寄っていきます。

それにより正常だった部分もずれてきてしまうのです。
インプラントはこうした歯並びの悪さも改善し、噛み合わせを良くしていきます。

またインプラントはマウスピースよりも不自然に見えにくいという特徴を持っています。
いくらマウスピースが透明だとしても、食事をする時は取り外さなくてはなりませんし、会話している時にマウスピースを装着していることがバレてしまうかもしれません。

しかしインプラントであれば本来の歯のように使うことができるため、マウスピースよりも不自然に見られにくいのです。

マウスピースはワイヤーに比べて目立ちにくい矯正方法の1つです


マウスピースによる施術方法では、1日20時間程度のマウスピース装着を続けていくことで歯並びを良くしていく方法になります。

これまで歯並びの矯正というとワイヤー矯正がほとんどでしたが、ワイヤー矯正は歯の表面に器具が見えてしまうため、矯正していることが他人にもわかりやすいものでした。
しかしマウスピース矯正は基本的に透明なマウスピースを使っているため、ワイヤー矯正に比べると目立ちにくい施術方法と言えます。

またマウスピースの場合、ワイヤーではできなかった取り外しが可能であり、たとえば食事をする時は邪魔になってしまうので取り外すことができるというメリットがあります。

マウスピース矯正の注意点としては、色の付いた飲み物を飲んでしまうと色がマウスピースに付着する可能性が高いため、取り外してから飲むようにしましょう。

また1日20時間以上の装着や食事中に取り外すことのほかにも、マウスピースの形に影響してしまうため、虫歯への施術で被せ物・詰め物をしたりすると歯の形が変わってしまい、また1からマウスピース矯正を行っていかなくてはならなくなります。
マウスピース矯正を続ける上で、毎日の歯磨きケアはかなり重要といえます。

歯並びを良くする方法で迷ったら、専門医に相談しましょう

インプラントは常に口腔内にマウスピースをはめ込んでいることに不快感を示してしまう方や、自然できれいな白い歯を作りたい、失った歯を取り戻したいという方におすすめしたい施術です。

またマウスピースはワイヤーよりも目立ちにくく、痛みも少ない矯正方法を取り入れたいという方におすすめです。
ただ特徴を把握した上でも迷ってしまう方は多いでしょう。

インプラントとマウスピースのどちらが自分に合っているか悩んでいる方は、専門医に相談してみましょう。
歯科の専門医であれば口腔環境や歯並びなどを考慮し、自身の歯並びを良くするために最適な方法を提案してくれます。

また場合によっては無料カウンセリングを実施しているクリニックもあります。
無料カウンセリングであれば、まだ本当に施術をしようかどうかも迷っている方でも気軽に相談することもできるでしょう。

無料カウンセリングでどうすればいいか相談すれば、予算などを踏まえた上で最適な施術方法が見つかる可能性もあります。
まずは無料カウンセリングを実施している専門医に相談するようにしましょう。

(まとめ)インプラントとマウスピース、歯並びを良くするなら?

1.インプラントとマウスピースは特徴が異なるため、自身に合った施術を選びましょう

インプラントとマウスピース施術はどちらも歯並びを良くすることができますが、それぞれの施術方法は特徴やメリット・デメリットなども異なります。

それぞれの特徴を踏まえ、医師と相談するなどした上で、どちらが自分に合っているか選びましょう。

2.インプラントは人工の歯を入れて歯並びを良く見せる方法です

インプラントは本物の歯のような見た目にすることができる施術で、歯を失ってしまった方やきれいな歯並びにしたい方にもおすすめの施術方法です。

マウスピースとは異なり、周りの人から不自然に見られにくく、施術していることがバレにくいことが特徴的です。

3.マウスピースはワイヤーに比べて目立ちにくい矯正方法の1つです

マウスピースは従来のワイヤー矯正に比べると見た目が目立ちにくい矯正方法になります。

1日20時間以上の装着や食事をする際にはマウスピースを取り外さなくてはならない、虫歯に気を付けるなどの制約は多く見られます。

4.歯並びを良くする方法で迷ったら、専門医に相談しましょう

インプラントとマウスピースによる歯並びを良くする方法は大きく特徴が異なるため、どちらが自分に合っているか迷ってしまうでしょう。

そんな時は専門医に、さらに無料カウンセリングを実施しているクリニックに相談するとよいでしょう。

207
Return Top