湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

妊娠中でもインプラント施術はできるの?

妊娠中のインプラント施術は行わないようにしましょう


妊娠中の歯科施術は基本的に妊娠16~28週までの間は行っても問題なく、麻酔やレントゲンなどをしても赤ちゃんにはほとんど影響が見られません。

そのため妊娠中虫歯に対する施術は可能です。
ただインプラントとなると顎の骨に人工の歯根を埋め込むことになるため、出血を伴う外科施術となります。

外科施術では複数回のレントゲン撮影や、麻酔や抗生物質の投与なども行われるため、母胎になんらかの影響を及ぼしてしまう可能性も考えられます。
ですから妊娠中のインプラント施術は行わないようにしましょう。

妊娠中のインプラント施術はさまざまなリスクや影響を及ぼす可能性があります

インプラント施術は歯並びを良く見せられるだけではなく、抜けてしまった歯の代わりに人工の歯根が入ることによって、歯並びが崩れることを予防できます。

さらに噛み合わせなどの機能性も取り戻せることから、多くの方も利用されている施術方法の1つです。
そんなインプラントですが、妊娠中の方でも行いたいと検討されている方はいらっしゃることでしょう。

しかし妊娠中の場合インプラント施術はさまざまなリスクや母胎に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があることから、行わないようにしましょう。

インプラント施術を行わない方がよい具体的な理由としては、まずインプラントは外科施術でもあるため大量の出血を伴ってしまうことが挙げられます。
大量に出血してしまうと体には大きなストレスがかかり、妊娠後期にこのような状況になると早産につながってしまう可能性もあります。

また施術のために麻酔を使ったり、抗生剤を投与したりするため、胎児への影響が懸念されてしまいます。
インプラント施術ではどうしても母体や胎児に大きな負担をかけてしまうことになってしまうので、妊娠中のインプラント施術は避けるべきなのです。

インプラント施術期間中に妊娠したら早めに医師へ連絡しましょう


妊娠中にインプラント施術を回避することは可能ですが、もしインプラントの施術期間中に妊娠が発覚してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?
インプラントの施術は骨とインプラントがしっかりと結合するまでに、3ヶ月~半年近くかかると言われています。

妊娠は予測不能な部分も多く、もしかしたら結合するまでの間に妊娠が発覚する可能性も十分に考えられるでしょう。
インプラントの施術期間中に妊娠が発覚した場合は、速やかに歯科医師や産婦人科医に相談するようにしましょう。

基本的にはインプラント施術を中断し、産後まで待つことが多いのですが、たとえば歯が抜けてしまっている状態だと見た目はもちろんですが噛み合わせも悪くなってしまうため、仮歯などで補う必要があります。

また妊娠中は歯周病などを引き起こしやすい時期でもあるため、産後に施術を再開させたい場合は定期的なクリーニングを行うためにクリニックへ通うこともあるかもしれません。
こうした施術方針はその人の状態や医師の判断によっても異なるため、妊娠が発覚したらなるべく早く医師に相談し、今後の施術方針をどうするか決定してもらいましょう。

インプラント施術を受ける時は、あらかじめ妊娠時期についても考えてみましょう

インプラント施術期間中に妊娠が発覚してしまうと、どうしても施術を一旦中断しなくてはならないケースもあります。

またムリに続行することも母胎への影響を考えると行わない方がよいです。
そのためインプラント施術を受けようと検討されている方は、同時に妊娠する可能性があるかどうか、妊娠時期も考えて施術を検討してみるとよいでしょう。

先ほども挙げたように、インプラント施術は3ヶ月~半年程度の施術期間となりやすく、人によってはさらに期間が延びることも考えられます。
あくまでも目安であり、実際にインプラント施術が完了する時期は人によって異なるのです。

ですから長期間に施術が及ぶ可能性も考えて、妊娠時期との兼ね合いをあらかじめ付けておく必要があります。
インプラント施術期間中に妊娠が発覚すると、これまで受けていたレントゲン撮影や、投与された薬などが子供に影響していないか不安を抱えてしまう方も多いでしょう。

こういった不安がストレスになり、母胎になんらかの影響を及ぼしてしまう可能性も考えられるため、後悔しないようにインプラントと妊娠期間についてあらかじめ考えておくようにしましょう。

(まとめ)妊娠中でもインプラント施術はできるの?

1.妊娠中のインプラント施術は行わないようにしましょう

妊娠中のインプラント施術は多量の出血を伴う可能性があることや、レントゲン撮影、麻酔・抗生物質の投与が行われます。

そのため母胎になんらかの影響を及ぼす可能性も考えられることから、なるべく行わないようにしましょう。

2.妊娠中のインプラント施術はさまざまなリスクや影響を及ぼす可能性があります

インプラントは外科施術によって大量の出血を伴う可能性があったり、麻酔や抗生物質の投与が行われたりと、母子ともに悪影響を受けてしまう恐れがあります。

母胎へのストレスにつなげないためにも、インプラント施術は行わない方がよいのです。

3.インプラント施術期間中に妊娠したら早めに医師へ連絡しましょう

インプラントの施術期間中に妊娠が発覚したら、早めに医師へ連絡するようにしましょう。

施術方針は人によって異なりますが、仮歯を入れたり定期的なクリーニングを行ったりすることもあります。

4.インプラント施術を受ける時は、あらかじめ妊娠時期についても考えてみましょう

インプラント施術期間中に妊娠が発覚してしまうと施術を中断しなくてはなりません。

またこれまでのレントゲンや投薬が胎児に影響してしまうのではないかと不安になる方もいます。
そのためあらかじめ妊娠時期についても考えておくべきと言えるでしょう。

76
Return Top