湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントで歯茎の痛みは残る?

インプラントによる歯茎の痛みが残ることはありません


インプラント後は切開や縫合により歯茎が痛みますが、永遠に残るものではありません。

施術中は麻酔を使用するので痛みに耐える心配はありませんが、麻酔が切れると歯茎に痛みが走るでしょう。
ただ美容歯科では鎮静剤を処方するので、麻酔が切れる前に飲めば痛みを軽減できます。
痛みに弱い人は我慢せずに、鎮静剤に頼ってください。

早くて翌日、遅くても1週間程度で痛みが和らぎます

インプラントによる歯茎の痛みは長期的に続くものではなく、早ければ翌日、遅くても1週間以内に痛みが引くことがほとんどです。

インプラントの痛みは抜歯した時の痛みと同じレベルとされており、治療範囲が広い、もしくはインプラント数が多いと切開する部分も増えるので、痛みは強くなります。
しかし数日で痛みが和らぐので鎮静剤をうまく活用し、痛みの負担を軽くして和らぐまで待ちましょう。

また施術後は患部が腫れたり、内出血により肌の一部が紫色になったりすることがあります。
これはインプラントの副作用のようなものですが、こちらも痛みと同じく数日後に症状が引くので安心してください。

インプラント後の痛みに対しては患部を冷やすと痛みを軽減できます。
しかし冷やしすぎると血行が悪くなってしまうので、痛みや腫れが長引く原因になるでしょう。
患部を冷やす時は水で濡らしたタオルで冷やしてください。
冷やし過ぎを避けるために冷やすのは施術を受けた当日だけにしましょう。

ほかにも美容歯科では痛みや腫れに関する対処法を提案してもらえます。
間違った対処法は痛みや炎症を悪化させるので、施術後のリスクや対応は事前にカウンセリングの時に確認しておきましょう。

顎骨が薄いことや、飲酒・お風呂などで痛みが生じやすいです


インプラントの本数だけではなく、顎の状態や施術後の行動によっても痛みの生じやすさは異なります。

では痛みが出やすいケースをご紹介しましょう。

顎骨が薄い

顎骨が薄い場合、インプラントが難しいと判断されることが多いです。
その状態で行うことはできないので、骨の再生や造成が必要となります。
再生や造成を行うと顎や歯茎の負担が大きくなるため、施術後の痛みも強くなる傾向にあるのです。

血行が良くなる行動

施術後に、飲酒・激しい運動・熱いお風呂に入るといった行動をとると、痛みが発生しやすくなります。

これらの行動は血管を拡張し、血流を良くする作用があり、その結果痛みや出血を増加させるリスクがあるので注意しましょう。
当日は辛い食べ物や血流を良くする食事は避けた方が無難です。

血行を悪くさせる行動

血行が良すぎるのも良くありませんが、悪くてもいいわけではありません。
たとえばタバコは血管を収縮する作用があるので、血液の流れが悪くなります。
それにより傷口の治癒が遅くなるので、痛みが長引く恐れがあるでしょう。

抜糸や人工歯の取りつけなどでも痛むことがあります

二回法の場合は抜糸の時、人工歯をつける時などに痛みが出ることもあるでしょう。

抜糸後の痛み

抜糸はインプラント部を埋入して1週間から2週間後に行いますが、抜く際にチクチクした不快な痛みを感じます。
痛みに弱い場合は表面麻酔も対応も可能なので、相談してみましょう。

抜糸を行う時点で歯茎の痛みは引いているはずですが、この段階でも痛みが伴う場合は次の原因が考えられます。

  • 患部の細菌感染
  • インプラント周囲の炎症
  • インプラントの埋入の時に神経損傷

麻酔を使うとしばらく痛みがわからないので、抜糸後もなかなか痛みが引かない場合は、専門医へすぐに相談して対処してもらいましょう。

人工歯の装着後の痛み

人工歯はインプラント部を埋めた後につけるので、埋入に問題がなくても、人工歯を装着した時に歯茎が痛む可能性があります。
これは人工歯の形やサイズが合っていない場合があるので、再度つくり直しが必要です。
保証が適応されるか専門医に確認しておきましょう。

施術してだいぶ経ってから出てきた痛み

施術から数ヶ月から数年経って痛みが出た場合、インプラント周囲炎の可能性が高いです。
インプラント周囲辺は初期症状が少なく、歯茎に腫れや痛みが現れた段階ではかなり進行していて、顎骨が溶けている可能性があります。

顎骨が溶けるとインプラントを支えられなくなり、ぐらついたり抜けたりしてしまうでしょう。
状態によってはインプラントのやり直しが可能ですが、骨の再生が必要になるかもしれません。

インプラント周囲炎は細菌が原因なので、毎日のケア・定期健診・メンテナンスは怠らないように注意してください。
インプラントは痛みを伴いやすいので、技術力に優れ、カウンセリングも手厚い専門医に相談し、リスクや対処法を知った上で受けるようにしましょう。

(まとめ)インプラントで歯茎の痛みは残る?

1.インプラントによる歯茎の痛みが残ることはありません

施術中は麻酔を使うので痛みはありませんが、施術後に麻酔が切れると歯茎に痛みを感じてしまいます。

処方される鎮静剤を服用すれば痛みを少なくできるので、麻酔が切れる前や痛みに耐えられない時は使って対処しましょう。

2.早くて翌日、遅くても1週間程度で痛みが和らぎます

インプラントの数が多いほど痛みが強くなる傾向がありますが、1週間程度で痛みや腫れは引きます。

痛みが強い時は鎮静や患部を冷やすといった対策がありますが、間違った対策は傷口に影響するので、専門医の説明はしっかり聞きましょう。

3.顎骨が薄いことや、飲酒・お風呂などでも痛みが生じやすいです

顎骨が薄く骨の再生施術を受ける場合、通常よりも痛みが強くなる傾向があります。

また飲酒やお風呂など血流が良くなりすぎると痛みが増し、逆にタバコなどの影響で血流が悪くなると傷口の治りが遅いというリスクがあるので、行動にも気を付けてください。

4.抜糸や人工歯の取りつけなどでも痛むことがあります

インプラントでは埋入だけではなく、抜糸後や人工歯の装着後、インプラント周囲炎によって歯茎が痛むことがあります。

痛みが続く場合はすぐに専門医に相談し、またインプラントのリスクや対処法を事前に確認することも大切です。

220
Return Top