湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

30代で抜けた歯にインプラントはできる?

インプラントは年齢制限がないので、30代でもおすすめです


インプラントを行う上でとくに年齢制限はないので、30代で抜けた歯に悩んでいる方も安心してインプラントを受けることができます。

ただ極端に若い、または高齢の方は顎骨の成長や体力的に施術を断るケースもあります。
しかし30代は顎の成長も終わり、体力にも問題なのでインプラントを受けられる人がほとんどでしょう。

インプラントはできるだけ早い年代がおすすめです

インプラントをするなら、できるだけ30代のうちに行っておくとよいでしょう。

インプラントは一般的に20代から70代が適正年齢とされており、基本的には年齢制限がないものの、20代以下や80歳以上は控えた方がいいとされています。

インプラントは顎骨の成長に対応できない欠点があります。
また顎骨が成長中の段階でインプラントを行ってしまうと、顎骨の成長に悪影響を及ぼすリスクもあるでしょう。

成長が終わる年齢は個人差があるので医師との相談や診断が大切ですが、一般的に20歳以降から行えるケースがほとんどです。

そして80歳をめどにインプラントは避けた方がよいとされています。
その理由は高齢者の場合、若い人に比べて体の負担が大きいため、大掛かりの施術になるインプラントは控えた方がよいと考えられているからです。

これは目安なので口腔や体の状態に応じて施術を行えるかどうか判断されますが、年齢が上がることで受けられないリスクが高くなるので、30代あたりが適正年齢であると言えます。

インプラントはブリッジや入れ歯に比べて自然な見た目で、噛む力も天然の歯とほとんど違いはありません。
抜けている歯を放置すれば骨の吸収がはじまり、顎骨が弱くなるデメリットもあるので、インプラントに特化した美容歯科に相談してみましょう。

30代でも歯を失うリスクがあります


30代は年齢的に若い世代ですが、若くても歯を失うリスクは十分にあります。

歯の脱落は高齢者と思われがちですが、30代でも主に3つの原因で歯をなくしてしまう恐れがあるのです。

それでは若くして歯を失ってしまう原因をご紹介しましょう。

歯周病

歯周病は歯の周辺組織に細菌が感染して起きる病気です。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の隙間に歯石が入り込むことで、歯肉に炎症が起きます。

その炎症が悪化して骨にまで到達すると、骨を溶かしてしまうので歯を支えることができなくなり、健康的な歯でも抜けてしまうのです。
歯周病になる確率は年々上がり高齢者に多い病気ですが、30代でも8割あたりは歯周病があると言われています。

虫歯

虫歯は進行すると歯がボロボロに欠けていきます。

さらに放置し続ければ虫歯菌はやがて歯肉に侵入し、骨に感染していくでしょう。
顎骨に感染すれば次は歯を支えている骨も溶かしていくので、歯が抜ける原因になります。
そもそもそこまで悪化するまで痛みに耐えることは難しく、歯がボロボロの時点で抜歯が必要になるので虫歯は早期の改善が求められます。

外傷

交通事故での衝突など歯に強い衝撃が当たることで、歯が欠けたり抜けたりすることがあるでしょう。
日常生活ではさまざまな危険と隣り合わせなので、歯周病や虫歯でなくても歯を失う可能性があります。

若くてもインプラントが受けられないことがあります

適正年齢の30代であっても、口腔環境や健康状態によっては施術が受けることが難しいです。

具体的に受けられないケースをご紹介しましょう。

全身疾患がある

インプラントは出血を伴う施術であるため、高血圧・糖尿病・骨粗鬆症・脳梗塞・心臓疾患などの持病を抱えている場合は、施術が困難と判断される恐れがあります。

とくに心臓や血管の疾患がある場合、出血が止まりにくくなる可能性があるので危険を伴うでしょう。
良好な状態であれば施術が受けられる場合もあるので、医師の診断にしたがってください。

噛み合わせが良くない

噛み合わせが悪い歯にインプラントを行うと、インプラントの寿命を少なくする可能性があります。

不自然な力がインプラントにかかりダメージを受けることによって、ぐらつきはじめ、最悪の場合は抜け落ちてしまうでしょう。
この場合は噛み合わせを先に改善することをおすすめします。

タバコを吸っている

タバコを吸っている人は吸っていない人に比べてインプラントの成功率を下げる恐れがあります。
ニコチンは血流を悪くさせる作用があるので、その影響で歯周組織が弱り、インプラントと顎骨の結合が失敗する恐れがあるのです。

またインプラントは天然の歯に比べて感染症のリスクが高く、タバコを吸っていると免疫力が高いので細菌の感染リスクも上がってしまうでしょう。
血行不良の影響で歯周病にもなりやすくなるので、喫煙者はしばらく禁煙が望ましいです。

このようにインプラントはできないケースもあるため注意が必要です。
できるかどうかしっかり見分けてもらうためにも、実績が多い美容歯科を選ぶことをおすすめします。

(まとめ)30代で抜けた歯にインプラントはできる?

1.インプラントは年齢制限がないので、30代でもおすすめです

インプラントはとくに年齢制限がないものの、顎骨の成長や体力の関係から若すぎる人、高齢すぎる人はできない場合もあります。

30代は顎骨の成長が終わっており、体力不足という人も少ないので、問題なくインプラントを受けられるでしょう。

2.インプラントはできるだけ早い年代がおすすめです

20歳以下は骨の成長に悪影響を与えるリスクがあり、80歳以上の高齢は体の負担が大きくなりやすいのでインプラントが推奨されていません。

早過ぎず遅すぎない30代はインプラントが受けやすい年代なので、受けたい人は美容歯科に相談しましょう。

3.30代でも歯を失うリスクがあります

歯周病は悪化すると顎骨を溶かしてしまうため歯が抜けやすくなり、30代は約8割が歯周病と疑われているので注意が必要です。

他にも虫歯や強い衝撃を受けて歯が抜けることがあるでしょう。

4.若くてもインプラントが受けられないことがあります

出血を伴う施術なので心臓疾患など全身疾患がある場合は危険です。

また噛み合わせが悪い人やタバコを吸う人はインプラントの成功率を下げるので、できないと判断されることもあるでしょう。
実績豊富な医師に相談し、最終判断をしてもらってください。

346
Return Top