湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントはやり直しできる?

インプラントはやり直しをすることが可能です


インプラントの不具合や破損が見られる場合、ほとんどのケースで施術をやり直すことはできます。

天然の歯を削る施術は失敗すると削った歯が再生されることはありませんが、インプラントは患部やその周りの歯を削ることはありません。
そのためインプラントを取り出して再度埋入し、正常な状態に改善することが可能です。
ネジの緩み・破折・上部構造の割れや欠けであれば、調整やパーツの交換で対応することもできます。

インプラントでは骨の再生が可能です

インプラントがほとんどのケースで再施術できる理由は、骨の再生が可能だからです。
天然の歯は削ってしまうと元に戻すことはできませんが、インプラントを埋める顎骨は再生や移植することができます。

インプラントはすべての人に施術が行えるわけではありません。
顎骨にインプラント部を埋めて結合させる必要があるので、上手く結合させるためには一定の厚さを持つ丈夫な骨ではないとならないのです。

とくに一回法でインプラントを行う場合は、丈夫な骨が前提となっています。
しかし顎骨が薄い人でも顎骨の再生や移植により丈夫な骨にすることで、施術できる状態に整えられます。

インプラントがぐらつく抜けてしまうという不具合は、インプラント周囲炎などの影響で顎骨が痩せて抜けてしまうことが原因になっているので、やり直しの際は骨の再生が必要となるでしょう。

インプラントは成功率が90%と高く失敗するリスクは少ないとされていますが、顎骨の状況によってはやり直しが必要になります。
ただ美容歯科によって骨の再生が可能かどうかは異なるので、顎骨の再生に対応した美容歯科を選ぶと、やり直しが必要になったと時も安心でしょう。

インプラントの再施術が必要な原因はさまざまです


インプラントでやり直しが必要になる原因は人によってさまざまなケースがあります。

具体的にどのような状態となった時に再施術が必要になるのでしょうか。
いくつかご紹介しましょう。

細菌感染

インプラントの埋入する際、インプラントの周りで細菌やウイルスに感染することがあります。
また他の歯に歯周病菌がたくさん繁殖しており、それが原因で感染症になることもあるでしょう。

中でもインプラントが抜けてしまう原因として多いのはインプラント周囲炎です。
インプラントをしている周りの組織に炎症が生じるもので、歯周病と似た症状を引き起こします。
悪化すると骨に炎症が出るため、歯肉や骨が弱り、インプラントを支えきれず抜けてしまうことがあるのです。

噛み合わせが悪い

噛んだ時に違和感がある場合、噛み合わせにズレが生じている可能性があります。
この違和感を放置すると不自然な力や圧がかかりやすく、インプラントの破損につながる可能性があります。

上部構造が割れたり欠けたりする程度なら交換程度で済みますが、埋め込んでいるインプラント部が破損した場合は再施術が必要です。

歯ぎしりや食いしばり

強く歯ぎしりをしたり、食いしばったりする癖がある場合、インプラントや上部構造が破損する恐れがあります。
これもパーツによっては交換で対応できますが、土台の破損はやり直しが必要になるでしょう。

マウスピースをつけることでダメージを減らすことができるので、歯ぎしりや食いしばりの癖がある人は相談しましょう。

タバコによる影響

インプラントの寿命は10年とされていますが、喫煙をしていると寿命を縮めてしまう恐れがあります。
タバコに含まれるニコチンは血行不良を引き起こすため、タバコを吸わない人に比べてインプラントと骨の結合が悪い傾向にあります。
最悪の場合、インプラントが抜けてしまい、やり直しが必要になるので注意しましょう。

インプラントを長持ちさせるためにも、定期健診やメンテナンスで上記の原因を予防することも大切です。

インプラントは保証期間を設定していることが多いです

ほとんどの美容歯科でインプラントの保証期間が設けられています。

インプラントは外科的な施術や装置を使う大掛かりな施術であるため、施術後のトラブルを軽減させるために保証期間を設ける美容歯科が多いのです。
この保証制度には特別な規定はないため、美容歯科によって内容や保証期間は異なり、部分的に保証期間が異なることもあります。

だいたい3年・5年と設けていることが多いので、保証期間はしっかりチェックしておきましょう。
保証期間があるといえども、やはりトラブルを避けてインプラントを受けたい方がほとんどでしょう。

施術ミスは技術力不足が多いので、経験豊富な医師がいる美容歯科を選ぶと安心です。
また施術以外の問題でインプラントが外れてしまうことも少なくないので、施術後のフォローもしっかり整っている美容歯科なら、安心してやり直しをお願いできるでしょう。

(まとめ)インプラントはやり直しできる?

1.インプラントはやり直しをすることが可能です

インプラントは歯を削る施術ではないため、問題がある場合は施術をやり直すことが可能です。

不具合や破損したパーツによっては調整や交換程度でも、違和感を改善することができます。

2.インプラントでは骨の再生が可能です

削った歯は元に戻せませんが、インプラントを埋める顎骨は再生する方法があるので、再生することで再施術することが可能です。

成功率が高い施術ですが、万が一のことを考えて骨の再生に対応している美容歯科を選ぶと安心でしょう。

3.インプラントの再施術が必要な原因はさまざまです

インプラントのやり直しが必要なケースは主に、細菌感染・噛み合わせの悪さ・悪癖・タバコが原因の脱落です。

これらの原因による脱落や破損は定期健診やメンテナンスで回避できるので、怠らないようにしましょう。

4.インプラントは保証期間を設定していることが多いです

インプラントは大掛かりの施術となるので、トラブルのリスクを考えて保証期間が設けられているので、期間をしっかりチェックしておきましょう。

安心してインプラントを受けるためにも、信頼できる美容歯科を選ぶことが大切です。

440
Return Top