湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントで使われている材質は安全?

インプラントで使われる材質は、金属・セラミック・レジンです


インプラントの部品には金属・セラミック・レジンが使われています。

部品は人工歯根となるインプラント部、人工歯根を支えるアバットメント、人工歯となる上部構造で構成されています。
インプラント部やアバットメントには金属、人工歯ではセラミックを使用するのが一般的です。

人体に影響が出にくい安全性の高い材質を持つ素材を使うので、安心して施術を受けることができます。

インプラント部やアバットメントはチタンを使用しています

インプラント部やアバットメントに使われる金属はチタンです。

アクセサリーで使用されるチタンは丈夫な上に軽く、腐食性を持ちます。
比重は鉄の半分程度で、鋼に勝らない優れた強度を持つ金属です。

インプラントが長寿命なのは強度だけではなく、腐食性があるので錆びにくいことも関わっています。
インプラント部でチタンが使用される理由は、骨と結合する性質を持つからです。

昭和後期はサファイアインプラントが主流でしたが、顎骨との結合が難しく、長持ちしない欠点があります。
チタンが体液に浸すとリン酸化カルシウムという骨に含まれる成分ができるので、体は骨の一部として結合する性質を持つのです。
他の金属にはない性質なので、インプラント部に使用されています。

またチタンは他に金属よりも金属アレルギーのリスクが少ないメリットもあります。
金属が金属イオン化し、それが溶け出してたんぱく質と結合することで、異物と認識した免疫機能の攻撃によりアレルギー反応が起きてしまいます。

チタンは表面に酸化膜をつくるので、金属イオンが溶け出しにくい性質を持つのでアレルギー反応が起きにくく、安全性が高いとされているのです。

上部構造で使われるセラミックはさまざまな種類があります


人工歯となる上部構造はセラミックでつくられていますが、セラミックには色々な種類があります。

セラミックはプラスチックよりも上部で、天然の歯と似たしなやかさを持つため、噛み合う歯を傷つける心配もありません。
透明度があり色調も調整できることから審美性にも優れているので、インプラントの上部構造にも用いられています。

このセラミックの上部構造にも種類があるので、特徴をご紹介しましょう。

ハイブリッドセラミック

セラミックと樹脂を使った白い材質で、樹脂単体に比べて変色のリスクはほとんどありません。

天然の歯と比べて少し柔らかいため摩擦によりすり減りや欠け、割れが起きる可能性がありますが、上部構造をネジで固定する方法の場合、破折や修理しやすい特徴を持ちます。
また長期的な使用でツヤが劣化してしまう可能性があることを理解しましょう。

メタルボンド

歯型の金属フレームにセラミックをつけた上部構造です。

金属を使用するので他の上部構造よりも強度に優れており、セラミックのコーティングにより変色も起こりにくくなっています。
ただし内部が金属なのでセラミックの特長である透明感とツヤのある色調にすることは難しいです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドとも言われているジルコニアにセラミックをコーティングした白い材質の上部構造です。

軸にジルコニアを使っているので強度や耐久性はセラミック単体以上に優れており、強い力や圧に対しても欠けや割れ、変色のリスクが少ないとされています。
ただ費用は他の上部構造よりも高くなる傾向があります。

このように上部構造の種類によって特徴が異なるため、自分にはどれが合うか医師としっかり相談して、納得できるものを選びましょう。

アバットメントにもジルコニアが使用できます

アバットメントはチタンだけではなく、ジルコニアにすることも可能です。

ジルコニアは金属よりも硬いものの、重さは金の1/3と軽い特性を持ち、白メタルとも呼ばれています。
しかし金属は一切含まれていないので、露出する歯肉の部分に触れても金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

金属アレルギーを避けたい人はアバットメントもジルコニアにできる美容歯科を選ぶと安心でしょう。

またジルコニアのアバットメントは他にもメリットがあります。
金属のアバットメントの場合、歯肉が薄い場所だと金属の色が透けやすく、黒っぽく見えてしまうことがあるでしょう。

ジルコニアのアバットメントは白いので黒っぽさがなくなり、審美性もより向上します。
またジルコニアは細菌が付着しにくいので衛生的にも良く、強度も十分あるので長期的に安定することもメリットです。

チタンのアバットメントと比べて費用は高くなってしまいますが、より高い審美性と安全性を考えてインプラントを行いたい人は、ジルコニアのアバットメントに対応した美容歯科へ希望を伝えてみましょう。

(まとめ)インプラントで使われている材質は安全?

1.インプラントで使われる材質は金属、セラミック・レジンです

インプラントはインプラント部・アバットメント・上部構造という部品を使っており、それぞれ金属・セラミック・レジンでできています。

部品の使用する素材は安全性が高いものを使っているので、人体に悪影響を与えることはほとんどありません。

2.インプラント部やアバットメントはチタンを使用しています

インプラントやアバットメントには強度や腐食性が高く、耐久性に優れたチタンを使用しています。

骨の成分を表面に形成する性質があるので顎骨との結合することができ、金属アレルギーを発症するリスクも低いので安全性にも優れた素材です。

3.上部構造で使われるセラミックはさまざまな種類があります

セラミックは丈夫で自然の歯を再現できる素材です。

ハイブリッドセラミック・メタルボンド・ジルコニアセラミックと上部構造には種類があり、それぞれ強度や費用など特長に違いがあります。
そのため医師に相談して自分にあったものを選びましょう。

4.アバットメントにもジルコニアが使用できます

ジルコニアはアバットメントにも使用でき、金属以上に強度が高く、白い材質なので歯肉が薄い部分でも金属の黒っぽい色が見えず、審美性と安全性に優れています。

金属を含まないので金属アレルギーが気になる方は、美容歯科に相談してみましょう。

358
Return Top