湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントによってアレルギーになることはある?

インプラントでアレルギーを起こすリスクは低いです


金属を使用するインプラントですが、金属アレルギーを引き起こすリスクはそれほど高くありません。
インプラントでは安全性が高く他の医療でも用いられることの多いチタンを使用しています。

チタンは金属アレルギーを引き起こす金属イオンを発生しにくいことから、歯肉に埋入しても人体に影響を与える心配はほとんどありません。
金属アレルギーでも比較的安全性があるので、歯の欠けが気になる方は美容歯科に相談してみましょう。

チタンは金属イオンが溶け出しにくい性質があります

チタンは他の金属と比べて金属イオンが溶け出しにくい性質を持つ、安全性の高い金属です。

なぜ金属イオンが溶け出しにくい理由は、チタンの表面に酸化膜が形成されるからです。
酸化膜はチタンが酸素に触れるとできる薄い皮膜で、この膜に保護されることから金属イオンが溶け出しにくいとされています。

そもそも金属イオンがなぜアレルギーを引き起こすのかご存じでしょうか?
たんぱく質は金属イオン自体にはアレルギー反応を起こす力はありません。

唾液に溶け出した金属イオンが体内のたんぱく質と結合すると、体の免疫機能はそれを異物と認識します。
その異物を排除するために免疫機能が過剰に攻撃するため、その反動でアレルギー反応を起こすのです。

チタンは金属イオンが発生しにくいのでアレルギーに対して過剰に心配する必要はありませんが、まったく心配がないわけではありません。
少ないケースですがチタンアレルギーが発生することがあり、その場合はアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。

チタンアレルギーの場合はインプラントを取り出す必要があるので、アクセサリーで反応がない方も含めて施術前に検査を受けておくと安心です。

上部構造はジルコニアセラミックがおすすめです


インプラントの上部構造(人工歯)はジルコニアセラミックでできたものを使用すると、金属アレルギーのリスクを抑えることができます。

インプラントの場合、口内の露出している部分でない限り金属アレルギーの症状が出ることは少ないとされています。
しかしインプラントの上に被せる上部構造の素材に金属が使われていると、歯肉に触れて金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。

上部構造は天然の歯のように審美性の高いセラミックを使用していますが、中には歯の裏側に金属を用いていることがあります。
チタンだけなら安全性は高いものの、ニッケルやクロムなど金属アレルギーを引き起こしやすい金属との合金が使われていることもあるのです。

そのような上部構造は安全性が下がってしまうので、上部構造はジルコニアセラミックのものが望ましいです。
使用する上部構造の素材は美容歯科によって異なるため、ジルコニアセラミックに特化した美容歯科を選ぶことをおすすめします。

インプラントでしっかり噛める歯を手に入れられます

インプラントは金属アレルギーのリスクを軽減して、しっかり噛むことができる健康的な歯を実現できます。

人工の歯根を顎骨に埋入し、骨ときちんと結合させるのでブリッジや入れ歯に比べると安定性が高いです。
そのため咬合力も天然の歯と比べて90%の力で噛むことができます。
今まで硬い食べ物が食べられなかった人も、歯を失う前と同じ感覚で食事を楽しむことができるでしょう。

上部構造で使われるセラミックは天然の歯に近い見た目だけではなく、耐久性や腐食性の高さが魅力です。
噛み心地も天然の歯とほとんど変わらず、プラスチックと比べて破損しにくいのでよく噛むことができます。

ただしセラミックでも強すぎる力には耐えられないので、強い歯ぎしりや噛み合わせの悪さから不自然な力が加わると破損する恐れがあります。
インプラントを長持ちさせるためにも、施術後は定期的なメンテナンスで破損がないか見てもらうことが大切です。

インプラントの寿命は10年程と長いのですが、メンテナンスを怠らなければもっと寿命を延ばすことが可能です。
快適で安全性の高いインプラントを実現するためにも、インプラント実績がたくさんあり、定期健診や保証制度などが手厚い美容歯科に相談しましょう。

(まとめ)インプラントによってアレルギーになることはある?

1.インプラントでアレルギーを起こすリスクは低いです

インプラントでは金属アレルギー反応を引き起こす金属イオンが発生しにくいチタンを使用しているので、アレルギーのリスクは低いとされています。

金属アレルギーが気になる方は医師にしっかり相談して、安全性の高い施術を受けましょう。

2.チタンは金属イオンが溶け出しにくい性質があります

金属イオンは体内のたんぱく質と結合することで、異物と判断した免疫機能の防衛反応によってアレルギーが起きます。

チタンは酸素を結びつくと酸化膜を表面につくるので、原因となる金属イオンの溶け出しが少ないのです。

3.上部構造はジルコニアセラミックがおすすめです

上部構造はセラミックでつくられていますが、裏に金属を使用していることがあります。

チタンと他の金属の合金を使っているとアレルギーを起こすリスクが高いので、セラミックに強い美容歯科でジルコニアセラミックの上部構造を使ってもらいましょう。

4.インプラントでしっかり噛める歯を手に入れられます

埋めた人工歯根は顎骨としっかりくっつくため安定性があり、セラミックの歯も丈夫なのでよく噛むことができ、食事も楽しくなるでしょう。

インプラントの寿命を早めないために、実績が多くメンテナンスがきちんとした美容歯科がおすすめです。

63
Return Top