湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントで後遺症の心配はない?

診断結果に基づき適切なインプラント施術を行うので基本的に後遺症はありません


インプラントの施術を行う前に診察を行い、その結果に応じて適切な施術を提供するので、基本的に後遺症の心配はありません。

切開をして異物を入れる施術となるので、神経や顎骨の損傷など、しっかり検査を行います。
もしインプラントで後遺症が見られる場合、医師の技術不足などの原因が考えられます。

そのためインプラントの施術を行う際は、症例件数の多く、技術にも信頼の置ける医院を選びましょう。
事前のカウンセリングやアフターケアなどが手厚いクリニックであれば、より安心です。

インプラントは人体への影響が少ない金属を使用しています

インプラントで使用しているチタンは人体に悪影響を及ぼすリスクが少ない金属です。

金属にはさまざまな種類があり、人によっては金属アレルギーに悩まされることもあります。
人工歯根となるインプラント部は金属のチタンを使用しますが、整形外科では人工関節として用いられており、精神外科では頭蓋骨の代わりに使われており、人体への安全性が認められている素材なのです。

金属アレルギーは金属から溶け出す金属イオンが体内のたんぱく質にくっつき、免疫細胞が敵と判断して攻撃することから、発疹やかゆみなどのアレルギー反応を示す仕組みとなっています。

チタンは酸素に触れると表面に膜が生成されるので、他の金属よりも金属イオンが唾液に溶け込むことが少ないので、金属アレルギーのリスクが低いのです。
金属アレルギーを心配することなく、審美性の高い歯を手に入れることができます。

ただしまれにチタンアレルギーの方もいらっしゃいます。
チタンアレルギーだとアレルギー反応を起こしてしまうので、事前にアレルギー検査を受けてチタンが使用できる体質であるか確認することが望ましいでしょう。

施術後は腫れや痛みが伴います


施術後は顔が腫れたり、麻酔が切れて痛みが出てしまうでしょう。
これは一時的な副作用であるため、後遺症ではありません。

腫れは施術によりできた傷を自然治癒するため、体が組織液を分泌されることで起きてしまいます。
これは体の機能として正常であり、だいたい2日から3日程で腫れは引くでしょう。

ただし体調不良で抵抗力が落ちている場合は腫れが長引いてしまうことがあります。
中には他に原因があるかもしれないので、腫れが引かない場合はすぐに医師へ相談してください。

痛みに関しても一時的なものなので、数日経てばおさまります。
施術後は痛み止めを処方されるので、痛みに我慢できない時は服用して痛みを緩和させてください。

痛みが強い場合は施術後24時間以内に、患部を水でぬらしたタオルで冷やすとよいでしょう。
冷やしすぎると逆に痛みが強くなり、また血液の流れが悪くなって回復が遅くなるので注意してください。
血流が良くなると痛みが強くなるので、施術後の飲酒や激しい運動、熱いお湯での入浴や長い風呂も避けましょう。

症例数や事例から信頼できる医師に相談しましょう

安全性の高いインプラントを受けるためにも、症例数や症例事例をしっかり確認し、安心して相談できる医師のいる美容歯科を選んでください。

正しく施術を行えば安全性のあるインプラントですが、まれに検査や技術不足で後遺症が出ることがあります。

インプラントではどんな後遺症があるのかご紹介しましょう。

しびれや痛み

人工歯根を埋めるためにドリルで顎骨に穴を開ける必要があります。
この時、技術不足だと神経に傷をつけることがあるため、施術後にしびれや痛みが残ることがあるのです。

とくに下顎には下歯槽神経という太い神経があるので、顎骨が薄い方は注意が求められます。
下顎の神経が損傷した場合、唇周辺のしびれやピリピリとした痛みを感じるでしょう。

噛み合わせからくる不調

インプラントを設置する位置や噛み合わせの高さが合わない場合、噛み合わせる歯に強い負担をかけて、歯が欠けたり割れたりする恐れがあります。

顔の筋肉や顎関節にも負担がかあるので、顎関節痛により口が開けづらくなることや、首や肩にコリ、耳鳴りなど不調が出る可能性があります。

鼻づまりや膿が出る

上顎を施術する場合、インプラントを受けた側だけ鼻づまりになりやすかったり、鼻から膿が出てきたりすることがあります。

目の下には上顎洞と呼ばれる空洞があり、施術中にドリルがそこを突き抜けてしまい、挿入された人工歯根が上顎洞まで入り込むと鼻に関する不調が起きてしまう可能性があるでしょう。

上記の症状が数ヶ月から数年続けば、インプラントによる後遺症と疑うことができるでしょう。
安全性が高くても施術にはリスクがあるので、施術の経験が多い医師がいる美容歯科で受けてください。

また施術の腕だけではなく、お客様に寄り添ったカウンセリングや、施術後のフォロー、保証制度などが整っているかどうかも確認しましょう。

(まとめ)インプラントで後遺症の心配はない?

1.診断結果に基づき適切なインプラント施術を行うので基本的に後遺症はありません

切開と異物の埋入する施術となるため、神経や顎骨の状態などをきちんと検査し、適切な治療を行うのが基本です。

そのため症例件数の多く、施術にも信頼の置ける医院であれば後遺症の心配は要らないでしょう。

2.インプラントは人体への影響が少ない金属を使用しています

インプラントの素材で使われているチタンは金属アレルギーの原因である金属イオンが溶け出しにくいので、歯科以外の医療でも用いられるほど安全性があります。

まれにチタンアレルギーがあるので、アレルギー検査を受けておくと安心です。

3.施術後は腫れや痛みが伴います

施術後は傷を治すために体が組織液を出すため腫れが起きますが、2日から3日で改善されます。

痛みは数日間続くので、痛み止めの服用や患部を冷やすなどして痛みを和らげましょう。
腫れや痛みが長く続く場合は、早めに医師へ相談してください。

4.症例数や事例から信頼できる医師に相談しましょう

インプラントでは神経の損傷によるしびれや痛み、噛み合わせのバランスの悪さによる不調、鼻の不調といった後遺症が出ることもあります。

後遺症のリスクを下げるためにも技術力が高く、手厚くサポートしてくれる信頼できる美容歯科に相談しましょう。

48
Return Top