湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントの施術後はいつまで痛みが続く?

インプラントの施術後は数日間痛みが続きます


インプラントを受けた後の痛みは長期的ではなく、数日間程度なので安心してください。

歯肉を切開し人工歯根を埋めて歯肉を縫って閉じる施術となるので、施術後に痛みを伴います。
しかし痛みは永久に続くものではなく短期的なものなので、数日我慢すれば痛みに苦しむことはありません。
美容歯科では施術後に痛み止めを貰えるので、しっかり服用すれば痛みを我慢することも難しくないでしょう。

痛みには個人差があります

インプラントの施術で生じる痛みは個人差があるので、強い痛みを感じる方もいれば、そんなに痛くないと感じる方もいらっしゃいます。

施術中は施術時間に応じて麻酔を打つので、基本的に痛みを感じることはないでしょう。
奥歯は麻酔が効きにくいとされていますが、麻酔の効果により痛みはだいぶ緩和されていることが多いです。

もし施術中に麻酔が切れて痛みが発生しても、追加で麻酔を行うので強い痛みに苦しむことはないでしょう。

施術後の痛みは施術内容によって強さが異なります。
インプラントを行う本数が多い場合や、抜歯をした後に施術を行う場合は痛みを強く感じる傾向にあります。

さらに痛みが出るタイミングにも個人差があります。
通常は施術後に麻酔が切れると痛みを感じますが、中には施術が終わって1週間から10日程経過した後に発生することも少なからずあります。

人によっては痛み止めを飲まなくても我慢できる程度ですが、痛いと思った時は処方した痛み止めを飲んで痛みに耐えていきましょう。
痛みが強い場合は美容歯科に相談し、医師の指示にしたがってください。

セルフで痛みを対処する方法があります


自分で痛みを軽減できる対処法があるので、痛み止めと合わせて痛みを乗り越えていきましょう。

それでは痛みをセルフで軽減させる対処法をご紹介します。

患部を冷やして温める

施術直後の痛みを軽減したい場合、患部を冷やすと緩和できます。

あまりに冷たいと循環障害により歯肉の傷が治りにくいので、水でぬらしたタオルで冷やす方法がおすすめです。
施術から1日以上経過したら、逆に人肌ぐらいのホットタオルで温めると痛みを軽くできます。

柔らかいものを食べる

インプラントの後はしばらく噛むと痛いので、食べ物はおかゆや豆腐のような柔らかいものを中心にしましょう。
プリンやヨーグルトなら噛む回数も少ないので、傷のある歯肉にも負担をかけないので安心です。

優しく鼻をかむ

インプラントの施術後は鼻をかむ動作にも注意してください。
鼻と口は近接しているため、鼻をかむと骨を通じて振動が口内に伝わってしまいます。

強く鼻をかめば伝わる振動も強いので、患部に衝撃が伝わり痛みを強める恐れがあるでしょう。
痛みが続く間は鼻を強くかまないように注意してください。

タバコや飲酒は避ける

普段からタバコや飲酒をされている方は、施術後からしばらくは喫煙と飲酒を控えてください。

タバコやアルコールは患部を刺激しやすいので、痛みを強める恐れがあります。
インプラントと顎骨の結合にも関わるので、しっかりしたインプラントにするためにも施術期間中は禁煙・禁酒を心がけましょう。

麻酔には種類があります

インプラントの施術に使われる麻酔には種類があり、大きく分けて局所麻酔法と鎮静法があります。

局所麻酔法

麻酔薬を使うことで神経伝達を一時的にストップさせ、痛みを感じにくくさせる一般的な麻酔のことです。
代表的な麻酔は表面麻酔で、歯肉の表面に施す麻酔になります。

インプラントの場合は浸潤麻酔法を使うことが多く、施術箇所の歯肉に麻酔薬を注射すると数分後に効果が現れ、即効性と安全性あります。

鎮静法

正式名称は精神鎮静法で、麻酔薬や精神安定剤により意識を失わないぐらいの眠気を与える方法です。
インプラントでは施術に対する恐怖心や不安を和らげることを目的に使われます。
鎮静法ではガスを吸う吸入鎮静法と注射タイプの静脈内鎮静法の2種類があります。

施術ではこのような麻酔が使われますが、実際に施術ではどの麻酔を使うのか聞いておくと安心でしょう。
また麻酔は無料の場合と有料の場合があるので、追加料金の有無を確認することも大事です。

インプラントは審美性が高く、噛む力も回復できますが、施術に対して不安も多いと思うので、症例件数が多くてたくさんの施術経験がある美容歯科に相談することをおすすめします。

(まとめ)インプラントの施術後はいつまで痛みが続く?

1.インプラントの施術後は数日間痛みが続きます

切開が必要な施術となるため、施術後は痛みがあります。

しかし痛みがずっと続くのではなく数日程度でおさまるので、長期間痛みに苦しむことはなく、痛み止めを処方されるので安心してください。

2.痛みには個人差があります

インプラントの本数が多い時や抜歯後の施術はとくに痛みを感じやすく、また人によっては麻酔が切れた後ではなく、数日間日が経ってから痛むことがあります。

痛みがある時は我慢せずに痛み止めを使い、それでも我慢できない時は専門医へ速やかに相談しましょう。

3.セルフで痛みを対処する方法があります

施術後は患部を冷やしたり、食事中は鼻をかむことに気を付けたりすることで、痛みを緩和させることが可能です。

タバコやお酒は患部を刺激しやすく、インプラントと骨の結合にも悪影響を与えるので、施術期間中は避けることをおすすめします。

4.麻酔には種類があります

インプラントで行われる麻酔には表面麻酔や浸潤麻酔といった神経伝達を一時的に止める局所麻酔法と、麻酔薬などで精神をリラックスさせる鎮静法が使われます。

安全に施術を受けるために麻酔のことを確認し、信頼できる美容歯科でインプラントを受けましょう。

416
Return Top