湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは違和感がある?

インプラント後は少し違和感がある人もいます


インプラントを受けた後、異物が入っている違和感を覚えることもあるでしょう。

しかしこれは一時的な違和感であるため、数日経てば異物感も気にならなくなります。
インプラントは骨としっかり結合しているので安定性があり、噛み心地や味覚などに関しても天然の歯とほとんど変わりません。
良好な状態のインプラントであれば、違和感なく生活できるでしょう。

インプラントが動いて違和感を覚えることがあります

違和感を覚える場合、通常は固定さえているはずのインプラントが動いている可能性があります。

インプラントが動く原因はいくつかあるのでご紹介しましょう。

接合部の緩みや破損

人工歯根と人工歯を繋いでいるネジが緩んでいる、または破損することで、被せ物が揺れることでインプラントが揺れていると感じることがあります。

インプラントは強い力が顎骨に集中することを避けるため、人工歯根と人工歯をネジでつないでいるのです。
この原因の場合はネジを締め直してもらうか、新しいネジに交換してもらうことで違和感を取り除けるでしょう。

歯ぎしりや食いしばる癖がある

無意識に強く歯ぎしりをしたり、食いしばったりする癖があると、インプラントに負担がかかって歯が動き、最悪の場合は抜けてしまうことがあります。

通常は歯と顎骨の間には噛む時の衝撃を緩和する歯根膜がありますが、人工歯根と顎骨を直接くっつけるインプラントは噛むと強い負荷がかかるため、インプラントが動きやすくなってしまいます。
この場合は歯科矯正などで悪癖を直していく必要があるでしょう。

噛み合わせが悪い

天然の歯はさまざまな原因でわずかに動くことがあります。
インプラント部分と噛み合う歯がズレことで噛み合わせが悪く、違和感を覚えることがあるでしょう。
噛み合わせのバランスを調整すると改善されます。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は歯周病と似ており、インプラント周りの歯肉などが炎症を起こすものです。

人工歯根の定着中に発症すると結合がしにくくなり、ぐらつきや抜け落ちる原因になります。
歯周病のように骨を溶かすので固定されたインプラントも、顎骨が痩せることで動く可能性があります。
日頃のケアを怠らず口内の清潔を保つことが大事です。

違和感があればすぐに医師に相談しましょう


インプラント後に違和感があれば、速やかに医師に相談してください。

パーツの不具合や破損でインプラントが動いている場合、施術を受けた美容歯科で直してもらうことが可能です。

インプラントには3年から5年間ぐらいの保証がついていることがほとんどなので、それを使えば負担を抑えて調整してもらうことができます。

とくに気にならないからと違和感を放置すると、いずれインプラントが外れてしまい、その時には保証期間が経過している可能性があります。
それで保証期間が切れる前に相談することをおすすめします。

またインプラントのぐらつきはインプラント周囲炎の影響もあると上記で説明しましたが、定期健診で予防することが大事です。
インプラントは固定されているので天然の歯と同じく歯ブラシでケアできますが、それだけでは汚れが落としきれないこと可能性があります。

定期健診では歯やインプラントの状態を確認し、クリーニングで歯磨きやフロスなどだけでは落とせない汚れも落とすことが可能です。
清潔な口腔環境が維持できればインプラント周囲炎になるリスクを下げられるので、インプラントも良好な状態を維持できます。

定期健診はインプラントの不具合を早期の段階で発見できるメリットもあります。
セルフケアと合わせて定期的なメンテナンスを実行することで、違和感なく長期的にインプラントを使用し続けることが可能です。

インプラントは審美性と咬合力に優れています

インプラントは見た目、噛み心地、ともに自然体なのが特徴的です。

人工歯根を埋め込み人工歯を被せる施術なので、天然の歯のように歯茎からしっかり生えているように見えます。
人工歯には審美性のあるセラミックを使用しており、しっかり固定されているので普段の手入れは歯磨きで問題ありません。

天然の歯の噛む力が100%とすれば、インプラントは90%の咬合力とされており、噛み心地に関しても違和感は少ないでしょう。
失った歯をカバーする方法にはブリッジや入れ歯がありますが、ブリッジの咬合力は70%、総入れ歯となればわずか10%程度が基準です。

噛む力が弱くなると周りにある健康な歯も弱ってしまい、歯の寿命も影響してくるでしょう。
インプラントで咬合力が回復すれば顎骨や歯肉などが鍛えられて丈夫な歯を維持でき、歯ごたえがある食べ物も容易に食べることができます。

インプラントにすることで見た目のコンプレックスが解消され、健康的な歯を手に入れると同時に食事の楽しみも取り戻すことが可能です。
施術ミスのリスクを下げるために、インプラント経験が豊富で施術後のケアにもこだわっている美容歯科に相談しましょう。

(まとめ)インプラントは違和感がある?

1.インプラント後は少し違和感がある人もいます

インプラントの施術後はしばらく異物感を覚えますが、一時的なので慣れてくると違和感もなくなります。

顎骨とインプラントをしっかりくっつけているので天然の歯と同じく安定性があり、噛み心地や味覚も向上します。

2.インプラントが動いて違和感を覚えることがあります

人工歯根と人工歯を繋ぐネジの緩みや破損・インプラント周囲炎・悪癖・噛み合わせが原因でインプラントが動き、それが違和感になっていることがあります。

パーツの調整や交換、口腔トラブルを改善することで、その違和感も解決されます。

3.違和感があればすぐに医師に相談しましょう

パーツの不具合や破損は保証期間なら負担なく直してもらえるので、違和感があれば早めに相談しましょう。

定期健診はインプラントに不具合を早期に発見でき、またインプラント周囲炎の予防ケアにもなるので、定期的なメンテナンスを心がけることが大切です。

4.インプラントは審美性と咬合力に優れています

人工歯根を埋入し、セラミックの人工歯を使用するインプラントは天然の歯と似た見た目となっており、咬合力は90%なので食事の際もしっかり噛むことができます。

本来の美しく健康的な歯を手に入れられるので、気になる方は専門医に相談してみましょう。

255
Return Top