湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントのメリットとデメリットは?

メリットは健康的な歯を取り戻せること、デメリットはインプラントを埋めることです


インプラントを行うメリットは健康な歯を手に入られられること、デメリットは人工の歯根を埋める施術が必要になることです。

ブリッジや入れ歯と異なり、チタンのボルトを埋めて顎骨と結合させることでしっかりした人工歯根になるため、天然の歯と同じぐらいの噛む力に回復できるので、周囲の歯も健康が維持されます。
人工歯根を埋めるためには歯肉を切開する必要があるので、その点はデメリットになるでしょう。

毎日の食事が楽しくなります

しっかり歯で食べ物が噛めるようになることで、食事が楽しくなるでしょう。

歯がない状態が続くと噛む力が弱くなり、硬い食べ物が噛めなくなってしまいます。
とくに奥歯は噛む力が強いので、抜けた歯の放置は咀嚼力の低下につながるでしょう。
入れ歯は天然の歯とよりも咀嚼力が30%と弱いのですが、インプラントは80%と入れ歯に比べて強いことがわかるでしょう。

よく噛めるようになると噛む回数も増えるので、食べ物の味もしっかり感じられるようになります。
食べ物が唾液に溶けると舌に備わる味蕾と呼ばれる器官に吸収されることで、味覚を感じます。
唾液は噛む回数が多いほど分泌量が多いので、食べ物がより美味しく感じられるのです。

食事は味だけではなく、食感も楽しみの1つでしょう。
今まで柔らかい食事ばかりだった人も、歯ごたえのある食感を楽しむことができます。
噛む回数を増やして食べ物を細かくすることで、胃腸での吸収力も良くなり、健康な体を維持する上でも大切なことです。

抜けた歯を補完して噛む力を回復されたい方は、専門医にインプラントについて相談してみましょう。

見た目が自然で、周囲の歯にも負担がありません


インプラントは天然の歯と同じぐらい自然な見た目で、他の歯を削って負担をかけるような施術ではありません。

インプラントの構造は歯根になるインプラント、人工歯とインプラントをつなぐアバットメント、被せ物の上部構造となっています。
人工の歯根を埋めてからセラミック製の人工歯を被せる施術なので、歯肉から生える天然の歯に見た目が近いのです。

人工歯で使用されるセラミックは自分の歯に合った色に調節でき、表面がつるつるで本物の歯に近い光沢があるので、審美性に優れた素材と言えます。
ブリッジや入れ歯よりもしっかりしているので、歯磨きやフロスなどの使用も問題なく、日頃の手入れも簡単です。

ブリッジの場合、ブリッジをかけるために抜けた歯の隣同士を削る必要はあります。
健康な歯をあえて削ることになるので、歯の寿命を縮めてしまうのです。
その点インプラントは他の歯を削ることがないので、周囲の歯の寿命を下げる心配はありません。

噛む力が回復されれば周りの歯も鍛えられるので、健康的な歯を持続させられるメリットもあります。
ただし天然の歯に比べて歯周病のリスクが高くなるデメリットがあるので、毎日のケアや定期的なメンテナンスは怠らないようにしましょう。

施術期間や費用面について知っておきましょう

インプラントは施術期間が長い上に、保険診療ではないという注意点があります。

アバットメントとインプラントが別々のツーピース構造の場合、施術回数は2回となります。
2回目にアバットメントを入れることになるのですが、埋めたインプラントと顎骨をくっつけるための期間を設ける必要があるため、2回目の施術まで3ヶ月から6ヶ月はかかるとされているのです。

アバットメントとインプラントが一体化しているツーピース構造だと1回の施術で済みますが、骨との結合は必要なので3ヶ月以上はかかるでしょう。
また顎骨が薄い場合は顎の骨を再生する施術も必要なので、さらに施術期間は延長します。

インプラントの相場ですが、平均的に1本あたり30万円から40万円です。
審美性に重点を置いていることから、基本的に保険が適用されないという点についてはやや気になる部分でしょう。

しかしインプラントは医療費控除の対象なので、支払った年に申請することで所得税・住民税が控除されるので、金銭的な負担を軽減することが可能です。

また美容歯科ではデンタルローンやクレジットカードによる分割払いに対応していることもあるので、それを使えば一括払いに対する負担を軽くできます。
ローンやクレジットカードで支払った場合でも医療費控除は適用されるので安心です。
インプラントは以上のような注意点も存在します。

気になることがある時には、専門医に相談してみることが大切です。
まずは経験豊富でカウンセリングが丁寧な美容歯科を見つけるところからはじめてみましょう。

(まとめ)インプラントのメリットとデメリットは?

1.メリットは健康的な歯を取り戻せること、デメリットはインプラントを埋めることです

チタンでできた人工の歯根を埋める施術が必要ですが、骨と結合するとしっかりした土台となり、人工歯を被せれば天然の歯と同じ状態になります。

噛む力も衰えないので、周りの歯もよく噛むことで強く健康的な歯をキープできます。

2.毎日の食事が楽しくなります

入れ歯の噛む力が30%である一方、インプラントは80%と強い力で噛むことができます。

よく噛むことで食べ物の歯ごたえを楽しめ、唾液の分泌が増えることで味覚も良くなり、今まで以上に食事が楽しくなるメリットがあります。

3.見た目が自然で、周囲の歯にも負担がありません

インプラントを埋めて人工歯を埋める施術なので、天然の歯と同じく歯肉から生えているように見え、人工歯は審美性に優れたセラミックなので美しく健康な歯を再現できます。

ブリッジと異なり周囲の歯を削らないので、歯の寿命に影響がないこともメリットです。

4.施術期間や費用面について知っておきましょう

埋めたインプラントと顎骨を結合する期間が必要なので、施術期間は3ヶ月から6ヶ月以上と長期になります。

費用も平均30万円から50万円と高額ですが、医療費控除の対象で、さらにローンやクレジットカードで分割払いできる美容歯科もあります。

143
Return Top