湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは歯周病になりやすい?

インプラントで歯周病になりやすくなる可能性はあります


インプラントをすることで、天然の歯と比べて歯周病になるリスクが上がる可能性があります。
天然の歯は歯肉と骨、歯根から血液が供給されますが、インプラントは人工の歯根となるので血液の供給が少ないです。

血液の供給が少ないとインプラント周りの歯肉は抵抗力が弱まるため、細菌が感染しやすくなり歯周病を引き起こしやすくなります。
このことから、インプラントは天然の歯よりも歯周病のリスクが上がるとされているのです。

毎日のケアと定期的なメンテナンスで歯周病は予防できます

インプラントで歯周病のリスクは上がりますが、ケアを怠らなければ歯周病を回避できます。

人工の歯根はチタンでできているので、歯周病の細菌から直接悪影響を受けることはありません。
しかし顎骨を溶かす病気なので、インプラントに影響はなくても顎骨に影響を与えてしまいます。

そもそもインプラントは顎骨に挿しこみ結合させることで、人工歯が安定する仕組みです。
歯を支える顎骨が減ってしまうと結合していたインプラントが緩み、歯周病が悪化すると抜け落ちてしまうでしょう。

インプラントが抜けてしまわないように、毎日のケアや定期的なメンテナンスで予防することが大切です。
毎日のケアは歯磨きになりますが、ただ磨くのではなく、細かい部分も意識して汚れを残さないように磨いてください。

磨きにくい場所はフロスや歯冠ブラシ、マウスウォッシュなどを使いましょう。
歯磨き粉やマウスウォッシュはチタンの腐食を予防するために、フッ素が含まれていないものがおすすめです。

自宅でのケアは不十分なところもあるので、美容歯科で定期健診やクリーニングを受けましょう。
インプラントは人工歯にセラミックを用いるので丈夫ですが、欠けたり割れたりすることもあります。
それを早期に発見することも歯周病対策に欠かせません。
インプラントを受ける時は、アフターケアも充実している美容歯科を選びましょう。

歯周病の方でもインプラントは可能です


重度の歯周病の方もインプラントを受けることはできます。

歯周病だと顎骨が薄くなっていて、インプラントは受けられないと思う方は多いでしょう。
しかし重度であっても歯周病を完治させれば、インプラントをすることはできます。

歯周病を治さないままで受けてしまうと、口内に存在する細菌の影響でインプラントの顎骨の結合が悪くなってしまいます。
インプラントは口腔内の問題がなければ10年以上長持ちしますが、結合率が悪くなればすぐに抜け落ちてしまうでしょう。
それを回避するためにも、まずは歯周病を治すことが先決です。

重度の歯周病だと顎骨が薄く、丈夫とは言いにくいでしょう。
その場合は事前に骨をつくる作業が必要になります。
骨を再生する方法は美容歯科によって異なるので、カウンセリングの時にどんな方法で行われるか確認してください。

インプラントは完了まで3ヶ月から6ヶ月以上はするため、骨をつくる作業が加わると期間が延びてしまうことを理解し、専門医に相談しましょう。

インプラントの保証制度を確認しましょう

インプラントを受けるにあたり、保証制度を設けているか確認してください。

技術の向上により成功率も高くなっているインプラントですが、顎骨との結合が上手くいかなかったり、人工歯が破損してしまったりするトラブルがあります。
インプラントの費用は1本あたり30万円から50万円が相場となっており、医療費控除の対象であっても安い施術ではないので、失敗は避けたいものです。

実績が豊富な美容歯科を選ぶことが大切ですが、同時に、保証制度がどうなっているのかを確認することも大切と言えます。

保証制度を設けている美容歯科なら、人工歯・インプラント部分の保証は3年から5年となっています。
保証対象になるには定期健診の回数など条件が設けられている場合もあるので、保証内容はホームページや初回カウンセリングなどでチェックしておきましょう。

他にも、安心してインプラントが受けられるかどうか、諸経費の負担も調べておくのがおすすめです。

美容歯科の中には初回だけカウンセリングや診療などが無料で、高額のキャンセル料がかかるといったケースもあります。
少しでも医療費を抑えるために、諸経費の負担が軽い美容歯科を見つけましょう。

(まとめ)インプラントは歯周病になりやすい?

1.インプラントで歯周病になりやすくなる可能性はあります

人工歯根を埋入するインプラントは天然の歯に比べて血液の供給が少なくなるので、周辺の歯肉の抵抗力が落ちてしまいます。

細菌の感染しやすくなるので、歯周病になってしまうことがあるのです。

2.毎日のケアと定期的なメンテナンスで歯周病は予防できます

歯周病により顎骨が溶けると結合したインプラントが緩み、抜けてしまう恐れがあります。

歯周病にならないためにも正しい歯磨きで毎日ケアし、アフターケアがしっかりした美容歯科を選びましょう。

3.歯周病の方でもインプラントは可能です

重度の歯周病の人もインプラントと顎骨の結合率をアップさせるために歯周病を改善すれば問題なくインプラントを受けられます。

その場合、施術期間が延びてしまう可能性がありますが、骨の再生が必要なので専門医に相談しましょう。

4.インプラントの保証制度を確認しましょう

インプラントの破損や不具合のリスクを考えて、保証制度の有無や保証期間は事前に確認しておくと、万が一の時も安心です。

その他に、カウンセリングや診療費、キャンセル料など諸経費の負担が少ない美容歯科に相談することをおすすめします。

376
Return Top