湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは治療期間が長い?

一般的にインプラントの治療期間は3ヶ月から6ヶ月以上です


インプラントの施術期間は3ヶ月から6ヶ月以上と長期にわたります。

人工歯根と人工歯が別々の構造となっている場合、2回施術が行われます。
二回法の場合、顎骨と埋めた土台が結合されてから人工歯を入れる形になり、馴染むまで3ヶ月から6ヶ月かかるのが一般的です。

顎骨や口内の環境によっては、問題点を改善してからの施術を行うことになるので、インプラントの治療期間が半年から1年程延びてしまうこともあるでしょう。

1回の施術で済む方法もあります

インプラントの施術では1回の施術で済む方法も選べます。

通常は「ツーピース構造」と呼ばれる、インプラント(歯根)、アバットメント(土台)、上部構造(歯)で構成されています。
この場合、インプラントを顎骨に埋め、結合したら再び歯肉を開いて、アバットメントと上部構造を連結しなければなりません。

インプラントの種類には「ワンピース構造」というものがあります。
これはインプラントとアバットメントが一体化しているので、1回の施術で済ませることはできます。

結合までの期間は約1ヶ月から3ヶ月が目安で、顎骨がしっかりしている方なら当日や数週間で上部構造を入れることが可能です。
歯肉の切開が1回だけなので施術期間が比較的に短くなるだけではなく、経済的な負担や身体的なダメージも軽減されます。

その一方でしっかりした顎骨でない場合や、歯の状態によってはワンピース構造で受けられないこともあるでしょう。
利用できるかどうかは、美容歯科でしっかり診断してもらってください。

インプラントは顎骨がしっかりしていないと施術が難しいです


顎骨が痩せて薄くなっている方の場合、インプラントを受けられない可能性があります。

インプラントは顎骨に土台を埋める必要があるため、支えるためにはしっかりとした顎骨が求められます。
薄い顎骨はインプラントを支えきれない可能性があるでしょう。
とくにワンピース構造はインプラントとアバットメントが一体化しているので、骨がしっかりしていないと難しいです。

顎骨が痩せてしまう原因は、重度の歯周病で歯を失った、歯を失って長期間放置している、入れ歯やブリッジをつけている期間が長いといった理由があります。
歯周病は骨が溶けてしまう病気であるため、骨が溶けたことで顎骨が薄くなってしまうのです。

抜けた歯の放置や、長期間入れ歯やブリッジを使用する場合は、噛む力が弱まってしまうことで、骨に圧力がかからず痩せてしまいます。
原因に思い当たる人は注意が必要でしょう。

しかし骨が薄いからとインプラントができないわけではありません。
インプラントを行っている美容歯科の場合、顎骨の再生や移植に対応していることが多いです。

丈夫な顎骨を再生できれば、問題なく施術することができます。
再生する方法にもよりますが、骨をつくる期間は4ヶ月から6ヶ月が目安なので、その分施術期間が延びることを理解しておきましょう。

顎の骨の再生が必要かどうかは簡単に判断できません。
実績が豊富で幅広いメニューを提供している美容歯科であれば、顎骨や歯の状態に合わせて適切なプランを提案してもらえるので安心でしょう。

骨を再生してから一回法で受ける場合、感染症にかかるリスクも上がるので、しっかりケアを指導してくれる美容歯科を選んでください。

定着期間中は仮歯をつけます

インプラントと顎骨が結合するまでの間は仮歯を装着するので、見た目を気にする必要はありません。

仮歯は施術期間中の審美性を保つだけではなく、歯肉へかかるダメージを軽減する、施術部に隣接している歯が動いてしまうの抑制するといった役割があります。
仮歯を装着するタイミングは、施術後の状態に応じては当日に装着することが可能です。
埋め込んだ部分に強い刺激を与える恐れがあるので、抜糸を行う2週間後が理想的でしょう。

しかし前歯のような目立つ部分だと恥ずかしいと思う方もいらっしゃるので、見た目を気にする方は当日を希望してください。

まれに仮歯のまま施術を中断される方もいます。
仮歯は本歯よりも強度が弱く、審美性にも欠けるので、仮歯のまま放置するのはやめましょう。

また奥歯は噛む力が強く、前歯と比べて見えにくい位置なのであえて仮歯をしないこともあります。
医師によって対応が異なるので、仮歯をつけてもられるか事前に確認しておきましょう。

(まとめ)インプラントは治療期間が長い?

1.一般的にインプラントの治療期間は3ヶ月から6ヶ月以上です

インプラントは顎骨をしっかり馴染ませる期間を確保しなければならず、一般的に3ヶ月から6ヶ月が目安です。

顎骨や口内の状態に応じては他の施術も組み合わせる必要があるので、1年近くかかることもあるでしょう。

2.1回の施術で済む方法もあります

ツーピース構造の場合は2回の施術が必要ですが、ワンピース構造はインプラントと土台が一体化しているので、施術回数が1回で済みます。

施術期間も比較的短くなりますが、顎や歯並びの状態によっては難しいので、専門医に相談して判断してもらいましょう。

3.インプラントは顎骨がしっかりしていないと施術が難しいです

歯周病や噛む力が弱くなっている場合、インプラントを支える顎骨が薄くなり、施術が受けられないかもしれません。

その場合は施術期間が延長しますが、新しい骨に再生する施術が必要なので、対応している美容歯科への相談がおすすめです。

4.定着期間中は仮歯をつけます

審美性や歯肉へのダメージを軽減するために、インプラントと顎骨を定着させる期間中は仮歯をつけることが可能です。

施術当日から装着は可能ですが、見えにくい奥歯は抜歯の後、あえて仮歯を入れないこともあるので、事前に確認しておくと安心でしょう。

299
Return Top