湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントとはどういう施術?

インプラントとは人工歯根も入れる施術です


インプラントでは人工の歯だけではなく、歯根も骨に埋める施術です。

たとえば差し歯は人工の歯を土台に埋める施術なので、歯根や歯の一部が残っていないと施術はできません。
そのため歯が完全にない状態ではできない施術になります。
インプラントは歯根から埋めていく方法なので、歯根がない歯に対して効果的な施術と言えます。

インプラントは歯を削りません

インプラントを入れるにあたり、周りの歯を削ることはありません。

たとえば差し歯は人工歯を被せるために歯を削る必要があります。
虫歯や欠けたなど歯に以上がある場合はやむを得ない方法ですが、健康な歯を削るということは歯の寿命を縮めることになるのです。

差し歯をしている人の中には、弱い歯の状態で外れてしまったらどうしようと不安になる方もいらっしゃいます。
口腔環境によっては外れる可能性があるので、不安を簡単に拭いきることは難しいでしょう。

抜けると細い土台が露出する、もしくは土台ごと外れてしまうこともあり、見栄えの悪さが気になるかもしれません。

その点インプラントは歯根から埋めるので差し歯より安定性があり、歯も削らないので健康な歯の寿命に影響を与えないという安心感があります。
そもそも歯が顎骨から抜けている状態だと差し歯はできないので、インプラントが選択肢となるでしょう。

インプラントは安定性があり、さらに寿命もブランケットや入れ歯に比べて長いとされています。
しかし手入れが不十分であると人工歯が破損したり、抜けてしまったりすることもあるので、油断せずに手入れやメンテナンスは継続して長持ちさせてください。

インプラントはチタンとセラミックでできています


インプラントは歯根にチタン、歯にセラミックが使用されています。

チタンは軽くて丈夫な上に、耐食性が高いのが特徴的です。
食べ物の中にはクエン酸や酢酸を含むことが多く、それらに対しても強い金属になります。
また数多くある金属の中でもアレルギー反応が起きしにくいので、比較的に安全性が認められているのです。

セラミックは自然な白さが特徴的で、こちらもプラスチックに比べると頑丈で噛み心地も天然の歯とほとんど変わりません。
圧がかかっても、変形・割れ・欠けのリスクも少ないです。
表面はつるつるしていて汚れが付着しにくく、歯磨きのケアでも清潔な状態を維持しやすいです。

ちなみに差し歯でもインプラントと同じくセラミックの人工歯にすることが可能です。
自由診療となるので、医療費は全額自己負担が基本となりますが、審美性が高いという魅力があります。
美しい口元が欲しいという方は一度検討してみてもよいかもしれません。

インプラントは期間と費用に注意しましょう

インプラントは完了までの期間が長く、費用面の負担が大きいという点が注意点として挙げられます。

インプラントの場合、顎骨とチタンの土台がしっかり馴染むまで、約3ヶ月から半年はかかるとされています。
顎骨と土台が結合したら人工歯を被せるので、場合によっては1年かかることもあるでしょう。

差し歯は型どりから完成まで1ヶ月程度なので、インプラントの施術期間は長いことがわかります。
しかし美容歯科の中には「ワンピース構造」と呼ばれるインプラントを提供しているところもあります。
1回の施術で済むので、結合までの期間も少し短く、経済的にも負担が少ない方法です。

顎骨がしっかりしている、噛み合わせのトラブルがない人が対象となる施術のため、利用が可能かどうか気になる場合は医師に相談してみましょう。

インプラントの費用は、1本あたり30万円から50万円となります。
また自由診療なので、公的保険が適用されません。

ただ医療費控除が使えるので、医療費を払った年の確定申告で申告すれば、所得・住民税を軽減し、経済的な負担を軽減することは可能です。
費用面の負担が気になるという方は、このあたりの情報も前もって調べておくとよいでしょう。

施術の流れや期間、費用などについて、気になったことは気兼ねなく専門クリニックの医師へ相談してみることが大切です。
診療前のカウンセリング時などからあらかじめ相談しておくことができれば、安心して施術を利用することができるでしょう。

(まとめ)インプラントとはどういう施術?

1.インプラントとは人工歯根も入れる施術です

インプラントは人工の歯根と歯を入れる施術です。

たとえば差し歯は既存の根や歯の一部がないと施術が行えません。
しかし歯が抜けている場合などであっても、インプラントであれば人口の歯をつくることができるのです。

2.インプラントは歯を削りません

インプラントは周囲の健康的な歯を削ることなく装着できます。

差し歯の場合は人工歯を被せるために健康な歯を削って整える必要があり、歯の寿命を縮めてしまう恐れがあるでしょう。
インプラントは寿命が長く、安定性がある施術と言えます。

3.インプラントはチタンとセラミックでできています

インプラントでは丈夫で腐食性や安全性、審美性に優れたチタンとセラミックを使用しています。

セラミックは自然な白さが特徴で、汚れも付着しにくく清潔な状態を維持しやすい素材だと言われているのです。

4.インプラントは期間と費用に注意しましょう

インプラントの施術期間は3ヶ月から半年ほどかかり、費用も保険適用外となります。

しかし1回の施術で済む方法や医療費控除で経済的な負担を軽減することができるので、まずは専門医などに相談してみましょう。

323
Return Top