湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは生命保険が利く?

インプラントでは生命保険が利きません


インプラントの場合、保険診療ではないため民間の生命保険は適用されません。

では国の健康保険は利くのか気になるところでしょう。
残念ながら、国の健康保険も対象外となります。
インプラントは自由診療に該当します。

自由診療は国で認可されていない材質を用いている、施術を制限なく選択できるなどの理由から、保険が適用されないのです。
インプラントは歯を再生させる施術の1つですが、審美性に特化していることから自由診療に分類されているのです。

医療費控除で実質的な負担を軽減できます

基本的に生命保険は利きませんが、医療費控除で負担が軽減されます。

医療費控除は1月1日から12月31日までの1年間に、自分と生計を一緒にする配偶者・家族のために医療費を10万円以上支払った場合、所得控除を受けられる制度です。

インプラントの相場はエリアや歯科医院によってばらつきがありますが、1本30万円から40万円が目安です。
10万円以上の医療費がかかることになるので、医療費控除を申告することで所得税率と住民税率に応じて還元されるので、実質の負担を減らすことができます。

医療費控除の金額は最高200万円で、次の計算式から算出できます。
医療費の合計額-保険金などの補填-10万円(総所得が200万円以下は総所得から5%の金額)

この計算式から算出された金額に、所得税率と住民税率をそれぞれかけることで還元される金額を求められます。

自動的に適用されるものではないので、控除を利用するためには確定申告する必要があります。
確定申告書の作成時、医療費の領収書から明細書を作成するので、インプラントの領収書は捨てずにとっておいてください。

分割やローンで支払いの負担を軽くできます


インプラントの支払いの負担を軽くする方法として、分割やローン払いの選択肢があります。
1本30万円となれば現金での一括払いは難しいでしょう。

美容歯科医院の中にはクレジットカードでの分割払いや、メディカルローンなど複数の支払い方法を用意しており、好きな方法を選ぶことができます。
長期にわたり返済が必要になりますが、一括払いの負担を軽減することが可能です。

ただ分割にすると医療費控除が使えなくなると思う方もいらっしゃるでしょう。
分割払いやローン払いの場合、カード会社や信販会社が立て替えてくれるため、歯科医院に支払った医療費分は契約が成立した年の医療費控除の対象となります。

申告の際は領収証が必要ですが、発行されない場合はカード明細やローンの契約書の写しなども添付書類として取り扱ってもらうことも可能です。
しかしできるだけ避けた方がいい方法なので、領収証を発行してもらえるように事前に相談しておきましょう。

インプラントは信用できる歯科医院を選びましょう

インプラントを受けるにあたり、信用できる歯科医院を探してください。

たとえばホームページを持つ歯科医院は多く、実績や症例事例、ドクターなどについてもさまざまな情報を入手できます。
それらの情報をもとに選び、わからないことがあれば事前に問い合わせておくと安心です。

インプラントを行う上で、全体費用に関してもしっかり説明してくれる歯科医院を選びましょう。
相場はあるものの、施術方法や使用する医療機器、地域に応じて費用は異なります。

相場を前後することもあるので、費用に関して説明があると納得した上でインプラントを受けることができます。

歯科医院によっては、インプラントの医療費が相場より安くても、カウンセリングや初診・再診料、薬代などがプラスされて高額になっていることも少なくありません。
負担なくインプラントを受けられるよう、諸経費についてもチェックしておくようにしましょう。

健康な歯を削ることなく、丈夫な人口歯を入れることがあるインプラントは高い分、審美性に優れているので、歯抜けにコンプレックスを抱えている方におすすめの施術です。
実績や症例が豊富で明朗な料金設定の歯科医院で相談してみてください。

(まとめ)インプラントは生命保険が利く?

1.インプラントでは生命保険が利きません

自由診療にあたるインプラントは生命保険や健康保険の対象になっていません。

審美性を重視した施術は基本的に保険が適用されないことから、インプラントも同様の理由で保険は利かないのです。

2.医療費控除で実質的な負担を軽減できます

インプラントは生命保険は使えませんが、30万円以上かかるので医療費控除により金銭的な負担の軽減が可能です。

控除は自動的に適用されるものではないので、インプラントを受けて医療費を払ったら、その年の確定申告で申告してください。

3.分割やローンで支払いの負担を軽くできます

分割やローン払いを選べる美容歯科医院であれば、一括払いの負担を軽減してインプラントをすることができます。

信販会社に医療費を立て替えてもらうので、払った年の医療費控除の対象になるので安心です。

4.インプラントは信用できる歯科医院を選びましょう

インプラントを受ける時は、実績や症例事例が豊富な歯科医院がおすすめです。

料金に関しても細かく説明があり、カウンセリングや初診などの諸経費の負担が少ない歯科医院に相談すると安心です。

62
Return Top