湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントの寿命はどのくらい?

インプラントの寿命は平均10年です


第2の永久歯とも呼ばれているインプラントですが、平均寿命は10年とされています。

厚生労働省の「歯科インプラント治療のためのQ&A」によると、10年から15年間でのインプラントの累積残存率は上顎が約90%、下顎が約94%と記載されており、9割は10年近く長持ちしていることになります。

入れ歯の平均寿命が4年から5年、ブリッジの場合は7年から8年と言われているので、これらに比べてインプラントは寿命の長い施術方法と言えるでしょう。

インプラントは耐久性と耐腐食性があります

インプラントの寿命が長い理由は、耐久性と耐腐食性に優れているからです。

インプラントでは顎の骨にチタンでできた人工歯根を埋入し、セラミック製の人口を被せる施術になります。
チタンは金属の中でも丈夫な素材であるため、長持ちしやすいのです。

さらにセラミックも耐久性に優れており、腐食に強いので劣化しにくいことから10年近く長期的に維持することができます。

インプラントは寿命だけではなく、自然な見た目で残存している歯の寿命にも影響しないこともメリットです。

セラミックの人工歯は自然な白さやツヤ感が特徴的で、噛み合わせた時の感覚も天然の歯と似ているので、違和感は少ないでしょう。
ケアも入れ歯やブリッジを外す必要はなく、通常の歯磨きで簡単にお手入れできます。

健康な歯を削る必要がないため、残存している歯を弱くすることもないのです。
自然で長持ちする歯を手に入れたい方や、健康な歯を削らず失った歯を取り戻したい方にぴったりな施術と言えます。

寿命が短くなってしまう場合もあります


長持ちするインプラントでも、場合によっては寿命が短くなることもあります。
インプラントの寿命が短くなる原因は、主に2つの理由が考えられます。

インプラントの破損

セラミックは硬く頑丈な素材ですが、強い力がかかると割れることや欠けることがあるのです。

歯ぎしりや食いしばる癖がある場合、最大100キロの力がかかるとされているため、丈夫なセラミックでも耐えられないことがあります。
噛み合わせが悪いと不自然な力が加わるので、場合によっては歯科矯正や悪癖の改善も必要になるでしょう。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎は、インプラント周辺の歯肉に細菌が付着し、歯周病と同じ症状が起きていることです。

症状が悪化すると人工歯根を支える部分が緩くなり、インプラントが抜けてしまうでしょう。
喫煙者の場合、ニコチンは唾液の分泌量を減らす作用があり、口腔内の免疫力を低下させてしまうため、感染症になりやすい傾向があるので注意が必要です。

このことから、インプラントは丈夫でもしっかりメンテナンスを行うことが大切だと言えます。
毎日の歯磨きやフロスなどでのケアはもちろん、定期的に健診に通って歯の状態をチェック、クリーニングしてもらって口腔内の清潔を維持しましょう。

インプラントを受けた方の中には、40年も長持ちしたケースがあるので、寿命が長いからと油断せずに手入れを怠らないようにしてください。

インプラントなら医療費控除が使えます

インプラントの場合、医療費控除の利用が可能です。
医療費控除とは、10万円を超える場合、所得によって一定額分控除される制度です。

インプラントの相場は全国平均で1本あたり30万円から40万円であり、地域によっても差があります。
このようにインプラントの施術費用は相場からも見ても、ややネックな部分であると言えるでしょう

しかし医療費控除を活用すれば所得税率と住民税率に応じて戻ってきます。
たとえば年収450万円(所得税率20%)で住民税率10%で、医療費が60万円、保険金等の補填がない場合、次の計算で控除額を算出されます。

60万円(総医療費)-10万円=20万円(控除額)
50万円(控除額)×20%(所得税率)=10万円(所得税の還付額)
50万円(控除額)×10%(住民税率)=5万円(住民税の減額)
10万円(所得税の還付額)+5万円(住民税の減額)=15万円

この計算から15万円が戻ってくることになります。
医療費控除を使えば、インプラントの負担が実質的に軽減されることになるので、失った歯を取り戻したい方は一度専門医に相談してみましょう。

(まとめ)インプラントの寿命はどのくらい?

1.インプラントの寿命は平均10年です

インプラントは埋入部分によって異なりますが、10年から15年の累積残存率は約9割に及びます。

入れ歯やブリッジと比べても長寿命なので、長く使い続けることが可能です。

2.インプラントは耐久性と耐腐食性があります

インプラントは人工歯根が丈夫なチタンでできており、そこに被せる人口歯は劣化しにくいセラミックでできているので長持ちしやすいです。

丈夫なだけではなく、見た目も自然で健康な歯を削らない施術方法であることもメリットでしょう。

3.寿命が短くなってしまう場合もあります

強い力がかかるとインプラントは破損し、また周辺の歯肉に細菌がついて感染症が発症すると最悪の場合抜けてしまうことがあります。

毎日の口腔ケアと定期健診でのメンテナンスで、インプラントを長持ちさせましょう。

4.インプラントなら医療費控除が使えます

インプラントは地域差があるものの、1本あたりの平均相場が30万円から40万円と高額です。

医療費控除に対応しているので、申請することで所得住民税に応じて戻ってくるため、実質的に負担を軽減してインプラントが受けられます。

326
Return Top