プロによるクリーニング「PMTC」

セルフケアには限界がある

プロによるクリーニング「PMTC」

プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきですが、どんなにていねいにみがいた直後でも、プラークは残っています。構造的に歯ブラシの毛先が入らないところがあるなど、セルフケアには限界があります。

残ったプラークは、より落としにくいバイオフィルムになり、それが徐々に歯石に変わります。歯石になると自分で取り除くことはできません。

プラークもバイオフィルムも歯石も細菌の住みかですから、むし歯や歯周病の原因になりますし、口臭の発生源にもなります。また、歯石はザラザラしているのでコーヒーやタバコのヤニなどのステイン(着色汚れ)が付着しやすくなり、歯が汚れている印象を与えます。プラークコントロールは、お口の健康はもちろん、美しさの点からも大切です。

プラークもステインも歯石もほとんど除去できる

セルフケアでは落とせない汚れも、歯科医師や歯科衛生士が専門の器具と技術を駆使することで、完璧に近いレベルまで落とすことができます。それが、「専門的機械歯面清掃(professional Mechanical Tooth Cleaning=PMTC)」と呼ばれる、歯科医院で行う口の中のクリーニングです。

PMTCは歯科医院によって内容が異なるので、一般的な流れを紹介します。

(1)診察・染め出し・ブラッシング指導

まず、歯科医師が歯と歯肉の状態を観察します。その後、歯科医師または歯科衛生士が、プラークに反応する薬液を使ってプラークを染め出します。みがき残しがあると、そこに付着しているプラークがピンク色に染まり、プラークが多いほど色は濃くなります。鏡を使ってこの状態を患者に見せ、どこにプラークが着いているかを目で確認してもらいながら、みがき残しを出さない歯みがきの方法を指導します。

(2)スケーリング(歯石除去)

スケーラーという器具を使って、歯石を取り除きます(図1)。

(3)歯面清掃(プラークやステインの除去)

回転式のブラシなど何種類もの専門の器具を使って汚れを落とします。強力なジェット水流を歯に吹き付ける方法もあり、使用する器具の名前から「ジェットクリーニング」や「エアーフロー」などと呼ばれています。歯みがきでは十分に落とせない歯肉縁下プラーク(歯と歯ぐき間のポケットの中のプラーク)もステインも、ほとんど落とすことができます(2)。その後、研磨剤を使って歯の表面を滑らかにします。こうすることでプラークやステインが付きにくくなります。

(4)仕上げ

むし歯を予防するために、歯の表面をフッ化物でコーティングします。歯につやを出すための施術が行われることもあります。

図1 スケーリング

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

図2 ステインクリーニング(ジェットクリーニング)

図2 ステインクリーニング(ジェットクリーニング)

定期的なクリーニングでいつもきれいな歯に

PMTCはスウェーデンの歯科医師が提唱した予防歯科医療の施術です。予防なので、むし歯や歯周病などがない人を対象にしています。

スケーリングや歯面清掃は歯周病の治療でも行われるので、違いがわかりにくいかもしれません。歯周病の治療で行うスケーリングや歯面清掃の目的は病気の進行を止めることにあり、審美面は考慮されていません。一方、口の中が健康な人が受けるPMTCは、むし歯や歯周病の予防が第1の目的ではありますが、ステインの除去など審美面の効果も大きいものがあります。

PMTCを受けて口の中がきれいになっても、その効果はずっと続くわけではありません。髪のケアのために定期的に美容院に行くように、お口も定期的なクリーニングが必要です。一般に、効果が続くようにするには半年に1度、PMTCを受けることが望ましいといわれています。

 

《参考資料》

加藤熈(編著), 歯科衛生士のための最新歯周病学. 医歯薬出版 2018

48
Return Top