湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックにした部分が痛いのはなぜ?

オールセラミックの歯が痛いのは神経が過敏になっているためです


オールセラミックで歯の被せものをするときは、自分の歯を削らなければなりません。歯を削るときに機械の振動により、歯の神経にダメージが加わることがあります。

施術後に歯が傷む場合は神経が敏感になっているためです。ダメージを負った神経も少しずつ回復してくるため、しばらく様子を見ましょう。

施術後に痛みが出るようなら、鎮痛薬を使って痛みを和らげることができます。

セラミックの高さが合っていない可能性があります

数日様子を見ても痛みが和らぐことがないなら、オールセラミックの被せものの高さが合っていない可能性があります。オールセラミックの被せものは、3Dデータを利用しできるだけ正確に作成します。

しかし微妙なズレが生じることもあるため、噛み合わせに問題が出て痛みが出ることがあるでしょう。歯の被せものをした際には、お客様の感覚を頼りに高さを調節しなければなりません。

施術中は高さに違和感がなくても、その後に問題を感じるようなら受診して高さを調節してもらいましょう。被せものの高さが高い場合は、歯の周囲にある歯根膜を刺激して痛みが出ます。

歯根膜は歯と歯を支えるクッションの役割をする部分です。噛み合わせが悪いと少しずつ歯根膜にダメージがかかり、痛みを感じるようになります。

高さに問題がある場合でも、削って高さを調節すれば痛みは気にならなくなります。オールセラミックの施術後に数日くらい使ってみて高さに違和感がある場合や、歯に痛みを感じる場合は受診して調節してもらってください。

痛みが治らない場合は他のトラブルが考えられます


オールセラミックの施術後に多少痛みが出ても様子を見て治るようなら問題はありません。しかし日を追っても痛みが軽減されることはないなら、神経が過敏になっている以外の原因が隠れている可能性があります。

オールセラミックで虫歯の施術して神経も残した場合は、歯髄炎になっているのかもしれません。残った虫歯が神経まで及ぶと神経は弱っていき、冷たいものや熱いものを食べた刺激を感じるようになります。

神経を抜くと歯がもろくなるため、弱っていても残す処置をすることが多いです。しかし弱っている神経が虫歯で侵されていくと、歯髄炎に発展します。

歯髄炎になった場合は、噛まなくても痛みが出ます。鎮痛薬を飲んで痛みを軽くしながら、早めに施術を受けるようにしましょう。

神経が傷んでいる場合は神経を除去する施術が多いです。さらに歯髄炎が進行すると神経の根まで炎症が進み、歯根膜炎になります。

神経を取った歯でも歯の根に炎症が生じることがあるため、痛みが続くようなら早めに受診してください。施術を受けるまでの間は、鎮痛剤の服用や冷やして対処しましょう。

歯周病が隠れていることもあります

噛むと痛い、噛まなくても痛い場合は、歯周病が隠れている可能性もあります。歯茎をよくみてみると腫れていたり、歯磨きの際に出血したりするなら、歯周病の可能性が高いでしょう。

歯周病は30代の約80%がかかっているともいわれる国民病です。目立った症状がなくても、知らないうちに症状が進行していることがあります。

歯周病は細菌感染の一種で、進行すると歯を失う最大の理由になります。毎日の歯磨きで歯と歯茎の間に磨き残しがあると、歯周組織に炎症がおこり少しずつ進行していく感染症です。

日々きちんと歯磨きをしていても、歯垢や歯石はどうしてもついてしまいます。毎日適切なブラッシングで清潔を保ちながら、歯医者で歯石除去のケアも必要です。

歯肉に腫れが出ている場合は抗生剤を服用して施術をすすめていきます。人工の被せものはどんなに精密に作られていても、その後のケアで歯周病になりやすいため注意が必要です。

歯と被せものの間にプラークが溜まりやすいため、定期的に歯医者で歯のクリーニングをしてもらうようにしましょう。歯周病が進行すると抜歯しなければならない場合もあります。

進行させないためには予防が一番重要で、正しいブラッシングと歯医者でのケアが欠かせません。

(まとめ)オールセラミックにした部分が痛いのはなぜ?

1.オールセラミックの歯が痛いのは神経が過敏になっているためです

オールセラミックでの施術は自分の歯を削らなければなりません。歯を削る際に機械の振動で神経にダメージがかかると、施術後に痛みが出ることがあります。

少し様子を見て治るようなら問題はありません。

2.セラミックの高さが合っていない可能性があります

オールセラミックの被せものをして痛みが出た場合は、高さが合っていない可能性があります。高すぎると歯根膜にダメージがかかって痛みが生じやすいためです。

もう一度受診して高さを調節してもらうと、痛みは気にならなくなります。

3.痛みが治らない場合は他のトラブルが考えられます

オールセラミックと虫歯の施術を同時にやったなら、神経まで虫歯が及んで歯髄炎になったのかもしれません。神経まで虫歯が進行すると神経を取る施術が多いです。

歯の神経を抜いている場合でも根の部分に炎症がおきている場合もあります。

4.歯周病が隠れていることもあります

歯茎が腫れている場合や、歯磨きで出血するようなら歯周病を疑いましょう。歯周病は30代で約80%がかかっているともいわれる国民病です。

人工の被せものでも間に汚れが溜まるため、歯医者での適切なケアを心がけてください。

352
Return Top