湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎が見える口元は虫歯にかかりやすい?

歯茎が見える口元は口が乾燥しやすい場合もあるため、虫歯にかかりやすいといえます


歯茎が見える口元では口を閉じにくい場合が多く、いつも口を開けていることで口内が乾燥してしまいます。

口内が乾燥していることで口の中を清潔に保つための唾液が減少してしまうため、細菌が増えやすくなります。

そのため虫歯になりやすくなるだけでなく、歯周ポケットで細菌が増殖することで生じる歯周病や、雑菌による口臭も起きやすくなるといえます。

歯茎が見える口元は歯茎だけでなく歯並びや骨格が原因の場合があります

笑うと歯茎が見える口元はガミースマイルといわれています。

ガミースマイルには歯茎が数mm余分に歯に被り、上唇が上がりすぎるため歯茎が見えるという軽度の状態や、歯が外側を向いているなどの歯並びから生じている状態、顎の大きさのバランスが悪いために生じている状態などさまざまなケースがあります。

歯並びなどに大きな問題がなく、歯茎が歯に被っているだけの軽度なガミースマイルには、口内の乾燥などのデメリットが少ないこともあります。

しかし、歯並びや骨格が原因の場合には、かみ合わせが悪いために口を閉じることが難しくなってしまう場合も多いといえます。

普段から口が開いている状態が続けくと、口内環境が悪化して口臭の発生や虫歯、歯周病になってしまう可能性がでてきます。

そして、歯並びが悪いことで歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、歯磨きの時に磨き残しが生じやすくなります。

虫歯や歯周病にならないためには、磨き残しが生じないよう、正しく丁寧な歯磨きを行う習慣をつけたり、口を開けたままにしないように気をつけたりすることが大切といえます。

虫歯などが進行することで歯を失う可能性もあります


ガミースマイルはさまざまな原因から引き起こされる可能性があります。

特に歯並びなどが原因のガミースマイルの場合には、磨き残しなどから虫歯や歯周病にかかりやすくくなるといえます。

ただの虫歯だからと治療を後回しにしてしまうとどんどん進行してしまい、歯の表面のエナメル質から内部の象牙質、歯の奥の神経にまで虫歯のウイルスが侵入してしまいます。

虫歯が神経に到達するとかなりの痛みも発生し、内部からさらに虫歯が広がって最終的には抜歯をしなければならなくなります。

歯周病になった場合には、歯周ポケットに多くの細菌が入り込み歯茎が腫れて出血するようになり、口臭が発生するようになります。

歯周病が進行すると、歯を支える歯槽骨がだんだんと溶けていき、歯がぐらぐらと動くようになるなど治療をせずに放っておくと最悪の場合には抜歯が必要になります。

大切な歯を失う原因となる虫歯や歯周病になりやすくなる可能性もあるため、ガミースマイルでお悩みの時には、改善するための方法について医師に相談をした方がいいでしょう。

歯茎が見える口元の改善には歯肉形成や歯科矯正などの施術が適しているといえます

笑った時に歯茎が見える口元の場合、歯茎が見えるようになっている原因に働きかける施術で改善が期待できます。

歯茎が原因のガミースマイルには、歯に被っている余分な歯茎を切除する歯肉整形の施術が適しているといえます。

歯肉整形では歯周ポケットの幅まで1~3mmほど歯茎の縁を切除することが可能です。

施術後に腫れも少なく、施術当日から通常の食事も可能になるなど日常生活に支障が少ないため、気軽に受けやすい施術といえます。

上唇が上がりすぎる場合にはボトックス注射などの施術で強すぎる筋肉を抑えることで改善が期待できます。

周囲から気づかれずに施術が受けられるのですが、持続性がないため継続して受ける必要があります。

歯並びが原因になっている時には、歯並びを改善するための歯科矯正やセラミック矯正などの歯並びを整える施術が適しています。

歯科矯正は数年間矯正装置をつけて徐々に歯の歯並びを整える施術です。

自分の歯を残せますが長期間矯正装置をつける必要があります。

セラミック矯正は自分の歯を削って上から丈夫で審美性の高いセラミックの人工歯を被せる施術です。

仮歯を使用するので周りにばれず、数ヶ月で施術が完了します。

(まとめ)歯茎が見える口元は虫歯になりやすい?

1.歯茎が見える口元は口が乾燥しやすい場合もあるため、虫歯になりやすいといえます

歯茎が見える口元は口を閉じにくい場合が多いため、普段から口を開けて口内が乾燥していると唾液が少なくなり口内の細菌が増えやすくなります。

細菌が増殖すると虫歯や歯周病、口臭などが生じやすくなるといえます。

2.歯茎が見える口元は歯茎だけでなく歯並びや骨格が原因の場合があります

歯茎が見える口元はガミースマイルといわれ、歯茎が歯に被っているだけの軽度な状態から歯並びや骨格が原因でかみ合わせにも問題がある状態までさまざまです。

口を開ける癖や歯磨きなどケアのしづらい歯並びの場合には虫歯や歯周病になりやすいといえます。

3.虫歯などが進行することで歯を失う可能性もあります

ガミースマイルにはさまざまな原因がありますが、歯並びなどが原因の場合には磨き残しなどから虫歯や歯周病になりやすく、進行してしまうと大切な歯を失ってしまうことになります。

4.歯茎が見える口元の改善には歯肉形成や歯科矯正などの施術が適しているといえます

ガミースマイルには、その原因に働きかける施術での改善が期待できます。

歯茎の幅だけを改善するためには歯肉整形、上唇の筋肉にはボトックス注射、歯並びには歯科矯正やセラミック矯正などの施術が適しているといえます。

1093
Return Top