湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

前歯の歯茎が見えるのはどうして?

前歯の上の歯茎が見えるようになる原因は歯茎や歯並びなどのためです


笑顔になったときに上の前歯の歯茎が見えすぎる口元は、歯茎や上唇の筋肉、歯並びや顎の骨格などが原因となって生じます。

歯茎が発達しすぎて歯に被っている場合などは、歯茎が原因で歯茎が見えている状態です。

このケースは見えている歯茎の幅が少なめの、比較的軽度の場合が多いといえます。

ただ、上下で顎のバランスが悪い場合や、上の前歯が前にでている場合などは見える歯茎の幅が大きい場合もあり、根本から改善する必要があります。

笑った時に歯茎が見えている口元をガミースマイルといいます

話をしている時や笑った時に見える歯茎の幅は、数mm単位で見た目の印象が大きく変わってきます。

一般的には歯茎が3mm以上見えている場合にガミースマイルといわれる、歯茎が気になる状態といえます。

そしてガミースマイルのように歯茎が見えてしまう場合には、さまざまな原因が考えられます。

単純に歯茎が歯に被っているために、通常よりも見える歯茎の幅が広くなっているという場合もありますが、上唇を持ち上げる筋肉が強すぎるために歯茎の上まで上唇が上がってしまい、歯茎が余計に見えているという場合もあります。

そして前歯が出ている、歯の位置が下がっているなど歯並びの悪さが原因になっている場合や上顎が下顎に比べて大きく発達しているなど骨格のバランスが悪いことが原因となっている場合もあります。

歯茎や歯並び、顎の大きさなどは遺伝の場合もありますが、歯が前に出てきて上顎だけが大きい口元は、子どもの頃からの癖が原因でなる場合もあります。

普段口呼吸をする、唇をかむ、頬杖をつくなどの癖があると歯並びや顎に影響が出てしまうことがあるので、なるべく行わないように気をつけましょう。

歯茎が見える口元の場合にはデメリットが生じることがあります


ガミースマイルで笑った時などに見えている歯茎の幅が通常よりも広いと、周囲からの見た目が気になる場合があります。

さらに歯並びや顎の大きさなどが原因のガミースマイルは、歯茎が見えること以外のデメリットが生じることがあります。

歯並びが原因のガミースマイルで上の前歯が前に出ている口元は、前歯が外向きに出っ張っているために口をずっと閉じていることが難しくなりがちです。

気がついたら口が少し開いていたということが多い場合には、口の中が乾燥しやすくなってしまうことになります。

すると、細菌が増殖して虫歯や歯周病になりやすくなり、口臭も発生しやすくなるというデメリットが生じます。

全体的に歯のかみ合わせが悪い時には多くの問題が生じることがあります。

歯のかみ合わせが悪いとをかむ時の力のバランスが偏ってしまうため、ものをかむたびにだんだんと顎の歪みが生じてきてしまい、顎関節症になる可能性もでてきます。

そして、かみ合わせの悪さによるバランスの崩れは、顔や肩、首などの筋肉に影響を及ぼして、頭痛や肩こりなど全身の不調に繋がることもあるのです。

前歯の歯茎が見える口元は歯科矯正や歯肉整形などで改善が期待できます

特に歯並びに問題がなく、歯に歯茎が被っているだけのガミースマイルは歯肉整形での改善が期待できます。

歯肉整形では歯周ポケットの範囲内の歯茎を2~3mmほど除去する施術が受けられるので、数mmの違いで一般的な歯茎の幅に近づける場合に適した施術といえます。

施術後の腫れがほとんどなくからだへの負担が少ない施術ですが、歯茎が後戻りする可能性もあるので、後戻りをしないようにラミネートベニアの施術を同時に受ける場合もあります。

歯が出ているなどの歯並びが原因で歯茎が見えている場合や、上顎が大きいために歯茎が見えている場合などには、その原因を取り除くための施術が適しているといえます。

歯並びを改善する施術には歯科矯正やセラミック矯正などが挙げられます。

矯正期間は歯並びの状態にもよりますが矯正装置を数年間装着して歯並びを改善する歯科矯正や、短期間で施術が完了し、歯を削って自然で審美性の高いセラミックの被せ物をするセラミック矯正で歯並びの改善が期待できます。

上顎の骨格が大きすぎる場合などには、セットバック法などのような外科的な施術で上下の骨格の大きさを揃える必要があります。

(まとめ)前歯の歯茎が見えるのはどうして?

1.前歯の上の歯茎が見えるようになる原因は歯茎や歯並びなどのためです

笑顔になったときに上の前歯の歯茎が見える口元は、歯茎や上唇の筋肉、歯並びや顎の骨格などが原因で生じています。

歯茎のみが原因の場合には比較的軽度の状態が多く、骨格や歯並びが原因の場合には歯茎の見え方が大きい場合もあります。

2.笑ったときに歯茎が見えている口元をガミースマイルといいます

話をしているときや笑ったときに見える歯茎の幅が3mm以上ある場合にはガミースマイルの口元といわれます。

ガミースマイルになる原因はさまざまありますが、歯並びや顎の大きさが原因の場合、遺伝のほかに日常の悪い癖が元になっている可能性もあります。

3.歯茎が見える口元の場合にはデメリットが生じることがあります

ガミースマイルで歯茎が見えていると、周囲からの見た目が気になる場合があるでしょう。

さらに、歯並びや骨格などが原因のガミースマイルの場合には、虫歯や歯周病になりやすくなり、頭痛や肩こりなど全身の不調に繋がることもあります。

4.前歯の歯茎が見える口元は歯科矯正や歯肉整形などで改善が期待できます

歯に歯茎が被っているだけのガミースマイルでは余分な歯茎を切除する歯肉整形での改善が期待できます。

歯並びや顎の骨格が原因のガミースマイルの場合には歯科矯正やセラミック矯正、セットバック法などの方法が適しているといえます。

1413
Return Top