湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

上顎が前に出ていて歯茎が見えるときの改善策は?

上顎の突出により歯茎が見える場合は、歯列矯正やセットバック法などが効果的です


上顎の骨が突出し、前歯も前にでてさらに歯茎が目立って見える、いわゆる出っ歯の改善には歯列矯正が効果的です。

前歯を正しい位置に整えることで、上唇を引っ張る力が弱まり、歯茎が見える範囲も狭くなるからです。

ただ、上顎が著しく突出しており歯列矯正では対応しきれない場合は、上顎の骨を切って後ろに移動させるセットバックという処置で改善できる可能性があります。

上顎の突出により目立つ歯茎の改善は、歯列矯正で対応できる場合もあります

歯茎が目立って見えるのは、上顎が正常な位置から前に突出することによる出っ歯が要因の場合もあります。

具体的には、上顎の骨格が下顎よりも大きいもしくは、下顎の骨格が上顎よりも小さすぎることが原因とされています。

顎の骨格は遺伝による場合もありますが、肘をつく癖や舌で上の前歯を押す癖などが要因ともなります。

出っ歯になると、特に口を開いた時に上唇が強く上に引っ張り上げられるので前歯のみならず、歯茎まで目立ちやすいのが特徴です。

上顎の突出程度がさほど大きくなければ、歯列矯正により前歯を正常な位置に戻し、歯茎を目立たなくすることは可能です。

歯列矯正といっても、ブランケットという専用器具を装着するワイヤー矯正だと時間もかかる上に、歯磨きがしづらいなどのマイナス面が多いとされています。

しかし、セラミック矯正であれば、そういったデメリットがありません。

施術期間も短く、器具を装着する必要もないセラミック矯正は非常におすすめな施術だとます。

歯を削って支柱を作り、そこへ色や形を揃えて作ったセラミック製の人工歯を入れるため、審美性が高い施術としても有名です。

上顎がかなり突出していると、セットバック法が適している場合もあります


一方で上顎が大きく前に突出している場合などは、歯列矯正のみでは出っ歯や歯茎の見え方を改善できないことがあります。

その場合は、上顎の骨を歯がついたままで骨切りして、出ている分を後ろに移動させるセットバック法という方法が適しているケースもあります。

セットバック法は外科的な施術であり、手術によるものなので全身麻酔が行われることがほとんどです。

事前に上顎を移動させる範囲や顎のラインなどを調整し、バランスに自然なラインを決めた上で行われるので安心できます。

下顎の骨格の形状や大きさを考慮して、下顎の骨も上と一緒に、もしくは上下別々で移動させた方がよい場合もあります。

また、上の前歯が外側に向かって生えている場合は、セットバック法のあとに歯列矯正が必要となってくる可能性もあるでしょう。

骨格を移動させるという大がかりな処置にはなりますが、根本的な上顎の突出改善ができるため、とても画期的な方法だとます。

上顎の突出を放置することで口腔内の健康を損なう可能性があります

上顎の突出による出っ歯や、歯茎が目立つという状態を放置すると、見た目の審美性に欠けるだけでなく、口腔内の健康にもリスクが生じます。

まず、口が閉じにくくなるので歯茎や舌などが渇きやすく、ドライマウスに陥る可能性があります。

さらにドライマウスになり唾液腺の機能低下が生じると、口腔内をきれいに保つ自浄作用のある唾液の分泌量が減ります。

その結果、口腔内の汚れが洗い流されず、雑菌が繁殖してかなり不潔な状態が続けきます。

すると虫歯や歯周病などが進行しやすいリスクが高まります。

そして、出っ歯のせいで口がしっかり閉じないので、特に寝ている時に口呼吸になりやすく、喉が乾燥してイガイガし、細菌が侵入して炎症を起こすこともあります。

また、上の前歯が突出しているので上下の歯のかみ合わせバランスが悪く、食べ物が咀嚼しづらいことによって消化不良などを起こしやすいとされています。

ほかにも、唇や舌が動かしにくいので発音しづらい言葉があるなど、さまざまな弊害が生じる可能性があるので、早めに改善されることをおすすめします。

(まとめ)上顎が前に出ていて歯茎が見える時の改善策は?

1.上顎の突出により歯茎が見える場合は、歯列矯正やセットバック法などが効果的です

上顎や前歯が外に突出している出っ歯は、口を開けると特に歯茎が目立って見える場合が多いものです。

出っ歯や上顎の突出を改善し、歯茎を自然な感じで見せるには前歯の矯正を行って歯列を整えて、上顎の骨を後ろに動かすセットバックなどの方法があります。

2.上顎の突出により目立つ歯茎の改善は、歯列矯正で対応できる場合もあります

出っ歯により歯茎が広範囲に見える場合、上顎の突出がさほどなければ、前歯の矯正により歯列を整えることで歯茎が目立たなくなります。

歯列矯正は、セラミックの人工歯を装着する審美性の高いセラミック矯正がおすすめです。

3.上顎がかなり突出していると、セットバック法が適している場合もあります

出っ歯であっても上顎の骨がかなり前に突出している場合は、上顎の骨を切って後方に引っ込めるセットバック法がよい場合もあります。

歯列矯正でも改善しにくい出っ歯を根本的に解消し、歯茎に自然な見え方になる施術法です。

4.上顎の突出を放置することで口腔内の健康を損なう可能性があります

上顎の骨や前歯の突出による出っ歯を放置すると、見た目にも美しさに欠けるだけではなく、口腔内の健康に弊害が生じる場合があります。

口が閉じないのでドライマウスになって虫歯などが進行して、口呼吸になって喉を痛めることとなどが挙げられます。

1707
Return Top