湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

下顎の歯茎が腫れて見えるのはなぜ?

下顎の歯茎が腫れて見えるのは親知らずが原因です


下顎の歯茎が腫れて見える場合、目に見えない親知らずが原因となっている可能性があります。

歯茎の中に埋没し、横向きや斜めになって生えてしまった親知らずが歯茎を圧迫し、痛みや炎症などのトラブルを引き起こします。

親知らずが生える時期は20歳前後といわれていますが、何らかの理由によって生えてこないケースもあります。

親知らずによるトラブルはそのまま放置しても改善されないので、医師による施術を受けることが必要です。

親知らずとは奥歯の一番後ろに生える大臼歯のことです

親知らずは大臼歯の中で一番奥に生えてくる歯であり、中切歯から数えて8番目の歯に当たります。

智歯(ちし)とも呼ばれることもありますが、親に知られることなく生えてくる歯という意味から、親知らずと呼ばれるようになったとわれています。

永久歯の中で最も遅く発育し、他の永久歯が15歳前後で生えそろうのに比べて、親知らずは20歳前後にようやく生えてきます。

一般的に親知らずは上顎の左右2本と下顎の左右2本を合わせた計4本存在しますが、親知らずが全く生えてこない人や3本以下の人など個人差があります。

親知らずは他の永久歯と比較すると複雑な生え方をするケースがしばしば見られます。

理由としては生えてくるためのスペースが足りないことや、生える方向が垂直ではないことが挙げられますが、そのため歯茎に埋まった状態で生えてしまったり、横向きに傾いて生えてしまったりすることがあります。

このような親知らずの埋没、または本数が少ない状態になることは現代特有の退化現象ではなく、遥か昔から珍しくないことであったとわれています。

硬いものよりも柔らかいものを好み、顎が発達しにくくなった現代人に親知らずの埋没や先天的欠損が多いのは事実ですが、クロマニヨン人がいた時代からすでに珍しくない現象であったとされています。

親知らずの埋伏や欠損は長い時を経て受け継がれているものなのです。

親知らずによって歯と歯茎にトラブルが生じることがあります


親知らずはその生え方の特徴から、歯茎のトラブルを招くことがあります。

歯茎に完全に埋没して部分的に歯茎を被った状態で生えたせいで歯磨きが行き届きにくく、歯茎の炎症を起こしやすい傾向があります。

智歯周囲炎と呼ばれるこの炎症は親知らずが生え始める20歳前後の人が発症することが多く、周囲の軟組織や顎の骨に広がると顔が腫れたり、口の開閉がしづらくなったりすることもあります。

智歯周囲炎の疑いがある場合はなるべく早いタイミングで審美歯科などのクリニックを受診しましょう。

化膿止めや痛み止めの投与、歯茎の切除などの施術を行いつつ様子を見ることもありますが、親知らずの生える方向や炎症の状態によっては抜歯した方がよいと診断されることもあります。

歯肉整形は症状によっては多少大がかりな施術となる場合もあるため、実績のある信頼できる医師に相談するようにしましょう。

抜くべき親知らずと抜かない方がよい親知らずがあります

親知らずは必ず抜くものというわけではなく、場合によっては抜かない方がよいこともあります。

抜歯は腫れや痛みを伴うこともあるため、親知らずの施術を考えているのであれば事前に医師と相談するようにしましょう。

抜いた方がよい親知らず

親知らずが虫歯になっているのであれば、速やかに抜歯をした方がよい場合があります。

長期間放置すると親知らずだけでなく、周囲の歯にまで虫歯の影響が出てしまいます。

また親知らずが横向きに埋まっている時も抜いた方がよいとされることがあります。

歯茎の炎症だけでなく歯の根が浸食されることがあるため、抜歯をした方がダメージが少なくて済みみます。

抜かない方がよい親知らず

親知らずが上下できちんと垂直に生え、かみ合わせにも問題なければ抜く必要はありません。

顎の骨に完全に親知らずが埋まっている場合も、周りの歯や骨に悪影響を与えないと診断されれば抜歯はしません。

(まとめ)下顎の歯茎が腫れて見えるのはなぜ?

1.下顎の歯茎が腫れて見えるのは親知らずが原因です

下顎の歯茎が腫れて見えるのは、歯茎に埋没した親知らずが原因である可能性があります。

横向きや斜めに生えた親知らずが歯茎を圧迫することによって、歯茎に痛みや炎症をもたらします。

親知らずが原因のトラブルを改善するには、医師の施術を受けましょう。

2.親知らずとは奥歯の一番後ろに生える大臼歯のことです

親知らずは大臼歯の中で最も奥に生えてくる歯であり、また生える年齢が最も遅い歯です。

上顎の左右2本と下顎の左右2本を合わせた計4本存在するのが一般的ですが、生えてこない人や本数が少ない人もいるなど個人差があります。

3.親知らずによって歯と歯茎にトラブルが生じることがあります

親知らずは複雑な生え方をすることがあり、歯茎の炎症などのトラブルを招くことがあります。

智歯周囲炎は20歳前後の人が発症することが多く、周囲の軟組織や顎の骨に広がると顔の腫れ、口の開閉がしにくいなどの症状があらわれます。

4.抜くべき親知らずと抜かない方がよい親知らずがあります

親知らずは必ず抜くわけではなく、状態によっては抜かずに様子を見ることもあります。

親知らずが虫歯になっている場合は抜歯することもありますが、生え方が垂直でかみ合わせなどに問題がなければ経過観察となることもあります。

512
Return Top