湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎が下がって見えるのはどうして?

歯茎が下がって見えるのは歯肉退縮が原因です


歯茎が下がった状態のことを歯肉退縮(しにくたいしゅく)といえいます。

歯と歯茎の境目が歯の根元へ向かって移動したために、歯茎が下がったようになり、歯が長く見えるのです。

歯茎は歯を支える役割をしているため、歯茎が痩せたり下がったりすると、歯を支えることが難しくなってしまいます。

歯肉退縮は加齢とともに発症しやすいと考えられており、歯茎のトラブルの中でも発症例の多い症状です。

歯茎が下がってしまう原因があります

歯茎が下がって見えるのにはいくつかの原因が考えられます。

歯茎が下がると歯の根元が弱くなり、次第に歯そのものが弱くなってしまうことに繋がるので注意が必要です。

かみ合わせによるもの

歯のかみ合わせが悪いと一部の歯に負担がかかってしまうため、その圧力が原因となって歯茎下がりが生じることがあります。

かみ合わせを正常にするには審美歯科などで歯列矯正の施術を行うことが効果的です。

歯茎の下がり方が気になってきた時は、速やかに医師に相談するとよいでしょう。

歯肉炎や歯周病によるもの

歯肉炎は歯茎の腫れや出血を引き起こし、発症すると徐々に歯茎が下がっていきます。

このまま歯肉炎が悪化して歯茎の中の骨まで達してしまうと歯周病となるため、日頃から定期検診を受けることが大切です。

歯周病は遺伝によってなってしまう場合もありますが、他の人から病原菌をもらってしまったり、喫煙が歯茎を痩せさせたりすることで発症することもあります。

歯磨きによるもの

毎日歯磨きを行うことはとても大切ですが、誤った磨き方を続けていると歯茎が下がる原因になることがあります。

力を入れて磨いた方が汚れが落ちた感じがするからといってゴシゴシと強く磨くのは、歯茎にとってよくありません。

歯ブラシで歯茎を傷つけてしまい、歯茎下がりを進行させてしまうことになりかねません。

加齢によるもの

年齢を重ねるごとに歯茎は衰えていき、だんだんと下がっていく傾向にあります。

歯茎の筋肉を鍛えることで歯茎下がりを抑える効果が期待できます。

歯茎下がりの症状が気になるのであれば、施術や対策法について医師に聞いてみましょう。

歯茎が下がることで知覚過敏になることがあります


冷たいものが歯にしみたり、歯ブラシの先が当たった時に痛みが起こったりする症状を知覚過敏と呼びます。

歯茎が下がったことで象牙質が露出した歯の根の部分に痛みが生じます。

象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、象牙細管と呼ばれる細い管が通っています。

飲食物による温度や歯磨きによる摩擦で刺激を受けると、象牙細管内にある内容液が移動することによって歯髄神経に痛みを伴います。

歯茎が下がった部分は過敏になっており、少しの刺激でも痛みとなって表れやすいため、甘味や酸味の強いものが知覚過敏を起こすこともあります。

痛みは一過性であり、刺激の原因となるものがなくなれば痛みも消失しますが、稀に歯磨きができなくなるほどの激痛が起こる場合もあるため注意が必要です。

歯茎下がりを抑える対策について学びましょう

自宅でできる歯茎下がりの対策法として有効なのは、正しい歯磨きの仕方を身につけることです。

まずは自分自身で予防しようという意識を持ち、歯磨きの際は以下のことに気をつけてみましょう。

  • 力を入れすぎないように適度な力でブラッシングを行いましょう
  • 歯ブラシは大きく動かさず、小さく動かすようにしましょう
  • 歯肉退縮が起こている部分に対しては、歯の根元近くに付着している歯垢を丁寧に掻き出しましょう
  • 自分の歯茎に合った歯ブラシを使用し、固すぎる歯ブラシを使うのをやめましょう

誤った磨き方を続けていると、歯垢の除去が不完全となります。

残留した歯垢はやがて虫歯や歯周病を誘発し、痛みや刺激のせいで歯磨きがしづらくなり、歯垢をますます溜め込んでしまうことに繋がります。

上記はあくまでセルフケアとなりますので、根本的な歯茎下がりの改善については、専門の医師の施術を受けることをおすすめします。

(まとめ)歯茎が下がって見えるのはどうして?

1.歯茎が下がって見えるのは歯肉退縮が原因です

歯茎が下がった状態を歯肉退縮とい、加齢と共に発症しやすいと考えられています。

歯と歯茎の境目が歯の根元に向かって移動したことで歯茎が下がって見えたり、歯が長く見えたりします。

2.歯茎が下がってしまう原因があります

歯茎が下がって見える主な原因として、次のものが挙げられます。

かみ合わせの悪さ、歯肉炎や歯周病、誤った歯磨きの仕方、加齢です。

歯茎下がりが気になるのであれば、改善するための施術や対策法について医師に相談してみましょう。

3.歯茎が下がることで知覚過敏になることがあります

食事や歯磨きの際の刺激によって歯や歯茎に痛みが起こる症状を知覚過敏といます。

知覚過敏は歯茎が下がったことで象牙質が露出し、歯の根の部分に痛みが生じます。

痛みは一過性のものですが、時に歯磨きに支障をきたすほどの激痛となることもあります。

4.歯茎下がりを抑える対策について学びましょう

自宅で行える歯茎下がりの対策法は、正しいやり方で歯磨きをすることです。

自分の歯茎に合った歯ブラシを用いて適度な力加減でブラッシングをし、歯垢を丁寧に取り除くことを意識してみましょう。

248
Return Top