湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎や歯根が見えるのを改善する方法とは?

歯茎や歯根が見えるのを改善するには矯正や歯肉整形が効果的です


歯茎が見えすぎる症状を「ガミースマイル」と呼び、この症状に関しては、歯列矯正や歯肉整形を行うことで改善が可能といわれています。

歯根が見えるのは歯並びや間違った歯磨き、歯周病などの原因により歯茎が下がっている状態だといえます。

歯茎が下がりすぎてしまうと、元に戻すのが難しいといわれています。

そのため、歯茎下がりの原因を解消することが大切になります。

歯茎や歯根が見えるのを改善する方法はいくつかあります

話をする時はもちろん、笑った時に特に注目されるのが歯茎です。

歯茎が見えすぎてしまったり、歯根が露出してしまっていたりすると、相手にマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

では、歯茎や歯根が見えるのを改善するにはどのような方法があるのでしょうか。

ガミースマイルの場合は歯列矯正や歯肉整形が効果的です

歯茎が見えすぎる状態を「ガミースマイル」と呼びます。

軽度であれば笑い方を工夫することで歯茎の露出を抑えることが可能ですが、長期的なセルフトレーニングが必要となります。

早期に改善したい方は、歯列矯正を受けることでガミースマイルを解消することが可能です。

また、歯茎の大きさが原因で歯茎が目立っているケースでは、歯肉整形を受けることで歯茎を切除する必要があります。

ガミースマイルは将来的に歯周病を引き起こす可能性があるとされているため、改善することが推奨されています。

歯茎下がりはオーラルケアで改善しましょう

歯茎下がりはさまざまな原因で起こりますが、歯並びが原因の場合は歯列矯正で予防することが可能です。

ほかにも、歯を磨く時に力を入れすぎないこと、歯周病の治す施術を行うことも歯茎下がりを食い止めるには大切だといわれています。

歯茎下がりが重症化する前に原因の解消を行いましょう


歯茎下がりで歯根が見えるのは、歯並びの悪さや間違った歯磨き、歯周病などが原因だといわれています。

歯茎下がりは一度起こってしまうと、自然に元に戻ることはないと考えられています。

そのため、歯茎が下がり歯根が見えてしまうと、元に戻すのが難しいといえます。

早期の段階で進行を抑える必要があるでしょう。

歯肉整形では歯茎を切除することや歯茎のラインを整えることは可能ですが、下がってしまった歯茎を元に戻すことは難しいと考えられています。

下がってしまった歯茎を元に戻すには、遊離歯肉移植や結合組織移植と呼ばれる移植手術を受けなければならないとされています。

これらの移植手術は歯茎再生と呼ばれており、5~10万円程度が相場と非常に高額です。

歯茎下がりが重症化する前に、原因となる歯並びや間違ったオーラルケア、歯周病の改善を積極的に行っていきましょう。

歯茎が見えすぎるガミースマイルは歯周病の原因のひとつと考えられるため、該当する方はガミースマイルの改善を行うことで歯茎下がりを予防できる可能性があります。

歯周病は重度になると全身の病気に繋がります

ガミースマイルが原因のひとつとして挙げられる歯周病は、重度になると歯槽膿漏と呼ばれる症状に進行してしまいます。

歯周病の初期段階では症状がほとんどないため、進行してからはじめて症状に気がつくというケースも少なくありません。

歯槽膿漏にまで進行してしまうと、以下のような症状などがみられるようになります。

  • 歯茎に痛みが出る
  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎から血の膿が出る
  • 歯がぐらつく
  • 歯が長く見える
  • 口臭が発生する
  • 歯並びが悪化する

歯周病はお口のトラブルだけでなく最悪の場合、全身の病気に繋がる恐れもあるといわれています。

例えば、肺炎や糖尿病、心筋梗塞などのリスクを高める可能性があります。

このような全身病に繋がる理由としては、歯周病菌が歯茎を通じて血管に到達し、全身を巡っている血液を汚染してしまうことがあるからです。

また、歯周病が原因で早産や低体重児出産のリスクを高めるという研究結果も発表されています。

このことから、ガミースマイルは審美的な面だけでなく、健康面でもデメリットの大きい症状だと考えられています。

(まとめ)歯茎や歯根が見えるのを改善する方法とは?

1.歯茎や歯根が見えるのを改善するには矯正や歯肉整形が効果的です

歯茎が見えすぎる「ガミースマイル」は歯列矯正や歯肉整形で改善することが可能です。

歯根の露出は歯茎が下がっている状態により起きていると考えられるため、歯茎下がりの原因を解消することが改善方法といえるでしょう。

2.歯茎や歯根が見えるのを改善する方法はいくつかあります

歯茎が見えすぎる状態は、軽度の場合セルフトレーニングで改善することができますが、歯列矯正や歯肉整形を受ける方がより効果的です。

歯茎下がりは歯列矯正のほか、オーラルケアや歯周病の治す施術で予防することが可能です。

3.歯茎下がりが重症化する前に原因の解消を行いましょう

歯茎下がりは一度起こると元に戻すのが難しいといわれています。

歯肉整形でも下がってしまった歯茎を元に戻すことは困難なため、歯茎下がりが重症化する前に、原因となる歯並びや間違ったオーラルケア、歯周病の改善を行うようにしましょう。

4.歯周病は重度になると全身の病気に繋がります

歯周病はガミースマイルが原因の一つとされていますが、重度になると歯槽膿漏と呼ばれ、重篤な全身の病に繋がる可能性があるとされています。

そのため、ガミースマイルは審美的な面や健康面にデメリットを与えると考えられます。

1545
Return Top