湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎や歯が見えることでどんなデメリットがある?

歯茎が歯が見えることは口臭や歯周病の原因になるのがデメリットです


歯茎や歯が見えることを「ガミースマイル」と呼んでいますが、この症状の人は歯茎が乾燥しやすく、口内の菌が繁殖しやすいと考えられています。

そのため、口臭や歯周病にかかりやすいことがデメリットのひとつといえるでしょう。

また、見た目がコンプレックスになりやすいことも大きなデメリットでしょう。

ガミースマイルは歯肉整形や歯列矯正で改善が可能です。

歯や歯茎が見えることは対人関係に影響を与えます

歯茎や歯が見えることにはさまざまなデメリットがあると考えられています。

笑った時に歯茎がむき出しになる症状のことを「ガミースマイル」といいますが、具体的には歯茎が3㎜以上露出している状態のことを指します。

これを踏まえ、ガミースマイルにおいて考えられるデメリットを挙げていきましょう。

まず、ガミースマイルは歯茎がむき出しになることから見た目に特徴が表れやすくなります。

そのため、多くの方は人前で笑う時に歯茎を気にしてしまう、思い切り笑うことができない、口元をコンプレックスに感じてしまう……といった悩みを抱えているといいます。

そういった審美的なデメリットがひとつ挙げられるでしょう。

そして、ガミースマイルの人は、歯茎が乾燥しやすい傾向にあります。

歯茎が乾燥すると唾液のもつ抗菌作用や自浄作用などの効果が十分に得られないため、菌が繁殖しやすい口内環境になる恐れがあります。

口内で菌が繁殖すると、口臭や歯周病などにかかりやすくなります。

そういった口内環境の健康悪化もデメリットとして挙げられます。

このことから、ガミースマイルは対人関係に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。

歯周病が重症化すると歯や歯茎の健康が阻害されます


ガミースマイルによって歯周病を発症することがあります。

歯周病というのは、歯を支えている歯茎に炎症を起こし、組織が破壊され歯の骨が溶かされてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の直接的な原因となるのは、歯周病菌であり、歯周病菌は口内の「プラーク」に存在すると考えられています。

歯周病は軽度のものから重度のものまであり、段階を経て症状が進んでいくのが一般的です。

歯肉炎から始まり、最終的には歯周炎にまで進行していくといわれています。

軽度の状態では歯茎に炎症が起こたり腫れたりする程度ですが、重度になると炎症が進み、歯と歯茎の隙間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができてしまうことがあります。

最悪の場合、虫歯になりやすくなる、歯がボロボロになり最終的に抜け落ちる、歯茎が下がり歯の根元が見えるなどの症状がみられることがあります。

また、重度の歯周病では歯茎に黒ずみが起こるなど審美的にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、歯周病は早期に治すことが大切です。

唾液によって虫歯や歯周病を予防しているといわれています。

歯周病の治す施術と並行して、ガミースマイルの改善も視野に入れましょう。

ガミースマイルを改善する方法には歯肉整形などが挙げられます

ガミースマイルを改善する施術方法のひとつは「歯肉整形」です。

歯肉整形には歯茎の一部を切除する「歯茎部切除法」や歯茎の粘膜を切除する「粘膜切除法」などの施術があります。

歯肉整形を行うことで、ガミースマイルの特徴である歯茎の露出を抑えることが可能になるため、審美的な改善がみられるほか、歯周病の原因を取り除くことが期待できるでしょう。

歯肉整形は、特に歯茎に原因があるガミースマイルに効果的だといわれています。

「前歯が下の位置に生えている」など歯に原因があるガミースマイルの場合、歯肉整形とともに歯列矯正を行うことがあります。

これは、歯列矯正で歯を押し込んだ際、歯茎が歯に被さってしまった場合に適用されます。

ただし、上顎の骨などに原因があるガミースマイルの場合、歯肉整形だけでは改善が難しいこともあります。

上顎の骨が大きすぎる、もしくは下顎の骨が小さすぎるといったケースなどの場合、骨そのものの根本原因を治す必要が出てきてしまうのです。

顎骨に問題がある場合は、専門のクリニックによるセットバック法を用いた外科的な施術をすることで対応が可能です。

(まとめ)歯茎や歯が見えることでどんなデメリットがある?

1.歯茎が歯が見えることは口臭や歯周病の原因になるのがデメリットです

歯茎や歯が見えるガミースマイルの症状は、歯茎が乾燥しやすく口内の菌が繁殖しやすい特徴があります。

このことから、見た目に影響を与えるだけでなく、口臭や歯周病にかけりやすいといったデメリットが考えられています。

2.歯や歯茎が見えることは対人関係に影響を与えます

歯茎が3㎜以上露出している状態をガミースマイルと呼び、歯茎が露出している特徴があります。

そのため、審美的なデメリットがあると考えられています。

ほかにも、歯茎が乾燥しやすいことから口臭や歯周病の原因になりやすいこともデメリットになります。

3.歯周病が重症化すると歯や歯茎の健康が阻害されます

ガミースマイルが原因の一つである歯周病は、軽度の段階では歯茎に炎症を起こす程度ですが、重度の段階になると歯が抜け落ちたり歯茎が下がったりすることがあるといいます。

歯周病は早期の段階で治し、ガミースマイルを改善することがベターだといえます。

4.ガミースマイルを改善する方法には歯肉整形などが挙げられます

ガミースマイルを改善する方法の一つに、歯茎の一部や歯茎の粘膜を切除する「歯肉整形」と呼ばれるものがあります。

これは歯茎に原因がある場合に効果的です。

上顎の骨などに原因がある場合は、セットバック法などの施術によって改善が期待できるでしょう。

1365
Return Top