湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎が下がって歯の根元が見える原因とは?

歯茎が下がり歯の根元が見えるのは歯並びの悪さが原因のひとつです


歯茎は歯の根元を支えるためのものですから、歯茎が下がることによって歯の根元が露出しやすくなるといえます。

歯茎が下がる原因にはさまざまなものが考えられますが、そのひとつに歯並びの悪さが挙げられます。

矯正によってかみ合わせを治すことが予防法になるでしょう。

ほかにも、加齢や間違った歯のケア、歯周病なども原因として挙げられます。

歯茎が下がって歯の根元が見える原因はさまざまです

歯茎が下がってしまい、歯の根元が見えるようになってきたという時、対処法を知るためにまず原因を知らなければなりません。

歯茎が下がり歯の根元が見える原因にはどのようなものがあるのか、いくつか挙げていきましょう。

歯並びの悪さで歯茎に負担をかけている

歯並びと歯茎には一見関係がなさそうに思えますが、実際は密接な繋がりがあると考えられています。

歯並びが悪いことでかみ合わせも悪くなり、本来かむべきところでかむことができなくなるでしょう。

すると、歯茎にも負担がかかりやすくなり、結果的に歯茎が下がる原因になるといえます。

加齢により歯茎が痩せる

加齢とともに歯茎は痩せやすくなるため、年齢とともに歯茎が下がって見える、歯の根元が見えるようになってくるという方は多いといいます。

また、奥歯がない状態で長期間かみ続けることでも、歯茎に負担をかけ、痩せさせてしまう原因となります。

間違った歯のケアで歯茎にダメージを与える

歯磨きは強すぎない適度な力加減で行うことが推奨されています。

これは、歯ブラシによる歯茎へのダメージを軽減させるためだと考えられます。

ダメージを受けた歯茎が退縮してしまうと、歯の根元が見えやすくなってしまうでしょう。

歯周病は歯茎を下げる原因になります


歯茎が下がり歯の根元が見える原因には、上記でご紹介した以外にも、歯周病によるものが挙げられます。

なぜ、歯周病にかかると歯茎が下がってしまうのでしょうか?

歯周病というのは、歯周病菌と呼ばれる菌が歯や歯の根元にまで入り込んでしまうことで歯の骨を溶かしてしまう病気のことをいいます。

歯の骨は歯を支えている大切な土台となりますから、その土台が溶けることで歯茎が腫れる、出血する、歯の根元が露出するなどの症状が現れてくることがあります。

歯周病が重症化すると、歯周病菌が歯茎の組織を破壊するリスクが高まり、結果的に歯茎を下げてしまう恐れがあるとされています。

最悪の場合、歯を支える力が弱まり、歯が抜けてしまいやすくなることもあります。

歯周病にかかる原因にもさまざまありますが、笑った時や大きく口を開けた時に歯茎が出る症状の「ガミースマイル」の人は歯周病にかかるリスクが高いと考えられます。

ガミースマイルの人は、そうでない人に比べると歯茎が乾燥しやすく、細菌が繁殖しやすいといわれています。

つまり、ガミースマイルは歯周病の原因になるだけでなく、歯茎を下げ歯の根元が見える原因ともいえるのです。

クリニックで施術を受けることが歯茎下がりを予防する上で大切です

歯茎が下がって歯の根元が見えるのを予防、改善するためにはどのような方法が効果的なのでしょう。

まず、歯並びの悪さが原因の場合、歯列矯正を行うことが効果的だと考えられます。

歯列矯正の施術方法にも種類がありますが、審美性を高めるといった意味でもセラミック矯正が人気を集めています。

また、歯茎の痩せや歯茎へのダメージを軽減させるためには、普段から正しい歯のケアを行うことが大切だといえます。

虫歯や歯周病にならないためにも、歯磨きはこまめに行うように心がけましょう。

歯茎下がりの進行を食い止めるためには、虫歯や歯周病の治す施術を行い、お口の健康状態を維持することが効果的です。

歯周病の原因となるガミースマイルは歯肉整形で改善することが可能です。

歯肉整形では歯茎の露出が多い、歯茎のラインや歯の形が不揃いといった症状を解消することができるため、軽度の歯茎下がりであれば改善が期待できるでしょう。

(まとめ)歯茎が下がって歯の根元が見える原因とは?

1.歯茎が下がり歯の根元が見えるのは歯並びの悪さが原因の一つです

歯茎が下がり歯の根元が見える原因には、歯並びの悪さを筆頭に、加齢や間違った歯のケア、歯周病などが考えられます。

歯茎が下がることで歯の根元が露出してしまいやすくなるため、それぞれの原因に合った対処法を実践する必要があるでしょう。

2.歯茎が下がって歯の根元が見える原因はさまざまです

歯茎が下がって歯の根元が見える原因を知って対処法を導き出しましょう。

歯並びの悪さで歯茎に負担をかけているケース、加齢により歯茎が痩せていくケース、間違った歯のケアで歯茎がダメージを受けているケースなどが考えられます。

3.歯周病は歯茎を下げる原因になります

歯周病は歯茎が下がり歯の根元が見える原因の一つと考えられます。

歯周病の原因菌が歯の根元まで入り込むと、歯茎の組織を破壊してしまう恐れがあるからです。

笑ったときに歯茎が露出するガミースマイルの人は、歯周病にかけるリスクが高いといわれています。

4.クリニックで施術を受けることが歯茎下がりを予防する上で大切です

歯茎が下がって歯の根元が見える状態を改善するためにはクリニックで適切な施術を受けることをおすすめします。

歯並びが悪い方はセラミック矯正を行い、虫歯や歯周病の方はまずそちらを治しましょう。

ガミースマイルの方は歯肉整形を行うのがおすすめです。

3292
Return Top