湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

抜歯をして歯茎の色を元に戻すことができる?

抜歯をすることで歯茎の色を元に戻すことは可能です


歯茎の黒ずみや変色の原因にはさまざまありますが、虫歯治療の際に使用した詰め物や被せ物が一因となっていることがあります。

銀歯や歯の土台も同様で、金属の素材は、経年とともに成分が溶け出し、歯茎の色にも影響を与えてしまうと考えられています。

そのため、金属の素材を用いた差し歯を抜きセラミックに換えることで、歯茎の色を元に戻すことは十分可能です。

セラミック素材であれば歯茎の変色の心配はほとんどありません

主に保険適用で使用されている銀歯や歯の土台などには、金属の素材が使用されていることが多いです。

しかし、この金属には歯茎を変色させてしまう可能性があります。

金属は経年により成分が溶け出していくと考えられています。

歯茎は唾液により常に濡れている状態ですので、金属イオンとなった金属が歯茎の方へ溶け出していくのです。

溶け出した金属イオンが原因で歯茎を黒くさせている可能性があるのはこのためです。

特に、金属イオンの中でも銀イオンにその傾向が強いといわれています。

金属による歯茎の変色をさせないためには、金属が用いられていない差し歯や歯の土台に換えることが有効だといえます。

例えば、差し歯の中でもジルコニアセラミック(ダイヤモンドセラミック)やオールセラミックといったセラミック素材であれば、金属を一切使用していません。

金属により歯茎が黒ずんで見える原因の一つに、歯茎から金属が透けて見えていることが挙げられます。

上記のセラミックを使用すれば、そういった原因も解消できますので、金属により歯茎が黒ずむ要因がなくなるといってもよいでしょう。

詰め物や被せ物に関しても、セラミックインレーやコンポットレジンを選択することで金属による歯茎の変色を防ぐことが可能です。

歯茎の変色は歯茎のホワイトニングで改善できます


実際に金属の被せ物や詰め物、銀歯や歯の土台が原因で歯茎に変色を起こしてしまったという方も少なくありません。

そういった場合には、歯茎のホワイトニングを行うことで歯茎の色を本来の美しいピンク色の歯茎に戻すことが可能です。

歯茎のホワイトニングは「ピーリング」や「ベビーピーリング」などと呼ばれることもあります。

施術の方法はホワイトニング用の薬剤を歯茎に塗布し、1週間後に歯茎を一層剥がすといった簡単なものになります。

歯茎のホワイトニングは、金属が原因で黒ずみを起こした場合だけでなく、喫煙によって歯茎にメラニンが沈着し変色した場合やコーヒーやお茶などによる色素沈着が原因の場合にも効果が期待できます。

歯茎のホワイトニングを行ったあとは、ご自身でできる限りのケアを行っていくことが大切です。

例えば、「タバコは百害あって一利なし」といわれるように、喫煙を控えるようにしてみましょう。

また、コーヒーやお茶を飲んだ後に歯磨きをするのも良いでしょう。

歯茎をいつもきれいな色に保つためには、歯茎のホワイトニングを自宅でのケアのどちらも必要だといえます。

歯の見た目を美しくする施術もあります

歯や歯茎は笑ったときに目立つ場所だといえます。

変色をコンプレックスに思い、思い切り笑えない、人と会話するときに気になって集中できないという方もいらっしゃいます。

ここでは、歯の見た目を美しくするための施術方法をご紹介します。

歯を白くする歯のホワイトニング

歯茎の変色同様、歯も非常に変色しやすいといえます。

喫煙の習慣がある人はタバコのヤニが付着しやすいため、特に変色しやすい傾向にあります。

また、加齢や遺伝、飲食が原因で歯の変色が起こると考えられます。

歯のホワイトニングを行えば、歯を削らずに白くすることが可能です。

歯の汚れを取る歯のクリーニング

歯の表面はもちろん、裏側はご自身では気が付きにくい部分であるため、汚れが付着してしまいがちです。

タバコのヤニや歯石などは歯磨きでは落ちにくいことがあります。

歯のクリーニングを行えば、歯を清潔に保てるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもなります。

(まとめ)抜歯をして歯茎の色を元に戻すことができる?

1.抜歯をすることで歯茎の色を元に戻すことは可能です

銀歯や歯の土台などの金属の素材は、成分が溶け出して歯茎を変色させてしまう恐れがあります。

ですから、抜歯を行い、金属を用いていないセラミックの歯に換えることで歯茎の色を元に戻すことは可能です。

2.セラミック素材であれば歯茎の変色の心配はほとんどありません

金属の素材は金属イオンの成分が歯茎に溶けだしていくと考えられています。

そのため、金属が用いられた銀歯や歯の土台は歯茎の黒ずみを招く原因になることがあります。

セラミック素材であれば、歯茎が黒ずむ要因を解消できるでしょう。

3.歯茎の変色は歯茎のホワイトニングで改善できます

金属やタバコ、飲食による色素沈着が原因となる歯茎の変色は歯茎のホワイトニングを行うことで改善が可能です。

自宅でのケアと合わせて行うことでピンク色の美しい歯茎を保ちましょう。

4.歯の見た目を美しくする施術もあります

歯は歯茎と同じくらい目立つため、変色が気になって思い切り笑えないという方もいます。

歯の見た目を美しくするためには、歯のホワイトニングや歯のクリーニングといった施術が効果的です。

442
Return Top