湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色を改善するホワイトニングは麻酔を使わない?

歯茎の変色を戻す歯茎のホワイトニングでは麻酔が不要な場合もあります


メラニン色素の沈着などによる歯茎の変色を改善するための歯茎のホワイトニングは、歯茎の変色が気になる場所に薬剤を塗って歯茎のピーリングを行う施術です。

施術時に痛みが少ないことが多く、歯茎に塗布する表面麻酔だけで痛みが抑えられるため、麻酔注射などを行う必要はありません。

病院によっては表面麻酔も行わない場合がある比較的簡単な施術といえます。

歯茎のホワイトニングにはベビーピーリングなどの施術があります

歯茎の色が黒ずんでしまったときには、歯茎のホワイトニングの施術が適しています。

歯茎のホワイトニングの方法には主にベビーピーリングなどがあり、ベビーピーリングは薬剤を歯茎に塗付することでピーリングを行い、黒ずみを除去する施術です。

この施術は、通常の麻酔ではなく表面麻酔だけですむため、痛みが少ないという特徴があります。

歯のホワイトニングの一般的な施術内容は、歯茎の消毒を行ってから、薬剤がしみる痛みを抑えるために歯茎に表面麻酔を塗り、ピーリング用の専用薬剤を塗るという流れになっています。

その後、薬剤を拭き取り、歯茎を洗ってホワイトニングが終了します。

施術後、薬剤が塗られた部分に白い膜のようなものができますが1週間くらいで自然に剥がれ落ちます。

歯茎の黒ずみの状態によっては数回施術を繰り返す場合もありますが、たいていの場合1回程度の施術で歯茎の色が改善されるようです。

施術自体は20分程度で完了することが多く、時間がかからず痛みや危険性の少ない、比較的手軽に受けられる施術といえます。

歯茎のホワイトニングを行ったあとには刺激のある食べ物を控えましょう


ピーリングは表面麻酔だけで受けられる歯茎に負担の少ない施術ですが、変色した歯茎をピーリングしたあとには歯茎がデリケートな状態になっています。

そのため、施術後しばらくは歯茎に負担がかかるような刺激の強い物や、歯茎が変色しやすくなる食べ物や飲み物を控えましょう。

歯茎のホワイトニングを行ったあと、しばらくは避けたほうがいい食べ物や飲み物もあります。

たとえば、刺激の強い辛いものや炭酸飲料、歯茎に着色しやすい飲食物にはコーヒーやお茶、赤ワインなどのようなステインが着きやすいものが挙げられます。

また、歯茎の変色の原因となるたばこも、しばらくの間は控えたほうがいいでしょう。

ホワイトニングを行ったあと、自然と白い膜がはがれて落ち着くまでには、しばらく期間が必要です。

個人差はありますが1週間程度の期間になるので、その間だけでも注意したい食べ物や飲み物などに気をつけて、美しい歯茎への改善を期待しましょう。

ただ、気になるからといって施術後にできる白い膜を自分で無理やり剥がすことはよくありません。

無理やり剥がすことで歯茎がきれいに改善されなくなる場合もあるので、自然に剥がれるまではしっかりと待つようにしましょう。

歯茎のホワイトニング以外の施術で改善が見込める場合もあります

メラニンによる色素沈着には歯茎のホワイトニングが適しています。

しかし、差し歯やインプラントなどの人工歯が原因で歯茎が変色している場合には、変色の原因となる人工歯を変える施術が適しているといえるでしょう。

人工歯に金属が使用されている場合、口の中で金属イオンが溶け出して歯茎が変色することがあります。

また歯茎が変色するほかに、歯茎が下がって歯の根元が見えるようになることもあるので、審美的な面を重視したいときには、自然な透明感が美しいオールセラミックの人工歯を選ぶほうがいいといえます。

セラミックは歯を削ってその上からセラミッククラウン(人工歯)を被せる施術なので、通常の麻酔を使用することになります。

歯周病が進行した場合にも歯茎が変色することがあります。

初期の歯周病では歯茎が腫れているのですが、だんだんと進行が進むにつれ歯茎が黒く変色することがあるのです。

歯がぐらぐら動くなどの歯周病の症状があり歯茎が黒くなっているときには、早めに歯科医で診療を受けたほうがいいでしょう。

(まとめ)歯茎の色を改善するホワイトニングは麻酔を使わない?

1.歯茎の変色を戻す歯茎のホワイトニングでは麻酔が不要な場合もあります

メラニン色素の沈着を改善するための歯茎のホワイトニングでは、歯茎のピーリングを行います。

施術時の痛みが少ないため、歯茎に塗布する表面麻酔だけで可能な場合が多い施術といえます。

2.歯茎のホワイトニングにはベビーピーリングなどの施術があります

歯のホワイトニングにはベビーピーリングなどの施術があります。

ピーリングは歯茎に薬剤を塗布して歯茎の黒ずみを除去する方法で、痛みが少ないために表面麻酔のみで施術を受けることができます。

3.歯茎のホワイトニングを行ったあとには刺激のある食べ物を控えましょう

歯茎の黒ずみを除去するピーリングの後には、歯茎がデリケートな状態になっています。

歯茎に負担のかかる刺激の強い食べ物や飲み物、歯茎に着色しやすい食べ物や飲み物などを控えるようにしましょう。

4.歯茎のホワイトニング以外の施術で改善が見込める場合もあります

金属を使用した差し歯やインプラントなどが原因で歯茎が変色している場合、オールセラミックのものなどに変更することで改善が期待できます。

また、歯周病が原因になっている歯茎の変色の場合は、早めに歯科医で診察を受けましょう。

306
Return Top