湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が悪いと不健康になることがあるの?

歯茎の色が悪いと不健康な印象を持たれやすく、原因によっては病気を招くことがあります


口元は周囲に与える印象を決めるカギにもなる場所です。

そのため、歯茎の色が悪くなっていると不健康な印象を与えがちになってしまいます。

もし、不健康の印象を与えてしまうことが気になるといった時には、歯茎の変色を改善することがおすすめです。

変色した原因に応じた施術方法を選ぶためにも、早めに歯科へかかりましょう。

そして、日頃の生活習慣を変えることも歯茎の健康的な色を維持するためには役立ちます。

歯茎を変色させやすい喫煙などの習慣を控えるようにしてみましょう。

歯茎の色が変化した原因により施術内容が変わります

歯茎の色が悪くなってしまったとき、その症状が全て同じ原因から引き起こされているものとは限りません。

原因に合った改善方法に取り組むことが健康的な歯茎の色に改善するためには必要です。

次のような歯茎の状態が思い当たる時は早めに歯科でみてもらいましょう。

メラニン色素の沈着

歯茎に与えられた刺激により、身体が反応してメラニン色素が生成されると歯茎が黒ずんできます。

刺激とは、喫煙によるタバコの成分や強すぎるブラッシング、辛い物や炭酸飲料などがあり、これらを摂取することが多い人ほどメラニン色素の沈着がひどくなる可能性があるのです。

歯周病の影響

歯肉炎では歯茎が赤く腫れますが、歯肉炎が進行して歯周病になってくると歯茎は紫色に変色していきます。

歯肉炎は、歯と歯茎の間にたまった歯垢で細菌が増えて毒素を発生することにより、歯茎の症状が出てきてしまいます。

さらに、悪化すると変色だけではなく歯がぐらぐらになり、最後には歯が抜けてしまうことにつながってしまうのです。

正しいブラッシングや生活習慣の改善で健康な歯茎を保ちましょう


歯茎の色が健康的なピンク色ではない場合は、一度歯科を受診して状態をみてもらいましょう。

なぜならご自分で歯茎の状態を見て、色素が取れないからだと思っていても、実は歯肉炎や歯周病、虫歯が原因となっている場合もあるからです。

まずは歯科でお口の中のチェックと必要な施術してもらい、健康な歯茎に改善をしてきれいな歯茎の維持を心がけましょう。

健康的なピンク色の歯茎を保つためには生活習慣の改善も必要です。

メラニン色素が原因の変色であった場合は、禁煙や力を入れすぎないブラッシング、辛い物など刺激の強い食品を口にする回数を減らすことなどを心がけましょう。

そして、歯周病が原因であった時は、正しいブラッシングの指導を受けて丁寧に毎日歯磨きをします。

どの場合でも定期的に歯科で検診を受けておくと、きれいに歯磨きができているかや小さな虫歯ができていないかなどをチェックしてもらえるので、歯茎の色に影響を与える前に対策を取ることが可能です。

歯茎の色を早めに改善したい時は歯科で施術を受けましょう

喫煙を習慣的に行っているとメラニン色素が沈着し、歯茎が黒ずんできやすくなりますが、歯茎が黒っぽいことで不健康な印象を周りの人に与えることがあります。

そのようなメラニン色素で黒ずんだ歯茎は、歯科でホワイトニングの施術を受けることでも改善が期待できます。

歯茎のホワイトニングを行う施術には、ベビーピーリングと呼ばれるものがあります。

この方法は、歯茎の表面へ薬を塗って、膜をつくり、その膜が古い細胞と一緒に自然と剥がれ落ちることで、新しい細胞へと生まれ変わらせるというものです。

つくられた膜が剥がれるまでは3日から1週間ほどなので、できるだけ早くきれいな歯茎に改善したい方にはおすすめの方法です。

ただし歯茎の状態に個人差があることから、施術の仕上がりにも差ができることがあります。

また、歯周病や虫歯があると先にそちらを治してからベビーピーリングを行うので、施術完了までもう少し長い時間が必要になることも考えておきましょう。

喫煙が習慣化していると、歯茎だけでなく歯にも色がついている場合が多く、年齢を重ねることで歯にも色素の沈着が起きているというケースがあります。

そのため、できれば歯茎のホワイトニングに合わせて歯もホワイトニングを行うことで、健康的な色合いのバランスが取りやすくなるため、おすすめです。

(まとめ)歯茎の色が悪いと不健康になることがあるの?

1.歯茎の色が悪いと不健康な印象を持たれやすく、原因によっては病気を招くことがあります

歯茎の色が悪いと相手に不健康な印象を与えやすいと言われています。

そのため、原因に合った施術をおこなって健康的な色に改善すると良いでしょう。

また、喫煙などの歯茎を変色させやすい習慣を控え、健康的な歯茎を維持することも大切です。

2.歯茎の色が変化した原因により施術内容が変わります

歯茎の変色の原因は全て同じではないため、施術内容にも違いがあります。

例えば黒っぽくなっているとメラニン色素の沈着が原因で、赤い腫れや紫色になっている場合は歯肉炎や歯周病が原因の可能性が高いです。

3.正しいブラッシングや生活習慣の改善で健康な歯茎を保ちましょう

歯茎の色が気になる時はまず歯科でみてもらうことがおすすめです。

ご自分では色素の沈着だと思っていても、実は歯周病が原因の可能性もあります。

そして、必要な施術を受けてからは正しいブラッシングや歯茎への刺激の少ない生活を心がけましょう。

4.歯茎の色を早めに改善したい時は歯科で施術を受けましょう

歯茎の黒ずみが気になるという場合は、歯茎のホワイトニングを行う施術もおすすめです。

ベビーピーリングで歯茎表面の細胞を薬剤で剥がして新しく再生させると、健康的なピンク色に改善が期待できます。

同時に歯のホワイトニングを行うのも効果的でしょう。

361
Return Top