湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色は薬で簡単に改善できるの?

歯科には歯茎の色を薬で改善する施術があります


歯茎の色を悪くしている原因がメラニン色素の場合、薬剤を塗って改善させるベビーピーリングという方法があります。

まず歯や歯茎の異常を取り除きいて歯垢や歯石のケアをしてから、歯茎に特殊な薬剤を塗って自然に剥がれるのを待つ方法です。

しかし、せっかくベビーピーリングできれいな歯茎になっても生活習慣の影響で再びメラニンが沈着する可能性もあるため、まずは生活の仕方を見直し行うこともおすすめです。

薬を塗って変色の原因を取り除き歯茎をきれいにします

ベビーピーリングは歯茎に特殊な薬剤を塗布して膜をつくり、剥がれ落ちることできれいな歯茎の色へと改善します。

タバコなどの生活習慣が原因でメラニン色素が沈着してしまった歯茎の色の改善に適しており、施術してから膜が剥がれるまでは大体3日から1週間ほどと短期間なこともメリットのひとつです。

ちなみにメラニン色素は体内で生成される物で細胞のターンオーバーと共に排出されますが、沈着しているとなかなかその部分の細胞がつくり変わりにくいため、ベビーピーリングをして古い細胞の排出を促します。

施術後は刺激を与えないようにする

ベビーピーリングをしたあとの歯茎はデリケートで刺激の影響を受けやすいため、刺激を与えないよう気を付けましょう。

例えば喫煙や香辛料を多く含む食品を口にすること、炭酸飲料を飲むことなどはしばらく控えることが必要です。

それにタバコのような歯茎にメラニン色素を増やしてしまう刺激物を口にすることは、せっかくきれいな色になった歯茎の色を再び早いうちに悪くしやすいので、禁煙に挑戦することもおすすめです。

歯肉の変色は生活習慣と大きなく関係があります


ベビーピーリングによって対応可能なメラニン色素沈着の原因の多くは、日頃の生活習慣が大きなく関わっています。

例えば喫煙は、タバコに含まれるさまざまな有害物質のうちタールとニコチンはメラニン色素をつくり出すメラノサイトを刺激すると言われています。

そのため喫煙の習慣があるとメラニン色素の沈着がしやすく、歯茎の色も悪化しやすいのです。

他にも毎日行う歯磨きでブラッシングの力が強すぎると刺激になり、身体を守ろうとしてメラニンが生成されてしまいます。

鼻づまりなどの理由から口呼吸になっても、口内が乾燥して刺激となり変色の原因のメラニン色素をつくり出してしまうのです。

これらのようなメラニン色素を生成する刺激になることを生活習慣の中からできるだけなくしていくと、歯茎のきれいな色を保つ役に立ちます。

そしてベビーピーリングによる改善の効果をより長持ちさせるためにも、気を付けておきたいポイントです。

歯肉や歯の色などで困った時には早めに歯科へかかりましょう

メラニン沈着による歯茎の変色の改善以外にも、審美歯科では歯肉の形を整えるなど健康で魅力的な口元を実現するための施術を行っています。

例えば歯茎の色の他に形を魅力的に改善したい場合は歯肉整形があり、ガミースマイルと呼ばれる歯を見せて笑うと歯茎が見えすぎてしまう状態には、症状の度合いに応じて矯正したり切除したりして形を整えます。

症状が重い場合には切除による施術がおすすめです。

また、歯茎の根元の高さや幅がそろっていない場合にも、歯茎の矯正や切除によって形を整えていく施術があります。

こういった施術を受けようとお考えの時は、これまでの施術数が多くホームページなどで体験者の声が載せられている信頼できるクリニックを選ぶと、安心して施術が受けられるでしょう。

カウンセリングを無料で行っているクリニックであれば、さらに良心的でおすすめです。

そして、施術を受けることで口元に対するコンプレックスが解消されれば、人前でも自信を持って話しやすくなり、仕事や日常生活でも前向きに明るく過ごすことができるようになるので、できるだけ早めの受診がおすすめです。

(まとめ)歯茎の色は薬で簡単に改善できるの?

1.歯科には歯茎の色を薬で改善する施術があります

メラニン色素が原因で歯茎の色が悪い時は、薬剤の塗布による歯茎の色の改善が目指せます。

ベビーピーリングという方法ですが、せっかく施術を受けてきれいな色を取り戻しても生活の仕方でまた歯茎に色がついてしまうため、生活習慣の見直しもしましょう。

2.薬を塗って変色の原因を取り除き歯茎をきれいにします

特殊な薬剤を塗ることで膜をつくりそれが剥がれて色素と古い細胞が排出されることによって、新しい歯茎表面の細胞に生まれ変わります。

その後はお口の中に刺激を与えることは避けて過ごす必要があることから、禁煙や辛い物、炭酸飲料などは控えましょう。

3.歯肉の変色は生活習慣と大きなく関係があります

メラニンを生成する原因は歯茎への刺激なので、喫煙や強い力でのブラッシング、辛い物や炭酸飲料は控えめにすることがおすすめです。

ベビーピーリングをしたあとも同じ生活習慣を続けると効果が長持ちしにくいので、気を付けて過ごしましょう。

4.歯肉や歯の色などで困った時には早めに歯科へかかりましょう

審美歯科では歯肉の色を改善するベビーピーリングを行っているだけでなく、歯茎の形を整える歯肉整形による健康で魅力的な口元への改善も行っています。

必要に応じて歯茎の色だけでなく形を整えてみてはいかがでしょうか。

407
Return Top