湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が茶色になるのはなぜ?

メラニン色素の沈着によって歯茎が茶色くなっている可能性があります


健康な歯茎はピンク色をしていますが、それが茶色になっている時は喫煙などの生活習慣によりメラニン色素が沈着して変化している可能性があります。

もしくは以前に虫歯を治した時に使った金属の影響で茶色になってしまっている場合もあるのです。

このような時には生活習慣を改善して変色の悪化を防ぎながら、歯科で適切な施術を受けることで色の改善が期待できます。

メラニン色素が歯茎に影響を与えて茶色にしています

物を口にすることに関わる生活習慣が、歯茎を茶色に変色させてしまうことがあります。

その中でも、喫煙が原因の変色や虫歯の改善に使われた金属による変色について説明します。

タバコの成分の影響

タバコはさまざまな有害物質を含んでいることはよく知られていますが、その中でもニコチンやタールはメラノサイトを刺激する働きを持つと言われています。

メラノサイトとはメラニン色素をつくる細胞のことで、メラニン色素が増え歯茎が茶色になってしまいます。

このようなタバコの成分による色素の沈着は、喫煙している部屋の壁紙が茶色くなってくることをイメージすると分かりやすく、同じような変化が歯茎にも起きているのです。

金属の変色

虫歯を治した時に使われた金属が時間の経過によって変色し、歯茎の色に影響を与えることがあります。

施術に使った素材が銀であった場合、時間が経って錆びるとイオン化して溶け出してきますが、それが歯茎について茶色に変色して来るのです。

原因から改善して歯茎をきれいにしていきましょう


茶色くなってしまった歯茎の色を改善するには、生活習慣の改善や必要は施術を受けることがおすすめです。

メラニン色素の沈着を防ぐためには、喫煙の習慣がある時は禁煙をしましょう。

そして、喫煙の習慣がないにも関わらず歯茎が茶色になっている時は、虫歯の施術に使われた金属の影響を考えて早めに歯科でみてもらうことをおすすめします。

禁煙の方法

喫煙量が多いほどなかなか禁煙に踏み切ることや継続することは難しいものです。

その場合は、まず喫煙と結びつく習慣を変えることがおすすめです。

例えば朝行う一連の行動に喫煙が入っていれば順序を変えたり、食事の時には早めに席を立つようにしたりしましょう。

そして、タバコを手に取りやすい環境も改善して、思い切ってタバコやライターなど喫煙に必要な物を処分し、さらにタバコの煙にふれやすい居酒屋やパチンコ店、街中の喫煙場所などへ近づかないこともポイントです。

しかし、どうしても口寂しくなってしまう時は、歯磨きや糖分の少ないガムを噛んでみましょう。

歯磨きは歯肉炎の改善や予防にもおすすめなので、外出先でも歯磨きができるように準備をしておいてはいかがでしょうか。

ホワイトニングで茶色い歯茎を改善する方法があります

喫煙などの生活習慣によってメラニン色素が沈着し、茶色になってしまった歯茎は専門のクリニックによるホワイトニングなどの施術で改善することが期待できます。

中でも、ベビーピーリングと呼ばれるホワイトニングの施術は、薬を歯茎に塗って色の改善をしていくという、とても手軽に取り組みやすい方法です。

特殊な薬剤を歯茎に塗布し、それが1週間ほどで膜になって剥がれることで、色素の沈着を改善します。

歯茎のホワイトニングを行う前に、歯垢や歯石を取り除き、虫歯がある時は先に施術を行って治しておきます。

金属の劣化が原因の時も先に手入れしてもらいましょう。

もし歯周病にかかっているとそのままではホワイトニングの効果が期待しにくいため、先に歯周病が改善されてから歯茎のホワイトニングに取り組むことになります。

施術当日には歯茎を乾燥させて表面麻酔を施し、その後麻酔薬を拭き取ったら薬剤を塗って最後に薬剤を中和して終わりです。

その後、白い膜ができてきますが、無理に剥がさず、自然に剥がれる時を待ちましょう。

剥がれるまでは新しい歯肉をつくっている最中なので、剥がしてしまうと逆に歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。

(まとめ)歯茎の色が茶色になるのはなぜ?

1.メラニン色素の沈着によって歯茎が茶色くなっている可能性があります

歯茎の色が茶色になっている時は、メラニン色素が沈着し変色させている可能性があります。

他にも虫歯を治した時に使った銀の影響で茶色になっていることもあるため、歯茎の変色が気になった時には歯科を受診し必要な施術を受けましょう。

2.メラニン色素が歯茎に影響を与えて茶色にしています

歯茎が茶色になる原因には、喫煙の習慣が挙げられタバコに含まれる有害物質がメラニン色素を増加させる働きを持っています。

また虫歯を治した時に使われた金属の劣化などが挙げられます。

3.原因から改善して歯茎をきれいにしていきましょう

茶色の歯茎を改善するにはまず生活習慣の改善が必要で、喫煙の習慣があれば早めに禁煙しましょう。

禁煙のコツは、喫煙に関わる習慣を変えることや関係のある場所に近づかないことです。

また虫歯を治した時の金属の影響かもしれない時は早めに受診しましょう。

4.ホワイトニングで茶色い歯茎を改善する方法があります

生活習慣の影響でメラニン色素が沈着し、歯茎が茶色になった時は歯茎のホワイトニングで改善が期待できます。

ベビーピーリングという方法で、歯茎に特別な薬剤を塗り、できた膜が1週間ほどして剥がれるときれいな色に改善されるというものです。

2418
Return Top