湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

正常な歯茎の色とは?

正常な歯茎の色はピンク色です


何らかの問題を抱えている歯茎は黒ずんだり白っぽくなったりしますが、正常で健康的な歯茎は薄いピンク色をしています。

歯と歯の間も丸みのない三角形になっており、腫れやただれのような症状も見られません。

また正常な歯茎の表面にはスティップリングと呼ばれる小さなブツブツが表れます。

スティップリングは歯と歯茎を支える骨を繋ぐコラーゲン線維が、上皮を引っ張り上げることで生じます。

タバコのヤニで歯茎が黒くなることがあります

百害あって一利なしと言われることもあるタバコですが、長年タバコを吸い続けていると、歯だけはなく歯茎にもヤニが付着して黒く変色することがあります。

ヤニは粘着性が高く、一度歯の表面についてしまうと簡単に落とすことができません。

歯茎の表面についたヤニには食べ物などの汚れも付着しやすくなるので歯茎の汚れがどんどん溜まり、黒ずみの原因になります。

どんなに歯磨きを丁寧に行っても、セルフケアだけではヤニ汚れを落とすことは難しいでしょう。

汚れを落とそうとしてこすりすぎてしまうと、歯茎を傷つけて新たな疾患を招く恐れもあります。

ヤニは食べ物などの汚れだけではなく、虫歯菌までも吸い寄せてしまいます。

歯茎の表面に虫歯菌が混じったヤニが付着することになるので、ヤニ汚れのない歯茎と比べると虫歯にかかるリスクが高くなります。

またタバコに含まれるニコチンの影響で唾液の分泌量が減ることも、虫歯菌の繁殖に繋がります。

唾液には虫歯を予防する効果があるため、唾液の量が少なくなると虫歯にかかりやすくなります。

歯茎にヤニが定着してしまうと、以下のような口内のトラブルを起こす可能性もあります。

歯周病の発見が遅れる

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。

血流が悪いので歯茎の腫れや出血などの歯周病の症状に気づきにくく、発見が遅れます。

歯周病が進行すると歯が抜けてしまうこともあります。

口臭が発生する

長年にわたってタバコを吸い続けることで口内のヤニの量が増え、それに伴って悪臭も増えてしまいます。

タバコに含まれるニコチンは唾液の分泌量を減らすので、さらに口臭が強まります。

タバコをやめると歯茎が正常な色に戻ることがあります


長年の喫煙の習慣で黒ずんでしまった歯茎でも禁煙を徹底すれば、少しずつ正常な色に回復していくと言われています。

タバコを吸うのをやめると血液中のニコチン濃度が徐々に下がっていき、血液の流れが正常になります。

血行が良くなると赤血球のヘモグロビンに乗って酸素が末端まで運ばれるようになり、歯茎の血行も改善して正常なピンク色に戻ることがあります。

血流が正常になると歯茎の色が良くなりますが、禁煙によるメリットはそれだけではありません。

歯茎が傷ついたり腫れたりした時にきちんと出血するようになるので、歯周病を発症しても発見が遅れることがなく、早い段階で医師の施術を受けることができます。

また白血球の作用も正常に戻るため、歯周病以外にも口内に傷や疾患が生じた時に治りが早くなることが期待できます。

歯茎についてしまったヤニは審美歯科できれいにしましょう

タバコをやめると口内環境が改善されていきますが、歯茎にこびりついてしまったヤニを自分の力だけで落としきることは困難です。

審美歯科で行われている歯茎のホワイトニング(ガムピーリング)であれば、しつこいヤニ汚れを一掃することができます。

歯茎のホワイトニングは安全で確かな施術ですが、カウンセリングの際には次のことを医師に確認しましょう。

身体に負担はないかどうか

歯茎のホワイトニングに使われる薬剤は、身体に害がない安全なものを使用しています。

体質的にアレルギーなどの心配がある方は、事前に医師に確認をしましょう。

施術を受けられるタイミングについて

虫歯や歯周病などがあると、すぐに施術を受けられないこともあります。

そちらの治療が優先になる場合、完治してから歯茎のホワイトニングを行います。

妊娠中の場合も施術を受けられないことがあるため、必ず確認してください。

正常な歯茎の色を保つためにも、禁煙と医師による定期的な歯茎のチェックを心がけましょう。

(まとめ)正常な歯茎の色とは?

1.正常な歯茎の色はピンク色です

不健康な歯茎は黒ずんだり白っぽくなったりと変色が見られますが、正常な歯茎の色は薄いピンク色をしています。

スティップリングと呼ばれる歯茎の表面に表れる小さなブツブツも、正常な歯茎の証です。

2.タバコのヤニで歯茎が黒くなることがあります

長期にわたってタバコを吸うとヤニが歯茎に付着して、歯茎が変色する原因になります。

粘着性のあるヤニは歯磨きだけでは落としづらく、虫歯、歯周病、口臭などを招くことがあります。

3.タバコをやめると歯茎が正常な色に戻ることがあります

タバコを吸い続けたことで黒ずんだ歯茎でも、徹底的に禁煙をすると血行が良くなり、時間をかけて徐々に正常な色に回復するとされています。

歯周病などを発症しても出血することですぐに発見できるようになり、早い段階で受診することが可能になります。

4.歯茎についてしまったヤニは審美歯科できれいにしましょう

歯茎に付着したヤニ汚れを自分で落とすことは難しいですが、審美歯科で行われる歯茎のホワイトニングできれいな歯茎を取り戻すことができます。

身体への負担や施術のタイミングなど、医師に確認した上で施術を受けましょう。

617
Return Top