湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色は歯磨き粉を使ってきれいにできるの?

歯磨き粉を使ったセルフケアと歯科医院でのメンテナンスで歯茎の着色は予防できると考えられます


歯茎の色には歯磨き粉を使ったケアで改善するものもあります。

歯磨き粉には血行促進や収れん作用を目的としたものがあり、一定の効果が期待できると考えられています。

しかし、早くきれいにしたい場合や強い着色汚れなどの場合は、プロによる施術が効果的なケースもあります。

プロによるケアと美しさをキープするセルフケア両方を使い分けることで、美しい口元を目指すことができるでしょう。

薬用成分を知って自分のニーズに合わせた歯磨き粉を選ぶようにしましょう

歯磨き粉を必ず使うという人は多いでしょう。

しかし、その歯磨き粉を明確な理由で選んでいるでしょうか。

多くの歯磨き粉には薬用成分配合と書かれています。

この薬用成分とは、厚生労働省によって薬理作用で疾患の予防などの効果があると認められた成分のことを言います。

例えば、知覚過敏や口臭のケアに適した薬用成分もあります。

成分によってその効果が違うため、自分の使っている歯磨き粉や、使おうと思っている歯磨き粉にどのような成分が含まれているのか、しっかりと知ることも大切でしょう。

ポリエチレングリコールはタバコのヤニを除去すると言われる成分です。

さらにポリリン酸ナトリウムやゼオライトは歯石予防作用があり歯石の沈着を防ぐと言われています。

これは歯や歯茎の美白に用いられる成分です。

他にもビタミンEなどには血行促進作用があり、アラトインや塩には収れん作用があるため歯肉炎や歯周炎の予防に効果的と考えられます。

口内の汚れを落としたり、汚れをつきにくくしたりする効果や歯周病、虫歯予防など歯磨き粉にはその使用目的に合わせた薬用成分が配合されています。

使っている歯磨き粉にどのような成分が表示されているのかきちんと確認しましょう。

自分の目的に合った歯磨き粉を選ぶことが大切です。

自分の口内環境にあった歯磨き粉とケアを選びましょう


歯磨き粉は子どもから大人まで多くの人が使っています。

しかし、その機能や使い方までは理解していないのではないでしょうか。

歯磨き粉には歯垢を除去するとともに再付着を防ぎ、口内を清潔にして本来の白さを保つという機能があります。

さらに配合されている薬用成分の働きもあるため歯磨き粉の表示はよく確認しておきましょう。

また、歯磨き粉には効能に合わせて適した使い方があります。

例えば、歯を白くする効能がある歯磨き粉であれば、着色が目立つ部分を特に丁寧に磨き、うがいは軽めに行います。

歯茎を引き締めて歯周病予防をするのであれば、歯茎の浸透しやすいジェルコートを選択するように検討してください。

歯と歯肉の境に毛先を当てて、マッサージするよう1本ずつ磨くようにして使います。

虫歯予防を目的とするのであれば、フッ素配合の歯磨き粉を毎日たっぷり使い、歯全体に浸透させるようにします。

歯磨き後以外のケアを追加してもいいでしょう。

さらに、歯磨き後にフッ素ジェルを塗りこむことも虫歯予防に効果的と言われています。

歯茎の健康を保つには歯茎マッサージ専用のジェルをプラスしてもいいでしょう。

口内環境は人によって違います。

自分の口内では何が起きているのかを改めて確認し、自分の状態にあったケアを正しく選択する必要があると言えるでしょう。

自分でのメンテナンスとプロのケアを使い分けましょう

美しい歯と歯茎は健康をあらわすパーツです。

清潔感やフレッシュさの象徴ともいえるでしょう。

しかし、セルフケアだけで美しい歯をキープするのは難しいと言われています。

歯や歯茎のホワイトニングはクリニックでの専門的な施術が効果が大きないと考えられています。

例えば、タバコをよく吸う人はメラニン色素が沈着しやすいため歯茎の黒ずみが目立ちます。

長年染み付いた着色汚れなどは、クリニックによるホワイトニングの施術が効果的と考えられます。

歯茎であれば歯茎のピーリングなどで飛躍的に美しくなるでしょう。

クリニックで一度きれいな状態にした後は、セルフケアで美しさをキープします。

コーヒーや紅茶などの濃い飲み物や、赤ワインのフルーツのようにポリフェノールが入ったものを飲食したときには口をゆすいで色素を洗い流してください。

あるいは食事の間にこまめに水を飲むようにします。

さらにケアに適した歯磨き粉を使って、口内環境を整えましょう。

定期的に検診を受けながら、歯の病気や着色を予防するよう心がけることが大切です。

プロのケアと自分でのメンテナンス両面で美しい口元を手に入れましょう。

(まとめ)歯茎の色は歯磨き粉を使ってきれいにできるの?

1.歯磨き粉を使ったセルフケアと歯科医院でのメンテナンスで歯茎の着色は予防できると考えられます

歯磨き粉には目的に合わせた薬用成分があり、正しい使い方をすればある程度の効果が期待できます。

ただし、強い着色汚れなどにはクリニックでの施術が即効性があると考えられます。

プロの手を借りながら美しい口元を手に入れましょう。

2.薬用成分を知って自分のニーズに合わせた歯磨き粉を選ぶようにしましょう

歯磨き粉にはさまざまな薬用成分が含まれています。

薬用成分には美白や血行促進、歯周病ケアなどそれぞれの効能があります。

薬用成分の効能を知って、自分に適した歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

3.自分の口内環境にあった歯磨き粉とケアを選びましょう

歯磨き粉はその薬用成分や機能に合わせて適した使い方があります。

さらに、虫歯予防のためのフッ素ジェルや歯茎の健康を促進するマッサージジェルなどの専用品も販売されています。

通常の歯磨きにプラスしたケアで口内環境を整えましょう。

4.自分でのメンテナンスとプロのケアを使い分けましょう

歯や歯茎の強い着色汚れには、ホワイトニングやピーリングなどのクリニックよる施術が効果的です。

毎日の歯磨きやメンテナンスで美しさをキープし、セルフケアとプロのケアを上手に活用することで、美しい口元を手に入れましょう。

432
Return Top