湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

紫色の歯茎って治療で改善するの?

紫色の歯茎は生活習慣で改善しますが、歯茎のケアには専門家の治療が必要なものがあります


紫色や白っぽい歯茎は血行不良が原因と考えられているため、ケアするためにはまず生活習慣を整えましょう。

生活リズムを整えて、歯茎マッサージを習慣化するだけでも歯茎の美しさは取り戻すことができると言われています。

ただし、強い色素の沈着など専門家による治療が適したものもあります。

自宅のケアとプロの治療を必要に応じて使い分けましょう。

歯茎の色によって病気や身体の状態がわかると言われています

白い歯は美人の条件と言われますが、歯茎も大切なポイントです。

歯茎の色が悪いとだらしない、不健康な印象になってしまうことがあります。

歯茎の色は生まれつきと考えているかもしれませんが、そうとは限りません。

色別に原因を紹介します。

歯茎全体が紫色の人は血行不良が疑われます。

喫煙者であればタバコのニコチンが原因で血行不良になっているかもしれません。

ただし、歯茎が赤く腫れて赤紫になっている場合は歯周病によって炎症を起こしている可能性があります。

また、歯茎の全体が白っぽいという人も血行不良が疑われます。

歯茎の色が茶色いという人は、歯茎に色素が沈着しているかもしれません。

歯と同様に歯茎も色素が沈着することがあります。

これは過度のブラッシングで口内がダメージを受けたときにも起こると考えられています。

歯茎の一部が変色しているケースでは、歯の被せ物に使われている金属の流出などが疑われるでしょう。

歯茎の色が変わる原因は、いろいろあります。

歯茎は健康のバロメーターです。

健康的なピンクの歯茎を手に入れるには、プロによる施術だけでなく生活習慣の見直しもおこないましょう。

日常生活のケアで歯茎をメンテナンスすることができます


歯茎は歯科医院での施術以外にも、自分で生活を整えることによって美しいピンク色に近づくと言われています。

特に血行不良が原因で紫色になってしまっている歯茎などは、血流の改善が大切になるでしょう。

普段シャワーだけで入浴を済ませているという人は、しっかり湯船につかって身体をあたためてください。

お風呂の中でブラッシングやマッサージをしてもいいでしょう。

歯茎のマッサージは決まった時間におこなうことで習慣づけするようにおすすめします。

歯を磨くついでと考えれば、無理なく生活に組み込めるでしょう。

毛先が柔らかい歯ブラシで小刻みに歯茎を撫でるだけでも、十分にマッサージ効果があります。

強くゴシゴシこすってしまうと、歯茎を傷つけることもあるので注意してください。

また、生活リズムが崩れたりや疲労の蓄積が溜まったりすることで免疫力が低下すると、歯茎が腫れることがあります。

歯茎の炎症を抑えるには免疫力を高める食品を摂るようにしましょう。

免疫力を高めるには腸内環境を整えるヨーグルトや乳酸菌飲料が良いと言われています。

食生活の改善と規則正しい生活リズムを身につけることで歯茎をケアしましょう。

プロにしかできない歯茎のケアもあります

歯茎の色の改善には自宅でケアできるものと、プロでなければ対処できないものがあります。

たばこのヤニやメラニン色素の沈着はこびりつきが強く落ちにくいため専用の薬剤が必要なこともあるでしょう。

そこで支持を集めているのが歯茎のピーリングです。

歯茎のピーリングとは、歯茎の専用の薬剤を塗って変色した部分をはがしとる施術方法です。

ピーリングは歯茎の表層にある組織をはがしとるため、施術後はかさぶたのような膜ができることがあります。

このかさぶたが自然に剥がれ落ちることで、美しいピンク色の歯茎が再生されるのです。

歯茎のピーリングは保険適用外ではありますが、施術回数が比較的少なくすむと言われています。

歯茎のピーリングが得意とするのは食事やタバコによる歯茎の変色です。

歯周病や詰め物の金属を原因とする変色の場合は、他の施術法が必要なこともあるので注意しましょう。

口元の美しさや人のイメージに大きなく影響します。

歯茎が黒ずむことで加齢や疲れた印象を与えることもあるでしょう。

顔の印象をフレッシュで健康的にする歯茎のピーリングを検討してみてください。

(まとめ)紫色の歯茎って治療で改善するの?

1.紫色の歯茎は生活習慣で改善しますが、歯茎のケアには専門家の治療が必要なものがあります

血行不良になると歯茎が紫になることがあります。

まずは生活リズムや食生活を整えて、血行を良くしましょう。

また、歯茎のピーリングなどプロでなければできない治療方法もあります。

自宅でのケアとプロによる治療を上手に使い分けましょう。

2.歯茎の色によって病気や身体の状態がわかると言われています

歯茎の色は健康のバロメーターです。

色の変化から、疾病や体調不良などがわかります。

歯茎が紫や白っぽくなっているときは血行不良とも言われています。

自分でできる生活改善と専門家の施術を上手く活用しましょう。

3.日常生活のケアで歯茎をメンテナンスすることができます

歯茎の色には体調があらわれると言われています。

血行不良だと歯茎の色が悪くなり、疲れて免疫力が低下すると歯茎が腫れることがあります。

マッサージや日常のケアで歯茎のコンディションを整えましょう。

4.プロにしかできない歯茎のケアもあります

歯茎のケアには自宅でもできるものと、医療機関でしかできないものがあります。

歯茎の組織をはがして再生させるピーリングは歯茎を美しくする施術のひとつです。

歯茎のピーリングは、たばこのヤニや飲食での色素沈着に効果的とも考えられています。

1435
Return Top