湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が悪いと口臭も強くなる?

歯周病が原因で歯茎の色が悪くなり口臭が強くなることがあります


歯茎の色が赤くて腫れが目立つときは歯周病を疑いましょう。

歯周病が進行すると口臭が強くなり、歯がもろくなっていきます。

日本人の多くが歯周病であるとも言われています。

定期的な検診と、適切なホームケアで歯周病の予防に努めることが大切です。

まずは毎日のブラッシングや睡眠時間などの生活習慣から見直しましょう。

歯周病になると歯茎が腫れて、口臭が出ることがあります

性別は関係なく、気にしておきたいエチケットのひとつは口臭でしょう。

自分では気が付かないケースも少なくありませんが、歯周病にかかると強い口臭が出てしまうことがあります。

歯周病は細菌感染による炎症性疾患で、主な症状としては歯茎の腫れが起こります。

健康的な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯周病になると歯茎がブヨブヨと腫れて赤くなります。

歯周病の初期は痛みがないため、多くの人が気が付かないままになっているでしょう。

歯周病をそのままにしておくと、歯の土台となっている歯茎が脆くなり自分の歯を失うこともあります。

症状が進行とともに歯茎がぐらぐらして、少しずつ歯並びや噛み合わせが悪くなります。

重度の歯周病の場合は歯を抜いたり、歯肉を再生させたりすることで歯の延命を図ることになるでしょう。

歯周病は日本人の8割が罹患しているとも言われ、ギネスでは全世界で最も蔓延している病気とも記されています。

その一方、軽度の歯周病であればほぼ元通りになるまで改善できると考えられています。

歯周病は早めに歯科医院で受診することと、定期的に歯をメンテナンスしてもらう予防歯科を習慣化することが有効な対策と言えるでしょう。

口臭は口腔内や消化器などの疾患が原因で発生することがあります


口臭は、歯周病などの疾患が進行していることで発生します。

しかし、それだけが原因ではありません。

例えば、起床した直後や空腹のときの口臭は生理的口臭と呼ばれて誰にでもあることです。

これは唾液が減って細菌が増殖することが原因です。

さらにニンニクや酒などによって起きる口臭も一時的なものと考えられます。

問題となるのが病気やストレスによる口臭です。

歯周病や虫歯による口臭のほか、鼻やのど、消化器の病気が原因で口臭が起きることがあります。

鼻と口はつながっているため蓄膿症や咽頭炎になれば、膿が口内に出て口臭になると言われています。

ただし、口臭の多くは口内に原因があると考えられるため、まずは口内に原因がないか考えましょう。

歯の表面に付着する歯垢は細菌の固まりです。

長時間たてば歯石となり、歯垢や歯石がたくさんつくようになると口臭も強くなると考えられます。

また、舌の表面につく舌苔も同じような細菌の固まりで口臭の原因となります。

口臭は自分では気が付かないことも多いでしょう。

起床時の口の粘つきや、乾きが気になるという人は、口臭が出ていないか人にチェックしてもらうようおすすめします。

生活習慣と正しいブラッシングで歯周病は予防できると考えられます

口臭は自分では気が付かないことも多いでしょう。

起床時の口の粘つきや、乾きが気になるという人は、口臭が出ていないか人にチェックしてもらうようおすすめします。

口臭が気になる場合、どのようにしてケアすればいいのでしょうか。

今日からでも始められる対策を紹介します。

適切なブラッシング

歯周病や口臭を防ぐためにまず始めるのが適切なブラッシングです。

歯に付着した歯垢を減らしてプラークコントロールができれば、歯周病や虫歯を減らすことができると言われています。

そのためには歯ブラシも重要です。

歯ブラシは毛先が柔らかいものを選び、軽く歯に当てて刺激を与えます。

ブラッシングすることで歯垢を除去して歯茎のマッサージもできると考えられます。

生活習慣の見直し

口内を清潔に保つには生活習慣も見直しましょう。

特に睡眠は免疫力を保つために必要不可欠です。

さらに食事の時には噛む回数を増やして、唾液量を増やすようにしましょう。

上記のセルフケアとともに歯科医院でセルフケアも必要です。

歯科医院では症状が悪化する前に細菌や歯石を除去できるので、定期検診を習慣化して早期発見に努めましょう。

(まとめ)歯茎の色が悪いと口臭も強くなる?

1.歯周病が原因で歯茎の色が悪くなり口臭が強くなることがあります

口臭が強く、歯茎の腫れが目立つ場合は歯周病の可能性があります。

ただし、口臭の原因には蓄膿症や消化器も考えられます。

歯のメンテナンスも考えて歯科医院での受診を検討しましょう。

2.歯周病になると歯茎が腫れて、口臭が出ることがあります

歯周病は日本人の8割が罹患していると言われる病気です。

初期の歯周病は痛みもなく、気が付かない間に症状が進行します。

口臭や歯茎の腫れが気になる場合は、早めに歯科医院でケアをすることが大切です。

3.口臭は口腔内や消化器などの疾患が原因で発生することがあります

口臭は朝起きたときや空腹時にの口臭のように誰でも起きるものと、病気などを原因とするものがあります。

歯垢や歯石は最近の固まりで、歯周病や虫歯の原因となって口臭を生み出すと考えられます。

不安な場合は、口臭を人にチェックしてもらいましょう。

4.生活習慣と正しいブラッシングで歯周病は予防できると考えられます

口臭は自分で気が付きにくいため、症状が知らない間に進行することがあります。

歯周病を予防するには正しく歯磨きをおこない、生活習慣を整えましょう。

定期的な検診も効果的と考えられます。

655
Return Top