湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

健康状態が低下すると歯茎の色も変わる?

健康状態の低下によって歯茎の色も影響を受けることがあります


健康状態が悪化して血行が悪くなると、歯茎の色が悪くなることがあります。

健康的な歯茎の色を取り戻すには、生活習慣から改善しましょう。

過度のストレスや冷え、喫煙習慣は血行を悪くします。

喫煙の習慣や口呼吸になっていないか生活を見直しましょう。

歯茎マッサージなど血行を良くする習慣を取り入れることも効果的と考えられています。

健康状態によって歯茎の色が変わることがあります

口元を美しく見せるには、歯の白さだけでなく歯茎の色も重要です。

歯茎の色が悪いというケースではどのような理由が考えられるのでしょうか。

歯茎が紫色

歯茎が赤紫や黒っぽい色合いに見え、しかも腫れているような場合は歯周病や歯周炎が原因と考えることができます。

歯周病をそのまま放置しておくと、歯が抜けてしまうこともあります。

早めに施術して歯の健康を取り戻しましょう。

歯茎が黒っぽい

歯茎が黒っぽく、前歯周辺が特に黒いというケースでは喫煙が原因であることが多いと言われています。

たばこにはタールやニコチン、一酸化炭素などの有害物質が含まれています。

これらの物質が歯茎にしみこむことが歯茎が黒ずんでみることがあります。

歯茎が赤っぽい

歯茎に汚れが溜まり炎症を起こすと、歯茎が赤っぽくなることがあります。

これは身体が細菌と戦うために毛細血管が発達した結果と言われています。

このような場合は、歯磨きすると出血が見られることも多いでしょう。

しっかり汚れを取って清潔な状態をキープするようにブラッシングを丁寧におこなってください。

血行や口呼吸など生活習慣の改善も美しい歯茎に必要と考えられます


歯茎を美しく保つためには健康的な生活が欠かせません。

ピンク色の歯茎を保つためには、血行を良くすることが大切です。

普段の生活の中で、血行を良くするように心がけましょう。

例えば、お風呂はシャワーだけでなく湯船につかるようにすることや、身体を冷やさないことも大切だと考えられます。

また、血行を良くするには歯茎のマッサージを取り入れてもいいでしょう。

歯茎の健康のためには口呼吸も問題になると指摘されています。

口呼吸をすることで前歯の歯茎は乾燥してしまいます。

唾液には初期の虫歯を修復する機能がありますが、口呼吸だと唾液が充分に行き渡りません。

その結果、歯周病になりやすく歯に汚れも付着しやすくなるため、炎症になり赤く腫れあがることもあります。

特に寝ている間など、歯並びや鼻づまりで口が開いてしまう人は要注意です。

歯並びが原因でどうしても口が開いてしまう人は歯科矯正も検討しましょう。

また口周りの筋肉が衰えていることでも口呼吸になってしまいます。

アレルギーや鼻詰まりなどもあわせて施術して、口内の健康を手に入れましょう。

タバコは歯茎の健康のためにはお勧めできません

歯茎や歯肉を健康的に保つために天敵になってしまうのがたばこです。

たばこを吸うことでニコチンやタールといった有害物質が付着してしまうと考えられます。

さらにたばこを吸うと毛細血管が収縮するため血行が悪くなると言われています。

その結果歯周病が進行してしまうこともあり得るでしょう。

喫煙者は歯肉にメラニン色素が沈着することも広く知られています。

これはスモーカーズ・メラノーシスとも呼ばれています。

スモーカーズ・メラノーシスは喫煙者本人だけでなく副流煙の影響も大きなく、家族に喫煙者がいるという人にもメラニン色素が沈着することがあります。

スモーカーズ・メラノーシスが発現すれば、見た目だけでなく口臭もひどくなってしまうことが予想されます。

たばこは歯茎の健康を損なうと考えられています。

自分が喫煙者でなくても、家族に喫煙者がいる場合は注意が必要です。

いくらブラッシングやマッサージをしていても、たばこを多く吸っている人は歯茎への影響は避けることができないと言われています。

他の生活習慣と併せて、喫煙習慣も改善を検討するようおすすめします。

(まとめ)健康状態が低下すると歯茎の色も変わる?

1.健康状態の低下によって歯茎の色も影響を受けることがあります

歯茎の健康をキープするには血行を良くすることが大切です。

そのためには喫煙習慣や睡眠不足などを改善しましょう。

特に喫煙習慣は血行を悪くするとともに、色素沈着を引き起こすことがあると言われています。

2.健康状態によって歯茎の色が変わることがあります

歯茎は健康状態によって色が変わります。

歯茎が赤く腫れていたり、紫色になっていたりする場合は歯周病などで炎症を起こしているかもしれません。

さらに喫煙によって歯茎が黒ずむこともあります。

まず、健康状態に問題がないか生活を見直しましょう。

3.血行や口呼吸など生活習慣の改善も美しい歯茎に必要と考えられます

歯茎を美しく保つには、血行を良くすることが大切です。

お風呂にしっかりとつかってマッサージするなど血行を良くする生活習慣を取り入れましょう。

また、口呼吸になっていると口内の環境にも良くありません。

歯科矯正や鼻炎の施術なども併せて検討し増そう。

4.タバコは歯茎の健康のためにはお勧めできません

歯茎の血行を悪くする原因となるのが喫煙です。

喫煙することで毛細血管が収縮して血行が悪くなると考えられます。

さらに色素が沈着するスモーキング・メラノーシスも要注意です。

自分や家族の喫煙習慣を見直しましょう。

1084
Return Top