湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯を塩で磨くと歯茎の色がきれいになるの?

塩で歯を磨くことで歯茎が引き締まると考えられますが、歯や歯茎の色を飛躍的に美しくする効果は期待しにくいと考えられます


塩には研磨作用がありますが、塩で歯を磨いても色がきれいになるような効果は期待できません。

塩の効果で歯茎が引き締まることはあると考えられているものの、逆に研磨作用によって歯を傷つける可能性も指摘されています。

歯や歯茎のケアをするのであれば、市販の歯磨き粉を使うほか、歯科医院でカウンセリングを受けることをおすすめします。

塩には歯茎を引き締める効果はありますが、歯を傷つける可能性もあります

塩は茶渋を落とすなど、掃除の研磨剤としても使われています。

そのイメージからか、塩を使って歯を磨くことで殺菌効果や歯や歯茎の色をきれいにする効果があるという噂が聞かれます。

実際、塩で歯磨きをするとどのような効果があるのでしょうか。

実は、塩で歯を磨いても、黄ばみやしつこい汚れはありません。

むしろ塩で磨くことで結晶によって傷をつけてしまう可能性が指摘されています。

傷がついてしまうと、その傷に汚れがたまるため逆に汚れがつきやすくなるリスクもあるでしょう。

塩の効果には血管を縮める収れん作用があります。

そのため歯茎を引き締める効果は期待できると考えられています。

しかし、塩には強い殺菌作用などはないため、口臭の原因となる細菌や歯周病菌を無くすことはできないと考えられるでしょう。

また、塩で歯を磨くことは余計な塩分を摂ることにもつながります。

塩を使った歯磨きは昔からおこなわれてきた習慣でもありますが、医学的なメリットはあまり多くはありません。

歯や歯茎の悩みを解決するために塩歯磨きをするのであれば、あまり効果は望めないため、他の選択肢を検討するようにおすすめします。

歯磨き粉を使った正しい口腔ケアを心がけましょう


歯のブラッシングをする時、歯磨き粉を使うという人が大半でしょう。

そんな歯磨き粉による歯への効果は一体どのようなものがあるのでしょうか。

今一度おさらいしてみましょう。

歯ブラシによるブラッシングは歯を清潔にするほか、歯茎をマッサージする効果もあると言われていますが、歯磨き粉を使うことでより効率的に口腔をケアすることができます。

歯磨き粉は、その成分によって口の中の汚れを取り除き、口臭や防ぐことが大きな目的と言われています。

また、歯に強くこびりついた汚れや毛先が届きにくい部分の汚れも、歯磨き粉を使うことで落とすことができるのです。

歯磨き粉によっては歯垢を落としやすい、細菌の繁殖を抑えるなど虫歯、歯周病の予防に特化した歯磨き粉も販売されています。

ほかにも、歯に付着したヤニの除去やホワイトニング効果をうたった歯磨き粉なんかもあります。

しかしここで注意したいのは、いくら効果が高い歯磨き粉を使っていたとしても、正しいブラッシングをしていなければその効果は限定されてしまうという点です。

実際に汚れを落としているのは歯ブラシによるブラッシングなので、正しいブラッシングを徹底することが一番の課題と考えられます。

歯茎の色が気になるという場合はホワイトニングも効果的です

美しい歯茎を手に入れたいという場合は、専門のクリニックによる施術を利用するのもおすすめです。

たとえば、歯茎のホワイトニングとも呼ばれるベビーピーリングであれば、黒ずんだ歯茎を本来の美しいピンク色の歯茎に改善することが期待できます。

このベビーピーリングという施術は、特殊な薬剤を歯茎に塗布し、1週間ほど待つだけで施術が完了します。

施術にかかる期間も短く、非常に手軽な施術ですから、なるべく速やかに歯茎の色を改善したいという方や、長い通院期間が気になるという方におおすすめです。

また、歯茎の色の変化が歯周病によって引き起こされているというケースもあるでしょう。

その場合も歯周病を改善することによって、歯茎の色を取り戻すことが出来るでしょう。

歯周病は日本人の8割が罹患しているとも言われており、歯を失ってしまう理由の多くが歯周病によるものだと言われています。

さらに、口臭や噛み合わせの問題、口内のねばつきなど歯周病がもたらす悪影響は枚挙に暇がありません。

歯周病が変色の原因である場合は、まずはこの根本原因を治してからでなければ何も始まりません。

まずは、自分の歯茎が一体どういう状態なのか、専門のクリニックで診断してもらう所から始めてみましょう。

(まとめ)歯を塩で磨くと歯茎の色がきれいになるの?

1.塩で歯を磨くことで歯茎が引き締まると考えられますが、歯や歯茎の色を飛躍的に美しくする効果は期待しにくいと考えられます

塩には歯茎を引き締める効果はあるものの、虫歯を防いだり着色汚れを落としたりする効果は無いと考えられています。

歯をケアするのであれば、市販の歯磨き粉を使うか歯科医院でのクリーニングをおすすめします。

2.塩には歯茎を引き締める効果はありますが、歯を傷つける可能性もあります

塩を使った歯磨きには歯茎を引き締める効果はあるものの、汚れを落としたり殺菌したりするような効果は期待できないと言われています。

また塩の結晶で歯を傷つけることもあるため、歯磨き粉など他の選択肢をおすすめします。

3.歯磨き粉を使った正しい口腔ケアを心がけましょう

歯磨き粉を使うことで、より効率的に口腔をケアすることができます。

しかし、ブラッシングが正しく行われていなければ、その効果は限定されてしまいます。

正しいブラッシングを行うことで、よりよい歯磨きを徹底しましょう。

4.歯茎の色が気になるという場合はホワイトニングも効果的です

歯茎のホワイトニングとも呼ばれるベビーピーリングという施術は、歯茎の変色に効果的です。

また、歯周病が原因の変色の場合は、歯周病を改善するところから始まります。

まずは、専門のクリニックに診てもらう所から始めましょう。

1307
Return Top