ガミースマイルとは何?

ガミースマイルとは笑ったとき歯茎が目立ちすぎる状態のことです


ガミースマイルは、笑ったり口を開いたりした時に歯茎が過剰に目立ってしまう状態のことです。

この基準ですが、3ミリ以上歯茎が見えるとガミースマイルと判断されます。

実際の所、歯茎は1ミリでも違えば、口元の印象は大きく変わるのです。

このガミースマイルに対して改善するためには、歯肉整形やセットバック法という医療的な施術が有効と言われています。

ガミースマイルは見た目の問題だけではなく、歯茎が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病につながるとも言われています。

笑った時などに歯茎が過剰に目立つ状態のことです

ガミースマイルは、口を開けたときや笑ったとき、過剰に歯茎が目立つ状態です。

笑った際、歯茎が見えたとしても2ミリ以下なら一般的にガミースマイルとは言われることは少ないでしょう。

しかし3ミリ以上歯茎が見える状態だと、歯茎が見え過ぎるためにガミースマイルと判断されるのです。

1ミリ程度のレベルでも甘く見てはいけません。

なぜならば、歯茎については1ミリ違うだけでも見た目が大きく変わって来るからです。

また、一般的な笑顔の美しさの基準の一つとして笑った時に、上唇が前歯の歯茎の境目付近に対しまっすぐ収まっていることが挙げられます。

さらに上の歯の先端が下唇の上側ラインに沿っているなど、この2つの条件を満たす必要があるのです。

この条件を満たすと上の歯がほんの少し見える程度になり、魅力的な笑顔と言われます。

しかしガミースマイルでは、少し笑っても歯茎が過剰に見えるので、魅力的な笑顔の条件とかけ離れることになるのです。

たとえば口元が下品に見えたり、歯茎の色も含めて目立ってしまったりするのがデメリットとして考えられるでしょう。

歯肉整形やセットバック法という施術があります


ガミースマイルの施術は複数あります。

まず、代表的な施術の一つとして歯肉整形が挙げられるでしょう。

歯肉整形とは簡単に言うと、歯茎を切除するという外科的な施術となります。

ガミースマイルは歯茎が見える範囲について多く見えてしまうことが問題です。

そのため歯と歯茎の境目を切除することで解決しようというのが歯肉整形と言えるでしょう。

歯茎を切除すると聞けば少し大規模な施術をイメージしてしまうのもしかたありません。

しかし一般的に歯肉整形は一度の施術で終了することも多いのです。

施術後、ある程度の出血リスクはあるにしても、一目で分かるような腫れが生じるダウンタイムも少ないと言われています。

また、あくまで歯茎にアプローチをするような施術ですから、歯や骨へのアプローチではないのもメリットと言えるでしょう。

しかし、あご骨など骨格の問題でガミースマイルが生じているのでしたら、歯肉整形では対応できない場合も多いです。

その際には、セットバック法という施術が有効と考えられています。

セットバック法は歯肉整形と違って歯や骨を切るために、比較的大きな施術と言えるでしょう。

このセットバック法は上下左右第一小臼歯を抜いて前歯の残った歯茎を骨ごと後ろへ下げて整えるという施術です。

このセットバック法を行うことで、たとえ骨格が原因のガミースマイルであっても改善が期待できます。

見た目以外にも虫歯にもつながるので改善した方が良いです

ガミースマイルは歯茎が目立つだけで、見た目以外に大きな問題はないと考える人もいるでしょう。

しかしそれ以外にもさまざまなデメリットが指摘されています。

まず、見た目についてですが、気になる人はとても気になるものです。

子供の頃からガミースマイルにコンプレックスを持っていて、人前で笑えない、うまく会話ができないという人も居ます。

精神的な問題はストレスを生じさせるので、甘く見てはいけないでしょう。

また、見た目以外の問題を考えた場合、たとえば歯茎が露出しすぎることで歯や歯茎の乾燥につながる可能性も考えられます。

口内の乾燥は口の中で細菌が増加する原因の一つともなるので、虫歯や歯周病のリスクが高まるだけではなく、口臭にもつながると言われているのです。

虫歯も大きな問題と言えますが口臭がひどくなると人前でますます話ができない原因のひとつとなります。

このように、ガミースマイルは見た目以外にもさまざまな口内トラブルにつながる可能性を高めるのです。

そのため改善をしたいなら、歯肉整形やセットバック法などの施術について医師としっかり相談しましょう。

(まとめ)ガミースマイルとは何?

1.ガミースマイルとは笑ったとき歯茎が目立ちすぎる状態のことです

ガミースマイルは笑う時や口を開いた際、過剰に歯茎が目立つ状態のことです。

その基準は3ミリ以上の露出でガミースマイルと判断されるといいます。

改善のためには、歯肉整形やセットバック法などの医療的な施術が有効と言われています。

2.笑った時などに歯茎が過剰に目立つ状態のことです

ガミースマイルは口を開けた時や笑った際、過剰に歯茎が目立つ状態のことです。

3ミリ以上、歯茎が露出すると、ガミースマイルと判断されます。

口元が下品に見えたりするのでデメリットが多いのです。

3.歯肉整形やセットバック法という施術があります

ガミースマイルには複数の施術で対応できます。

歯肉整形や、セットバック法などが挙げられるでしょう。

セットバック法では骨格が原因のガミースマイルでも改善が期待できます。

4.見た目以外にも虫歯にもつながるので改善した方が良いです

ガミースマイルは審美的な問題以外にも、歯茎の乾燥によって虫歯や歯周病になりやすいと言われています。

そのことにより、口臭などでますます人前で話しができなくなる可能性もあります。

改善をしたいなら、医師としっかりと相談してください。

12502
Return Top