歯茎が変色し、出血を伴うのはなぜ?

歯茎の出血や赤黒っぽい色への変化は、歯周病が原因と考えられます


歯茎から出血し、通常はピンク色の歯茎が赤黒く変色しているのに驚いたことがある人もいるでしょう。

歯茎の出血や変色は、実は歯茎疾患のひとつ、歯周病が原因とされています。

歯周病は、歯茎と歯の隙間にプラークという汚れが溜まり、そこへ細菌が繁殖して歯茎が炎症を起こすことにより発症します。

進行具合は段階的ですが、悪化すると歯茎が下がって歯がグラグラし始め、ひどい場合は歯を失うことにもなる怖い疾患なのです。

歯周病になると歯茎が出血しやすくなり、色も変色すると言われています

歯磨きをすると歯茎から出血していたり、よく見ると歯茎が健康なピンク色から赤黒っぽい色に変色していたりすることに気づくことがあります。

これは、歯茎が炎症を起こす歯周病が原因と考えられます。

歯と歯茎に間に食べかすなどが溜まって歯垢(プラーク)が付着すると、歯垢に含まれる歯周病菌などの細菌が繁殖します。

この細菌が出す毒素により刺激を受け、歯茎が炎症を起こします。

すると、腫れあがって赤くなり、通常は引き締まった三角形の歯茎がやや丸みを帯びた状態になったり、食事や歯磨きの際に歯茎からの出血が見られるようになったりします。

更に炎症が悪化すると、歯磨きをしなくても歯茎から出血したり、歯茎がぶよぶよの状態になって赤黒く変色したり、口臭を感じるといった症状が出始めます。

また、そのまま放置すると歯周病菌により顎の骨がとかされて歯茎は下がってくるため、指で押すと歯がグラグラと動いたり、冷たいものがしみたりするといった症状が出てきて、ひどい場合は歯が抜け落ちてしまうとも言われています。

改善には歯科医院でのクリーニングなどの施術が効果的だとされています


歯周病にかかると、歯垢や歯石を除去しようと歯磨きに精を出す人もいます。

しかし、セルフケアだけではこびりついた歯石や、繁殖した雑菌を除去するのは難しいとされており、歯科医院で歯周病ケアを受けたほうが効果的だと言えます。

歯科医院で行われる歯周病ケアとしては、まず歯周病の進行具合をチェックするために、細菌検査や歯周ポケットの測定や出血具合といった、細かな歯周病精密検査が行われます。

更に、検査結果をもとにして、歯の根元についた歯石の除去や歯や歯茎の洗浄、レーザーによる歯周病菌の殺菌、口腔内マウスピース抗菌ジェルなどを使ったホームケアなどの施術を行います。

その後、再度歯周病の精密検査を行い、改善具合などをチェックしながら施術を進めるという流れになっています。

歯茎の腫れや出血は、すぐには治まらないので改善されるまでにはある程度時間がかかると言われています。

しかし、きちんと歯周病ケアを受けることで、やがて歯茎の炎症も治まって赤黒かった歯茎も元のピンク色に戻り、出血もなくなるとされているので効果は期待できるでしょう。

歯周病を放置すると、歯を失うだけでなく全身疾患を招くリスクもあるとされています

歯茎から出血しても、色が赤黒く変色しても痛みが少ないから大丈夫とつい放置してしまったら、どうなるのでしょうか?
歯周病が悪化して顎の骨が溶かされて歯茎が大きく下がり、歯の根元が見えてくると歯がグラグラ動くようになって、食べ物しっかり噛めない状態になります。

出血も口臭も酷くなって、さすがに日常生活にも支障をきたすようになるでしょう。

やがて、グラグラした歯が根本から抜け落ちて、大切な歯を失うことにもなりかねません。

また、歯周病は歯や歯茎以外にも全身に悪影響を及ぼすとされています。

歯周病菌は口腔内に留まらず、血液にのって全身に運ばれてしまいます。

その結果、糖尿病を悪化させたり、動脈硬化を招いて脳梗塞などの脳血管疾患や心筋梗塞などの心臓疾患の発生リスクを高めたりするということが、研究により徐々に分かってきています。

また、関節炎や腎炎、誤嚥により歯周病菌が肺に入り込むことによる誤嚥性肺炎なども歯周病にかかっていると発生しやすくなるとされています。

他にも、女性では早産や低出生体重児などの妊娠トラブルの発生確率が高くなるというデータが出ています。

口腔内のみならず、体の健康を守るためにも歯周病は早めにケアしたほうがよいと言えます。

(まとめ)歯茎が変色し、出血を伴うのはなぜ?

1.歯茎の出血や赤黒っぽい色への変色は、歯周病が原因と考えられます

歯周病にかかると、歯茎からの出血や変色が見られます。

歯と歯茎に間に溜まった汚れにより、細菌が繁殖して
歯茎を攻撃し、炎症を起こすことにより、出血しやすくなるのです。

放置すると悪化して、最後には歯が抜け落ちる場合もあります。

2.歯周病になると歯茎が出血しやすくなり、色も変色すると言われています

歯と歯茎の間に蓄積した歯垢に細菌が増殖し、炎症が起きる歯周病にかかると、出血や変色を招くとされています。

放置して悪化すれば、歯がぐらついて最後には抜け落ちることもあると言われています。

3.改善には歯科医院でのクリーニングなどの施術が効果的だとされています

歯周病の改善には、歯科医院での歯周病ケアを受けるのが効率的だとされています。

歯石の除去やレーザーによる歯周病菌の殺菌などの施術が行われ、時間をかけて歯の出血や変色を改善できるとされています。

4.歯周病を放置すると、歯を失うだけでなく全身疾患を招くリスクもあるとされています

歯周病をそのまま放置すると、血液にのって全身に歯周病菌が運ばれます。

すると、心臓や脳、腎臓や肺などの臓器に悪影響を及ぼし、様々な疾患の発症リスクを高めるとされています。

2115
Return Top