歯茎の血色を良くするためにはどうしたらいい?

歯茎の血色を良くしたいならホワイトニングや被せ物の変更で改善が期待できます


健康的な歯茎の色は薄いピンク色をしています。

しかし何かしらのトラブルが生じると、歯茎の血色が悪くなってしまうのです。

原因として考えられるのは、メラニン色素やメタルタトゥーなどでしょう。

歯茎の血色が悪い場合、原因を特定してそれに合わせた施術や対策が必要となります。

メラニン色素の沈着が原因の場合、歯茎のホワイトニングが有効とされています。

また、ブラックマージンやメタルタトゥーなどの場合、被せ物をオールセラミックのものなどに変更することで効果が期待できます。

歯茎の血色が悪くなってしまうのにはさまざまな原因があります

健康的な歯茎は、薄いピンク色をしているのですが、何かしらのトラブルが原因で、歯茎の色は赤、赤紫、黒ずんだ色などになってしまいます。

しかし、なぜ歯茎の色は悪くなってしまうのでしょうか。

原因のひとつには、メラニン色素が挙げられるでしょう。

歯茎は刺激を受けると、メラニン色素を生成するとされています。

代表的なものとしては、タバコの中に含まれている有害物質により、歯茎が刺激されて黒ずんでしまうようです。

他にも、歯磨きをする際、歯肉にブラシを強く押し付けるような磨きをするとそれが原因になる場合もあります。

その他の原因として、代表的なのが金属の被せ物によるものです。

被せ物として良く使われている銀歯などが溶けて、歯茎の色素沈着を起こすと考えられています。

この歯茎が黒ずんでしまう現象は、メタルタトゥーと呼ばれています。

また、歯周病も歯茎の色を変える大きな要因となります。

進行をすれば赤から赤紫や黒ずんだ色とされています。

このように、歯茎の血色はさまざまな原因によって、悪くなるようとされているのです。

メラニン色素による歯茎の変色にはホワイトニングが特に有効です


歯茎の血色が悪い場合、原因を特定し、それに合った施術や対策を行わなければなりません。

まずメラニン色素によって歯茎が変色している場合、喫煙をしているなら、禁煙を考えた方が良いです。

歯磨きで歯茎を刺激しすぎているなら、歯ブラシを柔らかいタイプのものにする、あるいは、力を入れ過ぎずに磨く必要があります。

しかしそれはあくまで予防に過ぎません。

血色の悪くなった歯茎を元に戻すためには、医療的なアプローチが必要でしょう。

代表的な施術は歯茎のホワイトニングです。

特殊なホワイトニング剤を歯茎に塗り、薄いピンク色の歯茎を取り戻す施術となります。

ホワイトニングによる施術は、主に、メラニン色素が原因である歯茎の変色に効果的です。

施術期間は、1週間ほどを目安に考えておいてください。

ホワイトニングを行うと、歯茎に白い膜ができ、1週間経過すると剥がれます。

すると、健康的な歯茎が戻っているという仕組みです。

他の施術として、レーザーを使ったものなどが挙げられます。

ただ、被せ物などが原因となっている黒ずみの場合は、ホワイトニングによる改善は期待できないでしょう。

メタルタトゥーやブラックマージンが原因なら被せ物の変更が有効です

金属の被せ物などを使用していることが原因で歯茎の血色が悪い場合は、予防や改善のために、被せ物などの素材を変える必要があります。

歯茎が黒ずんで見える原因として、メタルタトゥー以外にも被せ物の土台が見えるケースもあるようです。

これは口内に入った光の影響により、被せ物の土台が見えてしまうことが原因として考えられています。

また、歯茎が下がることで金属が見えるケースなどもあるようです。

これらはブラックマージンと呼ばれており、特徴として、歯茎の境目が黒く見えます。

他にも金属の被せ物が溶けて歯茎が黒く変色するというものあります。

この場合は、被せ物を金属のものから、金属を使っていないオールセラミックのものに変更することよって改善が期待できるでしょう。

オールセラミックは金属を使っておらず、すべて非金属のセラミックでできています。

オールセラミックは、光による影響や、溶け出すという心配もありません。

そのため金属によって歯茎の血色が悪く見える問題の改善が期待できるのです。

最後に、歯周病を原因としたものですが、基本的には、まず歯周病そのものを治すところから始める必要があるでしょう。

このように歯茎の変色は、原因によって施術法を変えて改善を目指すのが一般的です。

(まとめ)歯茎の血色を良くするためにはどうしたらいい?

1.歯茎の血色を良くしたいならホワイトニングや被せ物の変更で改善が期待できます

メラニン色素の沈着が原因で歯茎の血色が悪い場合は、ホワイトニングという施術が効果的です。

また、金属の被せ物によるブラックマージンやメタルタトゥーが原因なら、被せ物をオールセラミックのものに変更することで改善につながります。

2.歯茎の血色が悪くなってしまうのにはさまざまな原因があります

歯茎の血色が悪くなってしまう要因として、タバコや過度な歯磨きによるメラニン色素の沈着が挙げられます。

他にも金属の被せ物が融けたことによる色素沈着や、歯周病によるものなど様々な種類の原因があるでしょう。

3.メラニン色素による歯茎の変色にはホワイトニングが特に有効です

歯茎の血色が悪い場合、原因を特定してそれに合わせた施術が必要です。

メラニン色素の沈着が原因の場合は、歯茎のホワイトニングが効果的とされています。

他にもレーザーを使った施術などが有効とされています。

4.メタルタトゥーやブラックマージンが原因なら被せ物の変更が有効です

金属の被せ物が原因なら、被せ物を変更する施術が良いでしょう。

オールセラミックは金属を使っていないため効果的と言えます。

光の影響や溶け出すという心配もいりません。

歯周病の場合は、歯周病自体の改善が必要となります。

1641
Return Top