歯茎の変色対策で歯科矯正が必要ってどういうこと?

歯並びの悪さが原因で歯周病になり歯茎の変色が起きているなら、歯科矯正が効果的です


歯茎の色が変わる原因のひとつに歯周病があります。

歯周病が悪化すると、毛細血管の血流が悪くなり、歯茎の色が悪くなってしまうのです。

歯周病は歯茎の変色だけではなく、見た目の悪さ、虫歯や、顎関節症のリスクを高めるのも注意しなければなりません。

歯並びが悪いと、歯磨きがきちんとできないので、歯周病リスクが高くなります。

セラミックによる歯列矯正を行うことで、歯を清潔に保ち、歯周病の予防につながるでしょう。

また、セラミックのものであれば、金属による歯茎の変色リスクも低くすることができます。

歯周病が歯茎の色を変色させる原因のひとつです

歯茎が変色する原因として、歯周病の可能性が考えられます。

歯周病に侵食された歯茎の特徴は、炎症で赤く腫れあがるという部分でしょう。

炎症は初期段階の症状なのですが、放置していると、どんどん症状が徐々に進行していきます。

歯周病が進行すると、歯茎の中の毛細血管の血流が悪化するようです。

すると歯茎が赤紫色になり、もっとひどくなると黒ずみが生じます。

歯茎の変色が歯周病によるものでしたら、まずは歯周病の改善が必要になるでしょう。

そもそも歯周病はどのようなことが原因で引き起こされるのでしょうか。

たとえば、歯磨きをおこたっていれば歯周病になるリスクを高めます。

食べかすが残らないよう、きちんと歯磨きをしなければならないのですが、一方、しっかり歯磨きをしていても、歯周病になってしまう人はいるようです。

その場合、歯並びの悪さをチェックしてみてください。

歯並びが悪いと、歯磨きをしても、歯と歯とのすき間に食べかすが残ってしまいがちになってしまいます。

そのため、歯周病や、虫歯のリスクを高めることにつながり、結果的に歯茎の変色リスクを高めることにもつながるのです。

歯並びの悪さが原因で、歯茎の変色が起きてしまった場合は、歯科矯正を行う事で改善が期待できるでしょう。

歯並びの悪さを改善することで歯茎の変色や口腔トラブルのリスクを低くできます


歯茎の変色や歯周病につながる歯並びの悪さは、どうして起きるのでしょうか?
まず、遺伝の可能性が考えられます。

遺伝は、顎の骨の形、大きさ、歯の形状などに大きな影響を与えると考えられているのです。

遺伝の場合は日常生活で注意しようがないのでやっかいと言えるでしょう。

子供の頃の病気や栄養の問題、さらに虫歯などが歯並びを悪くさせます。

さらに頬杖をつく、指しゃぶりなども、歯並びの悪さにつながる要因と考えられているようです。

歯並びの悪さは歯周病や虫歯だけではなく他にもさまざまな症状を引き起こしかねません。

顎関節にも悪影響を与え、顎関節症につながるとも考えられています。

見た目も無視できない問題でしょう。

歯並びの悪さは、審美的なことを考えても良いものではありません。

日常的に口を大きく開けられないため、素直に笑えないという人もいます。

精神的なストレスやコンプレックスのため、自分に自信を持てない人もいるようです。

歯茎の変色だけではなく、さまざまな悪影響を歯並びの悪さはもたらします。

だからこそ歯科矯正などで改善をした方が良いと言えるのです。

セラミッククラウンによる歯科矯正が効果的です

歯科矯正にもさまざまな方法があります。

その中でもセラミック矯正は、歯並びの悪さを治す以外にも、変色リスクを低くできるという点においても魅力的です。

歯茎の変色の中には銀歯など、金属系の被せ物の影響もあると考えられています。

銀歯などのような金属は、溶け出して歯茎に沈着し、黒ずみなどを引き起こすと言われており、この場合、被せ物自体を変える必要が出て来るでしょう。

セラミック矯正で使われる被せ物の素材は、その名の通り、非金属のセラミックです。

セラミックは金属系の被せ物と違い、歯茎の変色リスクがほとんどないと言われています。

また、セラミックは審美的な面からも、金属のものより自然で透明度が高いのは大きな魅力と言えるでしょう。

施術期間は最短でも3週間ほどですから、短期間で歯並びの悪さを改善したい人には適している施術と言えます。

鹿強瀬で歯並びを良くすることによって、歯並びの悪さによって引き起こされる歯周病を予防することができます。

歯茎が変色していて、さらに歯並びが悪いのは良い状態とは言えません。

セラミック矯正を利用して、歯周病の起きない健全な歯を手に入れましょう。

(まとめ)歯茎の変色対策で歯科矯正が必要ってどういうこと?

1.歯並びの悪さが原因で歯周病になり歯茎の変色が起きているなら、歯科矯正が効果的です

歯並びが悪いと歯周病となり、それが歯茎の変色リスクを高めます。

だから歯科矯正によって歯周病対策が重要なのです。

歯科矯正をしたいなら、セラミック矯正が良いでしょう。

2.歯周病が歯茎の色を変色させる原因のひとつです

歯茎が変色する原因が歯周病である場合も考えられます。

歯周病が進行すると、毛細血管の血流が悪くなり、歯茎が赤紫色に変色するのです。

歯並びが悪いと、歯磨きをしても食べかすが残るので、歯周病リスクを高めます。

3.歯並びの悪さを改善することで歯茎の変色や口腔トラブルのリスクを低くできます

歯茎の変色や歯周病の原因は、遺伝や、悪癖などが考えられます。

歯並びの悪さは歯周病だけではなく、顎関節症や見た目の問題を引き起こす原因です。

だからこそ歯科矯正をした方が良いでしょう

4.セラミッククラウンによる歯科矯正が効果的です

歯科矯正にもさまざまなものがありますが、セラミック矯正は特におすすめと言えます。

なぜならば、セラミック矯正は歯並びの悪さだけではなく、歯周病の対策にもつながるからです。

また、施術期間が短いというのもメリットの一つと言えるでしょう。

1022
Return Top