歯と歯茎の変色を改善する方法ってあるの?

歯と歯茎の変色はホワイトニングやクリーニングで改善が期待できます


歯や歯茎の変色を改善したい場合は、歯のクリーニングや歯茎のホワイトニングといった施術が効果的だと言われています。

歯のクリーニングでは、歯磨きでは取ることができない汚れも除去することが可能で、歯茎のホワイトニングは、メラニン色素が原因になっている変色に対して有効と言われています。

特に歯茎のホワイトニングは、難しい施術ではなく1週間ほどの短期間で改善が期待できるようです。

ただ、歯周病が原因の変色である場合は、まず歯周病を改善することが重要となります。

歯や歯茎の変色はホワイトニングやクリーニングで改善が期待できます

歯や歯茎の変色を改善したいという場合、ホワイトニングやクリーニングという施術があります。

歯や歯茎の汚れは、口腔内の審美的な観点から見ても良くありません。

口を開けて見える黄色い歯やどす黒い歯茎は、不健康というネガティブなイメージを持たれることでしょう。

そのことで満足に口を開くことができないのは、辛いことです。

しかし歯や歯茎の変色は、少々歯磨きをしても改善できる場合は少ないでしょう。

歯茎が黒くなっている場合、メラニン色素の沈着が原因として考えられます。

放置していても改善されることはありませんから、医療的な施術が必要になります。

例えば歯のクリーニングを行うことで、歯磨きでは取ることができない汚れも除去可能です。

歯の裏側にこびりついた歯石や歯垢も、歯磨きを毎日行った所で簡単には取れませんが、歯のクリーニングを行えば、元の美しい歯の色を取り戻すことが期待できるのです。

また、クリーニングを行うことで、歯垢が取り除くことが可能になり、虫歯や歯周病予防にもつながります。

歯茎のホワイトニングはリスクが低い施術です


歯茎が黒く変色してしまうのは、メラニン色素が原因の場合があります。

タバコのニコチンやタールは、歯茎を刺激しメラニン色素を生成する要因となるようです。

禁煙をすることで、歯茎の変色予防にはなりますが、すでに着いた歯茎の色が元に戻るわけではありません。

しかし、歯茎のホワイトニングであれば、すぐに健康的な薄いピンク色の歯茎を取り戻すことが可能になると言えます。

歯茎のホワイトニングは複雑な施術ではありません。

変色した歯茎にホワイトニングの薬剤を塗るだけなので非常に手軽です。

ホワイトニング剤を塗った歯茎に白い膜ができ、1週間ほど経過すると、剥がれて健康的なピンク色の歯茎に戻っているという仕組みになっており、メラニン色素を原因とした変色に、効果的だとされています。

注意したいのは、少々痛みがあるという部分でしょう。

ただ個人差はあるものの、我慢できない痛みでもないようです。

もしどうしても痛みが苦手という場合は、痛み止めなどで対応して貰うことができますから、医師に相談してみましょう。

このように、歯茎のホワイトニングは、リスクの少ない施術と言えるでしょう。

歯周病が変色の原因なら歯周病を改善することが大切です

歯茎の変色の中でも、心にとめておきたいのは歯周病が原因の場合です。

歯周病になると歯茎が赤紫に変色します。

ただ、歯周病の場合は、それだけにおさまらず、口内の粘つき、歯肉の痛み、出っ歯やすきっ歯の原因にもなり、口臭が発生してしまう場合もあるのです。

さらに症状が進行すると、歯が抜けるだけではなく心疾患や脳卒中などの重大な病気の原因になるとも言われています。

歯周病は放置していても、そのうち改善できるものではありません。

また、歯茎のホワイトニングを行っても、メラニン色素による変色ではない為、改善が期待できないのです。

歯周病による変色を治すためには、まず歯周病自体の施術を行うことが重要となります。

歯周病かどうかをチェックするポイントですが、例えば、朝起きた時などに口の中がねばついていないかチェックしてください。

歯磨きをすると出血してしまうのも歯周病の代表的な症状です。

歯周病を予防するためには、日常的な歯磨きを心がけましょう。

また、歯のクリーニングは歯周病の予防に効果的だとも言われています。

歯のクリーニングを行うことで、歯垢や歯石を除去できますから、歯周病のリスクを低くすることにつながります。

(まとめ)歯と歯茎の変色を改善する方法ってあるの?

1.歯と歯茎の変色はホワイトニングやクリーニングで改善が期待できます

歯や歯茎の変色を改善するのであれば、歯のクリーニングや歯茎のホワイトニングが効果的です
歯磨きで取れない汚れを除去したり、短期間での改善が期待できたりするメリットがあります。

ただ、歯周病が原因の変色の場合、まず歯周病を治すことが先決でしょう。

2.歯や歯茎の変色はホワイトニングやクリーニングで改善が期待できます

歯や歯茎の変色を改善したい場合、ホワイトニングやクリーニングが有効です。

歯のクリーニングでは、歯磨きで取れない汚れも除去することができます。

歯石や歯垢などの除去も可能ですから、虫歯や歯周病などにも効果的でしょう。

3.歯茎のホワイトニングはリスクが低い施術です

歯茎の変色は、メラニン色素の沈着が原因である場合があります。

その場合、歯茎のホワイトニングを行う事で改善が期待できるでしょう。

手軽でいて、リスクも低いというメリットがあり、施術自体も短期間で完了することができるとされています。

4.歯周病が変色の原因なら歯周病を改善することが大切です

歯周病を原因とした変色の場合は、まず歯周病を改善しなければなりません。

歯周病は歯茎の変色や、口臭、口内の粘つきだけではなく生命を脅かす病気の原因になるという話もあります。

歯のクリーニングを行うことで、歯垢を除去し歯周病の予防にもなります。

1235
Return Top