湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

奥歯の歯茎の色が変わってしまうのはなぜ?

奥歯の歯茎の変色はメタルタトゥーの可能性があります


奥歯の歯茎が変色してしまったときは、金属の被せ物などをしている所かどうかチェックしてみてください。

もし、被せ物などをしているのであれば、メタルタトゥーの可能性が考えられます。

被せ物に使われている金属の影響で、黒ずみが生じる現象です。

もしメタルタトゥーが原因なら対策として、被せ物をセラミック素材にする施術があります。

特にジルコニアセラミックは頑丈で金属アレルギーの心配もありません。

奥歯の歯茎が変色するのはメタルタトゥーの可能性があります

奥歯の歯茎も変色していたら、まずはその奥歯に被せ物や詰め物がないか、差し歯ではないかなどを確認してみてください。

もし被せ物や詰め物をしている奥歯の歯茎が変色しているなら、メタルタトゥーかもしれません。

メタルタトゥーは奥歯だけではなく、前歯などでも見られる現象です。

一般的に虫歯になると、被せ物や、詰め物、差し歯などの施術で対応します。

しかし被せ物などに使用されている素材によっては、メタルタトゥーが起きてしまうのです。

メタルタトゥーは被せ物などに使われている金属が溶け出し、歯肉に沈着して引き起こされると考えられています。

メタルタトゥーの中でも、特にやっかいなのは、溶けた金属が歯肉の深層まで浸透しているケースでしょう。

簡単に除去できず、状態によってはレーザーでも対応できないケースもあるようです。

その場合、外科的な施術によって歯肉の切除が行われることもあります。

しかし、そのような施術で奥歯の歯茎が改善されたとしても、被せ物などが金属のものなら、再びメタルタトゥーになることも否定できません。

そのため金属を使っていない被せ物などに変える必要が出て来ます。

確実に歯茎の変色リスクを低くしたいのであれば、オールセラミックのものや、ジルコニアセラミックのものなどを検討するのも良いでしょう。

歯茎の変色リスクを低くしたいのであれば、セラミック素材の被せ物があります


奥歯の歯茎の黒ずみに対応したいのであればセラミック素材が良いでしょう。

注意したいのは、セラミックと言っても、すべてがセラミック素材の物と、一部だけセラミックの物では違うということです。

例えば、表面はセラミックでその内面は金属という物もあります。

代表的なのがメタルボンドなのですが、そのようなタイプは金属が使われているため、歯や、歯茎の変色リスクにも注意をしておく必要があるでしょう。

内部や土台に金属が使われている場合、触れている歯茎が変色してしまうことがあります。

そのため、奥歯の歯茎を変色から守るためには、オールセラミックや、ジルコニアセラミックなど、土台も金属が使われていないものが良いと言えるようです。

オールセラミックはすべてセラミックが使われています。

ジルコニアセラミックは人工ダイヤであるジルコニアが使われているので、高級なものと考えて良いでしょう。

ジルコニアセラミックは、ジルコニアから削ってベースを作り、その上にセラミックを焼き付けるという製造方法です。

金属は使われておらず、歯茎の変色リスクを低くすることができます。

美しさと強度を重視しつつ、変色を嫌うのであれば検討する価値があると言えるでしょう。

ジルコニアセラミックは奥歯の被せ物に向いています

ジルコニアセラミックは歯茎の変色対策以外にもさまざまなメリットがあります。

まずはその硬度です。

セラミック自体硬度が高いものなのですが、ジルコニアはさらに高いと言われています。

硬度が高い素材なため、奥歯の被せ物に適しているという考え方もできるでしょう。

奥歯は物を噛んだり砕いたりする場所ですから、大きな負担が強いられます。

寝ている時の歯ぎしりの負担も考えなければなりません。

そうなると、奥歯の被せ物をするなら、日常生活の中で割れるリスクを考える必要も出て来ます。

ですが、ジルコニアセラミックであればとても頑丈ですから、少々のことで心配はいりません。

また、金属アレルギーのリスクも低いようです。

オールセラミックも素材がセラミックですから、金属アレルギーの方はぜひ検討してみると良いでしょう。

金属アレルギーを持っている人や、歯茎の変色や被せ物の割れるリスクなどを低くしたいのであれば、ジルコニアセラミックやオールセラミックをおすすめします。

(まとめ)奥歯の歯茎の色が変わってしまうのはなぜ?

1.奥歯の歯茎の変色はメタルタトゥーの可能性があります

奥歯の歯茎が変色しているなら、金属の被せ物をしているかどうかチェックしてみてください。

被せ物が金属なら、メタルタトゥーの可能性があります。

対策として被せ物をセラミック素材にする施術が有効かもしれません。

2.奥歯の歯茎が変色するのはメタルタトゥーの可能性があります

奥歯の歯茎が変色した場合、メタルタトゥーの可能性が考えられます。

特に黒くなっているなら、被せ物の素材をチェックする必要があるでしょう。

対策として、オールセラミックやジルコニアセラミックの被せ物に変更するという方法があります。

3.歯茎の変色リスクを低くしたいのであれば、セラミック素材の被せ物があります

メタルタトゥーの予防を考えるのであれば、被せ物はセラミック素材のものをおすすめします。

注意したいのは、表面だけセラミックで、一部に金属を使っているような物もあることです。

ジルコニアセラミックなどであれば、そのような心配もいらないでしょう。

4.ジルコニアセラミックは奥歯の被せ物に向いています

ジルコニアセラミックは歯茎の変色対策以外にもメリットが多いです。

奥歯は頑丈さが求められるのですが、硬度が硬いのは魅力と言えます。

金属アレルギーのリスクも少ないと言えるでしょう。

402
Return Top