湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の変色はすべてホワイトニングできれいになるの?

歯茎の変色原因がメラニン色素ならホワイトニングは有効です


歯茎の変色に対し、有効だとされている施術が歯茎のホワイトニングです。

特殊な薬剤を歯茎に塗るだけなので簡単な施術と言えます。

ただ、注意したいのは、メラニン色素による変色に有効という部分です。

歯周病や差し歯の素材による変色はメラニン色素が原因ではないため、歯茎のホワイトニングは有効ではないようです。

メラニン色素はタバコや歯磨きの刺激によって生成されます。

メラニン色素が原因の歯茎の変色であれば、ホワイトニングを試す価値は十分にあると言えるでしょう。

ホワイトニングで歯茎の変色を改善することができます

歯茎の変色を改善したいなら、歯茎のホワイトニングという施術があります。

口内のホワイトニングと言えば、歯をイメージする人が多いかもしれません。

しかし、歯が真っ白で綺麗だとしても、歯茎の色がどす黒かったり、赤紫だったりすると不健康に見えませんか?
歯茎のホワイトニングはピーリング効果のある特殊な薬剤を塗り、健康的な歯茎の色を取り戻す施術です。

ホワイトニング剤を塗ってから1週間程度経過すると、その薬剤が剥がれます。

そうすると健康的な薄いピンク色の歯肉が再生しているという仕組みです。

歯茎のホワイトニングを行えば、歯茎の変色を気にすることなく口を大きく開けられるようにもなります。

ガミースマイルなど、歯茎が目立つような人はその色も気になるのではないでしょうか。

長年、歯茎の色にコンプレックスを抱えていた人もいるでしょう。

そんな人に対し、歯茎のホワイトニングは不健康な黒い歯茎から解放してくれる施術なのです。

施術自体はそれほど難しいものではありません。

外科的な施術のように歯肉を施術することもないので、体への負担はほとんどないと言えるでしょう。

美しい歯茎を取り戻すため、歯茎のホワイトニングを検討してはいかがでしょうか。

ホワイトニングはメラニン色素が原因の変色に有効です


注意したいのは歯茎のホワイトニングが、どんな歯茎の変色にも通用する万能な施術ではないということです。

基本的に、ホワイトニングはメラニン色素が原因になっている黒ずみに対して有効とされています。

メラニン色素と聞くと、夏場、日に焼けて肌が黒くなることをイメージする人も多いでしょう。

実は、口内でもメラニン色素は生成されるのです。

口内のメラニン色素は体外からの異物や刺激に対して生成されます。

紫外線以外の刺激でもメラニン色素は作られて歯茎が黒くなってしまうのです。

では、どのようなものが原因となっているのでしょうか?
代表的なのは、喫煙が習慣化しているケースです。

タバコにはニコチンやタールなどが含まれており、それらの物質が歯茎を刺激し、メラニン色素が生成されるきっかけになるとされています。

他にも、歯茎を刺激する要因としては、歯磨きが挙げられます。

歯磨きを行うこと自体に悪影響はありません。

ただし、歯茎を磨く時に力を入れすぎている人は注意をしてください。

実はそのような刺激だけでも、メラニン色素が作られるリスクが高まってしまうのです。

強く磨くだけではなく、何度も過剰に歯磨きを行うことで歯茎に対する刺激となり、黒ずみの原因となってしまうとされています。

適切な歯の磨き方を心がけましょう。

歯周病や被せ物が原因の変色はホワイトニング以外の施術が必要です

歯茎の色が黒ではなく赤紫色に変色しているケースもあるのですが、この場合は、歯茎のホワイトニングで対応できない可能性があります。

なぜならば、それは歯周病が原因である可能性があるからです。

歯茎が赤紫になっている状態は、炎症や腫れが起きている可能性が考えられ、歯周病が原因の場合は、まず歯周病の方から改善をしなければなりません。

また、虫歯を治すために使用される差し歯、被せ物、詰め物も歯茎の変色原因になるようですが、こちらもホワイトニングでは対応できないと言われています。

原因として、詰め物の金属の土台が黒く見える可能性が考えられるようです。

これはブラックマージンと呼ばれています。

被せ物などに使われている金属が溶け出すことも、歯茎の変色につながります。

金属の色素が歯茎に悪影響を与え、黒くなるようです。

このような原因の場合、歯茎のホワイトニングではなく被せ物や詰め物を、オールセラミックのような金属を使っていないものに変えることで改善が期待できます。

(まとめ)歯茎の変色はすべてホワイトニングできれいになるの?

1.歯茎の変色原因がメラニン色素ならホワイトニングは有効です

メラニン色素が原因の歯茎の変色にホワイトニングは有効とされています。

特殊な薬剤を歯茎に塗るという比較的簡単な施術ですが、歯周病や被せ物の素材による変色などのような、原因がメラニン色素ではないものには有効ではありません。

2.ホワイトニングで歯茎の変色を改善することができます

歯茎の変色を改善する施術として、歯茎のホワイトニングがあります。

特殊な薬剤を塗って、健康的な歯茎の色に戻すことが可能になるでしょう。

手軽に受けることのできる施術のため、体への負担もほとんどないと言われています。

3.ホワイトニングはメラニン色素が原因の変色に有効です

歯茎のホワイトニングは、メラニン色素を原因とした変色に有効とされており、それらはタバコや過剰な歯磨きのしすぎが原因で起きてしまうと言われています。

喫煙者や、歯磨きのしすぎに心当たりがあるという方は注意が必要でしょう。

4.歯周病や被せ物が原因の変色はホワイトニング以外の施術が必要です

歯周病や、ブラックマージンなどが原因の場合も歯茎の変色が起きるようです。

この場合、歯周病や被せ物など、根本的な原因から治していかなければなりません。

状態に適した施術を選ぶことで、美しい口元を手に入れましょう。

555
Return Top