湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎が変色したときに戻す方法はある?

歯茎の色が変わった原因に合わせて色を戻す施術を受けることができます。


歯茎の色がだんだんと変わってくる原因にはさまざまなものがあります。

クラウンなどに含まれている金属が原因で歯茎が黒くみえる場合や、タバコやメラニンなどによる歯茎の色素沈着、施術時に出る細かな金属片などが原因で歯茎が黒ずんでしまう場合など、それぞれの原因に合う施術を受けることで歯茎の色の改善が期待できます。

歯茎の色はさまざまな原因で変色する場合があります

歯茎の色が変化してしまう、特に前歯など見える場所の歯茎が黒くなってしまった場合には周りからの目も気になります。

どうして歯茎の色が黒く変色することになるのでしょうか。

歯茎の色が変わってしまう原因はさまざまあり、歯に被せたクラウンなどが原因である場合や、タバコなど日常の生活習慣から歯茎の色が変わる場合などが多くみられます。

自分の歯が虫歯や破損などで無くなってしまったときに、歯の代わりに差し歯などを入れる場合がありますが、その差し歯に金属が使用されていると歯茎の色が黒く変化する場合があります。

口の中の金属が水分でイオン化して流れ出し、歯茎につくことで歯茎に色素沈着が起きるためです。

個人差はありますが、差し歯を入れてから数年で歯茎の色の変化に気がつく場合が多くなっています。

日常的にタバコを吸う方の場合には、タバコに含まれる成分が歯茎に沈着することや、メラニンが歯茎に影響することで色素沈着が起きて歯茎が黒ずむことがあります。

またタバコを吸わない方でも、お茶などが原因になって歯茎の変色が起こる場合があります。

金属による歯茎の変色はオールセラミックで改善が期待できます


差し歯などに使用されている金属が原因となって歯茎が変色している場合には、原因となっている差し歯をオールセラミックなどのように金属を使っていないものに取りかえる施術が適しているといえます。

差し歯には土台とクラウンがあるので、クラウンだけをオールセラミックに取替えても土台が金属のままという状態にならないよう注意が必要です。

土台とクラウンの両方から金属を無くさないと口の中にまだ金属がのこったままになり、金属イオンが流れ出している状態は変わらないことになります。

また歯茎が下がったときに歯の土台まで見える場合もあるので、歯茎の色が特に気になる前歯には土台にも金属を使用しないほうがおすすめといえます。

通常保険が適用になる差し歯は、セラミックではなくレジンという素材を使用しています。

レジンは強度を強めるために大体は内部に金属が入っているので歯茎の変色が起きやすく、年月の経過とともに歯茎の色が変わっていく可能性が高くなります。

レジンの場合には歯茎の変色だけでなく人工歯の変色も発生するので、差し歯の素材を決めるときには数年後にどのようになるのかまで考えて決めたほうが安心です。

歯茎の変色には歯肉整形の施術も適しているといえます

差し歯などに含まれる金属が原因で歯茎の色が黒くなったときには一般的に差し歯を非金属に変更する施術を受けることになります。

ところが差し歯をかえた後でもまだ歯茎の変色が気になる場合もあります。

なかなか落ちない歯茎の黒ずみは長い年月の間に歯茎に色素沈着が起きている場合にみられますが、差し歯の素材変更のほかにさらに歯肉整形の施術を受けることで歯茎の色の改善が期待できます。

歯肉整形では歯茎のホワイトニング(ベビーピーリング)の施術が受けられます。

ベビーピーリングは専用の薬剤を歯茎に塗って歯茎の表面に白っぽい膜を作り、その膜が何日か後に剥がれてくるときに歯茎の黒ずみの改善が望めるという施術です。

タバコを吸う方がタバコのニコチンやタールなどの成分のために歯茎の色素沈着が進んでしまった場合や、タバコを吸っていない方でもメラニン色素により歯茎の色素沈着が起きてしまっているという場合にもベビーピーリングの施術は適しているといえます。

(まとめ)歯茎の色が変色したときに戻す方法はある?

1.歯茎の色が変わった原因に合わせて色を戻す施術を受けることができます。

歯茎の色が変わる主な原因には、クラウンなどに含まれる金属が原因の場合やタバコやメラニンなど、施術時の細かい金属片などが原因の場合があります。

それぞれの原因によって歯茎の色を改善する施術が異なり、原因に合った施術で改善が期待できます。

2.歯茎の色はさまざまな原因で変色する場合があります

歯茎の色が変色してしまう原因はさまざまですが、歯に被せたクラウンが金属でできていたことが原因の場合や喫煙などの生活習慣から歯茎の色が黒く変色する場合などが多いといえます。

3.金属による歯茎の変色はオールセラミックで改善が期待できます

差し歯などに金属が使用されている場合には、その金属が原因となって歯茎が黒く変色することがあり、また歯茎が下がったときには土台が金属だと黒くみえる場合もあります。

歯茎の変色を避けるにはオールクラウンなどの非金属製の素材が適しているといえます。

4.歯茎の変色には歯肉整形の施術も適しているといえます

歯茎の変色の原因となっていた金属製の差し歯などを替えた後でもまだ歯茎の色が気になる場合には歯茎のホワイトニング(ベビーピーリング)で歯茎の色の改善が期待できます。

タバコを吸う方の歯茎が色素沈着を起こしている場合などにも適した施術といえます。

763
Return Top