クラウンをつけると歯茎の色は本当に黒くなる?

クラウンに使用されている金属部分が歯茎の色を黒くすることがあります


金属を使用しているクラウンをつけた後に、クラウンの金属部分が原因となって歯茎の色が黒くなることがあります。

見た目には金属がついていないような場合でも、見えない部分に金属がある場合にはそこから金属イオンが流れ出すことで歯茎に色素沈着が起きる可能性があるので、クラウンの材質に気をつける必要があります。

クラウンが原因で歯茎の色が変わる可能性があります

クラウンとは歯が抜けた後に入れる差し歯やセラミック矯正などで、土台(コア)にセットする人工の歯です。

コアにクラウンを被せることで本物の歯のような自然で美しい人工歯にすることが可能になります。

歯茎の色が変わるのは、クラウンに金属が使用されている場合にその金属から溶け出した金属イオンが歯茎を黒く変色させる可能性が高くなるためです。

歯茎の色が変化しないようにするには金属を使用していないクラウンを選ぶことが望ましいのですが、保険が適用になるクラウンには大抵金属が入っています。

保険の適用になるクラウンは白い部分がレジンでできているため、強度が充分ではなく、レジンだけでは破損してしまう可能性があることから、内側の部分が金属になっているものが主流です。

オールセラミックなどの素材でできているクラウンは、強度があるため内側に金属を使用なくても問題がなく、裏に金属がついていないため透明度のある自然な美しい歯に見えることや、長年使用してもクラウンが変色しないなど多くのメリットもあります。

オールセラミックのクラウンは保険が適用にならないため値段は割高ですが、後のトラブルが起こりにくいため人気が高い素材です。

歯茎の色が黒くなるにはさまざまな理由があります


クラウンに使用されている金属によってだんだんと歯茎の色が黒くなることがありますが、歯茎の色が黒くなる原因は他にもさまざまなものがあります。

施術時の細かな金属片や、歯茎が下がった時に見える歯の根部分、タバコのタールやニコチンなどが歯茎が黒ずんでしまう主な原因としてあげられます。

金属製のクラウンなどを施術するときに、施術中に出た小さな金属粉が歯茎の内側に入り込むこともあり、その金属粉が原因となって年月が経つにつれ歯茎の色が黒く変色していくことがあります。

また、加齢などにより歯茎が下がってきたときには歯の根元まで見えるようになるため、差し歯などの土台に金属製のものを使用していた場合、その金属部分が見えることで歯茎と歯の境目が黒くなっているように見えます。

タバコを吸う方の場合には、タバコのヤニやニコチンなどが歯茎に沈着してしまうことや、タバコの成分がメラニン色素に影響することで歯茎の色素沈着が進み歯茎の色が黒ずんでいきます。

クラウンが原因で黒ずんだ歯茎も改善が期待できます

クラウンをつけてから歯茎の色がだんだんと黒くなってきた気がするという場合には、まずクラウンの素材に金属が含まれていないかを確認してみましょう。

クラウンの表面が白い場合でも内側に金属が使われている場合があるので、注意が必要です。

クラウンの内側の金属が使われていた場合には、そのために歯茎が変色している可能性が高いといえます。

金属を使用していることが原因で歯茎の黒ずみが生じているので、クラウンをオールセラミックなどの金属が含まれない素材に変える施術で歯茎の変色の改善が見込めます。

差し歯の場合には、クラウンだけでなく土台の部分にも金属が含まれていないものを使用するように素材を選ぶことで、再発も防ぐことができます。

クラウンを変更してもまだ歯茎に黒く色素沈着が残っている場合には、歯肉整形の施術が適しているといえます。

歯肉整形の歯茎のホワイトニングでは、歯茎に薬剤を塗ってできる膜を1週間位ではがれるまでそのままにしておくことで、色素沈着していた部分がなくなるため美しい歯茎への改善が期待できます。

(まとめ)クラウンをつけると歯茎の色は本当に黒くなる?

1.クラウンに使用されている金属部分が歯茎の色を黒くすることがあります

金属を使用しているクラウンをつけた場合、その金属部分から金属イオンが流れ出して歯茎に色素沈着が起きる可能性があります。

見えない部分に金属が使われているときでも歯茎の色が変わることもあります。

2.クラウンが原因で歯茎の色が変わる可能性があります

保険が適用になるクラウンはほとんどの場合内部が金属製になっており、その金属が原因で歯茎が黒く変色する場合があります。

歯の変色もほとんどない非金属のオールセラミックなどのクラウンの方が後からトラブルが起こりにくいと言えます。

3.歯茎の色が黒くなるにはさまざまな理由があります

金属製のクラウンなどの施術時に出た小さな金属粉が歯茎の内側に入ったことで変色することや、歯茎が下がって歯の土台の金属部分まで見えているため黒くなっていることがあります。

また、タバコやメラニンが原因で歯茎が黒ずむような場合もあります。

4.クラウンが原因で黒ずんだ歯茎も改善が期待できます

クラウンに含まれる金属が原因で歯茎の黒ずみが生じている場合には、クラウンの素材をオールセラミックなどの非金属の素材に変えることや、歯のホワイトニングをすることで、色素沈着している歯茎をもとの色に改善することが期待できます。

1051
Return Top