歯茎の変色にレーザーは効果的なの?

レーザーは歯茎の変色に効果的なのはもちろん歯周病の施術でも有効といえます


メラニン色素による歯茎の変色では、ホワイトニングやレーザーによる施術が有効です。

ホワイトニングもレーザーも難しい施術ではありません。

特にレーザーは痛みも副作用もほとんどない施術と言われています。

レーザーは歯茎の変色以外、歯周病に有効という話もあるのです。

子供から大人、妊婦や心臓病の人まで幅広く対応できる施術と言われています。

さらに歯周病にも有効なので、歯茎の変色以外にも適した施術なのです。

ただ、メラニン色素以外の、被せ物などが原因で変色しているなら、オールセラミックで変色の予防ができます。

メラニン色素が原因の施術ではホワイトニングやレーザーが良いです

歯茎の変色を改善するために、レーザーを使用した施術もあります。

歯茎の変色にはさまざまな原因が考えられています。

代表的なのが、メラニン色素が沈着することでしょう。

他にも歯周病によって血行障害が発生している場合、金属の影響による変色も考えられます。

歯茎の変色は原因によって、治療法が変わって来るのです。

例えばメラニン色素が沈着しているケースでは、ホワイトニングという施術もあります。

ホワイトニングは特殊な薬剤を歯茎に塗り、元の正常な色の歯茎を取り戻すという施術です。

このホワイトニングは手軽であり、そこまで難しい施術ではありません。

ただ、メラニン色素の沈着が変色の原因なら、レーザーによる施術も行われています。

レーザーを数回当てることで、メラニンを除去していくという施術です。

レーザーによる施術と聞くと、痛いのではないかと考える人も居るかもしれません。

しかしレーザーは痛みや副作用が無い施術とも考えられています。

殺菌効果なども期待できるので、メラニン色素による歯茎の変色には有効と考えられているのです。

メラニンの沈着がかなり浸透具合によって、その施術回数は変わって来ます。

レーザーは歯茎の変色以外にも歯周病にも有効と考えられています


使われているレーザーにもよるのですが、レーザーによる施術は痛みが少ないといえます。

子供、妊娠中や高血圧、心臓病などの人でも、レーザーを使えるケースが多いのです。

つまりそれだけ安全性が高い施術とも考えられています。

レーザーの良い所は、あらゆる色素沈着にも効果を発揮する所でしょう。

例えば、メタルタトゥーという現象があります。

これは、被せ物や詰め物に金属が使用されていることで引き起こされる変色です。

メタルタトゥーのような色素沈着でも、レーザーによる施術が有効と考えられています。

さらに、歯茎の変色では歯周病や歯肉炎が原因のケースも珍しくありません。

このような場合、まずは歯周病から改善をする必要があります。

そんな歯周病に対しても、レーザーによる施術は有効と考えられているのです。

状態が悪い歯肉を改善することができ、炎症を沈静化も期待できます。

同時に周囲組織を活性化する働きもあるといえます。

メラニン色素の除去に関して言えば、数回程度で効果が現れるといわれています。

そのため今すぐにでも、歯茎の変色を改善したいという人には適しているでしょう。

被せ物の問題はオールセラミックで改善が期待できます

歯茎の変色が金属の被せ物や差し歯、詰め物によるものである場合は、レーザーで改善しても、再び歯茎の変色が起きる可能性が考えられます。

つまりレーザーなどで改善をしても、根本的な原因が取り除かれていないわけです。

そのためには、金属の被せ物や差し歯や詰め物を変更しなければなりません。

その時、再び、これまで使っていたような金属素材の物を使うのは回避した方が良いといえます。

なぜならば歯茎の変色は、詰め物などに使われている金属のイオンの影響により引き起こされていることが考えられるからです。

そのため金属の被せ物などではなく、オールセラミックのような金属を使っていないものが有効と言えるでしょう。

オールセラミックは金属を使わず、土台部分からセラミックを使用しています。

そのため金属イオンによる歯茎の変色リスクを心配しなくて済むのです。

さらに金属アレルギーの心配もなく、場合によっては歯並びを良くすることも期待できます。

自然の歯と同じく透明度が高いので、自然な歯にこだわる人にも適しているでしょう。

歯茎の変色についてはレーザー以外にも、ホワイトニングやオールセラミックという施術があります。

自分の歯茎の状態に合わせて、どの施術を選ぶのか担当医ときちんと相談してみてください。

(まとめ)歯茎の変色にレーザーは効果的なの?

1.レーザーは歯茎の変色に効果的なのはもちろん歯周病の施術でも有効といえます

メラニン色素による歯茎の変色には、ホワイトニングやレーザーが有効と考えられています。

レーザーは歯周病にも有効という話もあります。

ただ、被せ物が原因なら、変色しないようオールセラミックに変えるのも良いでしょう。

2.メラニン色素が原因の施術ではホワイトニングやレーザーが良いです

メラニン色素が原因ならば施術はホワイトニングやレーザーがあります。

ホワイトニングもレーザーも手軽に行うことが可能です。

レーザーは歯周病の改善にも有効と考えられています。

3.レーザーは歯茎の変色以外にも歯周病にも有効と考えられています

レーザーは比較的安全な施術で、子供から大人まで対応できます。

あらゆる色素沈着に効果を発揮するのが魅力です。

歯周病に対しても、炎症の沈静化や、組織の活性化が期待できます。

4.被せ物の問題はオールセラミックで改善が期待できます

レーザーで改善できても、被せ物の金属が原因なら、また変色が起きる可能性があります。

その場合、被せ物は、オールセラミックが良いでしょう。

金属を使用していないため、歯茎の変色予防ができるのです。

1511
Return Top