歯茎の変色にセラミックが良い理由ってなに?

セラミックは金属ではないので歯茎の変色リスクがなく複数のメリットがあります


差し歯や被せ物の素材で変色リスクが高まります。

特に金属の被せ物などは、金属イオンの影響で、歯茎の黒ずみが生まれるのです。

歯の治療時でも、メタルタトゥーと呼ばれる歯茎の黒ずみリスクが高まります。

そのため被せ物などはオールセラミックが良いのです。

セラミック素材は、審美性もあり、強度が高いのも特徴でしょう。

長期間使用をすることができますし、衛生面でもメリットが多いのです。

金属アレルギーの心配もありません。

歯茎が変色原因であるメタルタトゥー対策はオールセラミックです

差し歯や被せ物の素材により歯茎の変色リスクが高まります。

特に保険診療で使われている金属の詰め物や被せ物には注意しなければなりません。

使われている金属の金属イオンの影響により、歯茎の黒ずみが生まれるからです。

他の可能性として歯の治療時が考えられます。

歯の治療では、詰め物の金属を削ることも多いですが、その際、細かい粒子が歯茎につくと変色することがあるのです。

他にも被せ物などの金属イオンによって、歯茎が黒ずむことがあります。

これがメタルタトゥーと呼ばれる現象です。

そのため、メタルタトゥーの対策を行いたいのでしたら、差し歯や被せ物を変更することが対策となります。

どんな素材が良いのかと言うとセラミックです。

土台も含めてセラミック素材を使っている物、つまりオールセラミックに変更することで、歯茎に対する金属の影響を無くせます。

口を開いた時、歯茎が黒ずんでいると、どうしても印象が悪くなるものです。

金属素材の差し歯や、詰め物、被せ物を使っているのでしたら、放置していても歯茎の色が改善することはないでしょう。

しかしオールセラミックに変更することで、歯茎の変色を食い止めることができるのです。

そしてオールセラミックは、歯茎の変色以外にもさまざまなメリットがあります。

セラミック素材は審美性や強度と言ったメリットが多いです


オールセラミックには多くのメリットがあります。

まず、審美性が高いのは大きなメリットでしょう。

金属が使われている詰め物や被せ物では、使用しているのが明らかに分かります。

口を開けただけですぐ気づかれるぐらい目立つのは、審美性の面でデメリットになるでしょう。

しかしセラミック素材は天然の歯と同じような透明感があるので、治療している歯が分かりづらいのです。

オールセラミックにするだけで大きく口を開けられない、大笑いできないという悩みから解放されます。

他にもオールセラミックの強度も無視できません。

寿命は8~10年とも言われており、きちんとケアを行えば20年使用できるとも考えられているのです。

オールセラミック以外の物では、割れた部分から食べかすが入り込み、虫歯になってしまうケースもあります。

しかしオールセラミックならそのリスクは低いのです。

仕上がりの面も自然で、歯茎の色だけではなく口腔全体の美しさにこだわる人にこそオールセラミックが良いでしょう。

金属を使ってないので汚れづらく衛生面でも良いです

オールセラミックの良い所は金属を使用していないため、歯茎の黒ずみリスクが低いことです。

審美性の面からも他の素材と比較し、美しく自然な仕上がりなのは大きなメリットと言えます。

長期間、使用可能なのも大きなメリットと言えるでしょう。

例えばプラスチックなどの素材を使っている場合、どうしても色の変化や経年劣化を食い止めるのは難しくなります。

しかしオールセラミックでは汚れがつきにくいという特徴がありますので、衛生面からも良いようです。

そしてオールセラミックの大きなメリットと言えば、金属アレルギーがないことが挙げられます。

金属アレルギーと言えば、金属のネックレスを使った際、皮膚がかぶれたりするなどのトラブルです。

実は口腔内でも金属アレルギーが起きてしまいます。

そのため金属アレルギーを持っている人は金属の被せ物や詰め物は控えた方が良いでしょう。

しかしオールセラミックでは金属を使用しておらずすべてセラミックです。

そのため金属アレルギーリスクが低くなります。

歯茎の変色はストレスにもつながり精神的に良くありません。

被せ物などの金属が問題だったとしたら、オールセラミックを検討しても悪くないはずです。

(まとめ)歯茎の変色にセラミックが良い理由ってなに?

1.セラミックは金属ではないので歯茎の変色リスクがなく複数のメリットがあります

被せ物などをオールセラミックに変えると、メタルタトゥーのリスクも低くなります。

審美性も高く、強度もあり、長期間使用できるのも大きなメリットです。

汚れがつきにくいので、衛生面でも良い面が多いです。

2.歯茎が変色原因であるメタルタトゥー対策はオールセラミックです

歯茎や被せ物の素材次第では歯茎の変色リスクが高まります。

特に金属の詰め物や被せ物には注意が必要です。

メタルタトゥーのリスクがあります。

セラミック素材ではそのリスクがありません。

3.セラミック素材は審美性や強度と言ったメリットが多いです

セラミック素材は審美性や強度が高いという特徴があります。

オールセラミックにすると、きちんとケアをすれば20年使用できるとも言われています。

仕上がりも良いので審美性の面でメリットは多いでしょう。

4.金属を使ってないので汚れづらく衛生面でも良いです

オールセラミックでは、汚れが付きづらく、衛生面でのメリットもあります。

他にも金属アレルギーのリスクも低いです。

このように歯茎の変色以外にも、多くのメリットがあります。

1010
Return Top